「はたらく細胞」から学ぶ、役割・使命とネタバレなしの感想



こんにちは、ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、人の体の細胞たちの
働きを擬人化して
分かりやすく学べるアニメ
「はたらく細胞」の感想
学べる事など、紹介したいと思います。

面白いアニメなので
多くの人に見てほしいので
ネタバレなしで、ざっくりと
した内容だけ紹介していきます。

 
目次
1 はたらく細胞の感想
2 はたらく細胞から学ぶこと

1 はたらく細胞の感想

「はたらく細胞」は
人の体の中でどのようなことが
起こっているのか、わかりやすく
学ぶことができるアニメです。

登場人物(書く細胞)の紹介
敵(細菌)との闘い
体の中で何が起こるのか
ストーリーを通して映像で
理解できます。

学校で習う科目の中でも
体の中で起こる出来事
細胞の名前、仕組み
働きを覚えることができますが
実際にイメージがわきません。

しかし、このアニメを見ると
学校で習う
いろいろな事が、映像を通して
理解できるので
すでに知っていることでも
新しい学びがあります。

大河ドラマなども
学校でただ習う歴史より
実際に見たほうが楽しめるし
学ぶことが多いと思います。

アニメ「はたらく細胞」も
同じように、すでに知っていることの
理解が深まり、新しい発見がある
勉強になる「アニメ」です。

敵(細菌)と、細胞が戦う
映像が、残酷で、流血シーンが
多いので、小さな子は
見ないほうがいいと思います。

大人向けだと思います。

はたらく細胞の登場人物

いろいろな細胞が
それぞれの仕事を
行っています。

全体的にかわいいキャラクターが
体の中でそれぞれの仕事を
行っている映像が楽しいです。

・「白血球(好中球)」

男性、服装も体も真っ白な
キャラクターです。

外部からの細菌(敵)を
倒す役割があります。

アニメでは、
ナイフを武器に戦います。

そして相手の弱点の
頸動脈を狙い倒すなど
映像では残酷ですが

役割としては相手の
急所を狙い、容赦なく倒す
細胞の役割をしっかりと描いています。

白血球の役割はWikipediaを見てみてください。
その他の特徴、役割、寿命、数、種類など
いろいろな情報を
アニメの「白血球(好中球)」の
キャラクターに当てはめて
考えてみると
勉強も理解しやすくなり
アニメの世界観が広がります。

・「赤血球」

服装は真っ赤な帽子
真っ赤なジャケット
ハーフパンツ姿の
かわいい女の子です

赤血球の役割である
酸素、二酸化炭素の搬送の
役割をはたしていて

アニメの中でも
いろいろなものを
「運搬」「搬送」する役割を
になっています。

赤血球の詳しい役割、昨日はこちらを読んでください。

・「血小板」

幼稚園児くらいの
小さな子供たちが
ゆっくりと、確実に
血小板の役割である
「止血」「修復」
「細胞の活性化」を行います。

アニメでは、道路の修復
敵に壊された建物の
修復などいろいろと
小さなことども達が
力を合わせて頑張っています。

2 はたらく細胞から学ぶこと

一つの目的・目標に向かい努力する

アニメはたらく細胞の中で
いろいろな細胞が登場し
いろいろな、思い、考え
役割、仕事はあれど

一つの目的、目標にむかい
努力しています。

それは
「体を守る、正常に保つ事」
です

1つの目的、目標に向かって
みんなで努力することは
とても大切なことだと思います。

その中で
いろいろな「考え方」
「価値観」「やり方」があり
それぞれが頑張ればいいことです。

しかし
現実の世界では
1つの目的、夢が同じあっても
それぞれの
「価値観」「考え方」「やり方」
違うことで、問題が起こり

一番の大切な、大きな
目的、夢を叶える前に

些細な事で
討論して、まったく関係ないことを
非難し合い、そこで止まってしまいます。

政治、戦争、環境問題
様々な大きな問題
これに当てはまるきがします。

そして、現実では
一つの「目的、夢」を目指している中で

全く関係のない
「お金」「欲」「嫉妬」
「見栄」「利益」など
様々な個人の感情が混ざり
目的をはたすことが困難になります。

アニメ「はたらく細胞」では

・誰かを守り戦う白血球
・癒し、修復する血小板
・それをサポートする赤血球

自分の役割をしっかりと持ち
ただそれを実行しています。

現実の世界では
アニメの中の
戦い・守り、癒し、サポートする人
それを決定し、実行させる人

それぞれの、役割を担う人たちは
何を思い、どんな目的を持ち
行動しているのでしょうか?

「はたらく細胞」のそれぞれの
キャラクターが
それぞれの特徴・考え方・価値観を
持ちながらも

「一つの目的、目標に向かい」

自分の役割・使命を果たす姿は

現実の世界でも見習うべき
事だと感じました。

どんな人でもそれぞれの使命、役割がある。

アニメ働く細胞では、
個性豊かなキャラクターが
それぞれの役割をしっかりとこなしています。

強い人、弱い人、優しい人
意地悪な人、冷たい人
真面目な人、不真面目な人

いろいろな特徴があるし
それぞれの役割があります。

現実でも、多くの人が
いろいろな職業につき
それぞれ働いています。

そのなかで、その仕事が
好きな人、得意な人

逆に嫌いな人、苦手な人がいます。

アニメの中の細胞も
現実の細胞も
それぞれ
自分の役割を辞めることはできないし
誰かに変わってもらうことはできません。

しかし、現実では
自分の好きな仕事を選べるし
合わないなら変えることもできます。
辞めることもできるし
変わってもらうこともできます。

無理をして、働いても
いいことはありません。

仕事には向き不向きがあるし
性格、特徴によって
プラスにも働くし
マイナスにも働きます。

多くの人が
自分の性格、特徴を
しっかりと把握せずに
「お金」「一流企業」
「地位」「名声」を求めます。

それは、悪いことでは
ないと思います。

しかし、自分の特徴、性格に
合った生き方を選ばないと
無理をすることになり
心と体を壊します。

大切なことは
自分の性格、特徴にあった
「夢・目的を持ち」

「自分の役割」「自分の使命」
果たすことです。

必ずしも
「一流企業」で働き
たくさんの
「お金」を稼ぎ
「地位」「名声」を得ることではありません。

正しい目標、夢に向かって
上を目指すことはいいこです。

そして
自分の性格、特徴にあった
生き方、仕事を選ぶことが
大切なことだと分かりました。



ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらツイートを見てください。また、コメント相談、質問など気軽にしてくれたら、うれしいです。あなたからの連絡をお待ちしています。(^^)

ほかにも、あなたの
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です