虹の戦士とは?この本でインディアンの言葉、生きる意味・哲学を学ぶ! 


 


こんにちは、ふるたけです! 
この度は、ブログに来てくれて
ありがとうございます!

今回は、インディアンの言葉を学べ
生き方や、生きる意味を考えさせてくれる本
「虹の戦士」
Warriors of the Rainbow
を紹介します。


虹の戦士

 


目次

1 虹の戦士 Warriors of the Rainbow 
2 虹の戦士を読んで、学んだこと

 


1 「虹の戦士」この本からインディアンの言葉、生きる意味・哲学を学ぶ
虹

虹の戦士 warriors of the rainbow の
主な内容は
インディアンの男の子が、
アイズ・オブ・ザ・ファイアーという
かっこいい名前のおばあちゃんに導かれ、
自然に触れ、狩猟を通して命を学び

最終的に
自分の生きる意味を考える儀式
「ヴィジョンクエスト」を行い
成長していくというお話です。

インディアンの命の重みを知る「狩猟」の考え方はこちらを読んでください。

生きる意味を授かる、インディアンの儀式「ヴィジョンクエスト」についてはこちらを読んでください。

この「虹の戦士」のお話は、
インディアンに古くから伝わる
物語だそうです。

私が、この本を読んで、
最初に感じたことは、
私が、インディアンの哲学を
学び始めたきっかけである書籍であり

そして、インディアンの哲学を
学ぶなら一番お勧めしたい書籍

「トラッカー」
インディアンの聖なるサバイバル術
という
本の内容に、似ているなと思いました。

「トラッカー」の本の内容は
トム・ブラウン・ジュニアという
男の子が、ストーキング・ウルフという
インディアンに、出会い

インディアンの哲学、技術を教え込まれる
という、実際に合った話です。

トム・ブラウン・ジュニアについては、こちらを読んでください。

ストーキング・ウルフというネイティブアメリカンについてはこちらを読んでください。

「トラッカー」は私が
一番お勧めしたい本なのですが
絶版になっていて
中古だと
値段が高いので、手が出しにくいです。

その点、今回紹介している「虹の戦士」は
「トラッカー」の本の内容を
凝縮したような物語であり、
子ど達にもわかりやすいような
物語として、まとめられています。

そして、値段も手ごろなので、
手に入りやすいです。

なので、インディアンの哲学を学ぶ
最初の書籍として「虹の戦士」を
よんでみるのもいいかもしれません。

私が思ったことは「虹の戦士」の
物語の内容を実際に実践し、
成長して、インディアンの
哲学を広めている人物が、
トム・ブラウン・ジュニア
なのだなと感じました。


 虹の戦士を読んで、気が付いた生きる意味、学び 

この「虹の戦士」を読んでみて、
気が付いたことは、
私が、今まで学んできた
インディアンの知識
哲学、習慣などが
凝縮された本なのだなと思いました。

この本を読めば「ためになること
気がつくこと」があると思います。
そして、本を読んで、
行動した場合は、もっと多くの
学び深い気づき」があると思います。

「虹の戦士」の物語の
文章の一行一行の中に
いろいろな意味が隠されています

インディアンの少年が行う
行動の意味

アイズ・オブ・ザ・ファイアー
(おばあちゃん)が語る
言葉の意味

どういう意味なのか?
自分に何を伝えようとしているのか?

そういう、目線で見てみると、
ただ読むよりも、深い教訓を得られると思います。

そして、繰り返して
読んでみると、違った発見があるかもしれません。

私は、インディアンの
本をたくさん
読んでいたので、一つ一つの行動
一つ一つの言葉が、何を伝えようと
しているのかなんとなくわかりました。

この本を読んで、何を感じる
何を考えるか何をするかは、
人それぞれと思います。

私は、インディアンの哲学を
学んでから「虹の戦士」の主人公である
少年とまったくおなじことを
これから実行しようと思っていました。

そして「虹の戦士」を読みおわり、
私がやろうとしていることの
決意が、さらに固くなりました。

この本の最後のあとがきで、
インディアンの哲学を学ぶ上で、
お勧めな本が紹介されているので、
「虹の戦士」を読んだ後に、
興味がわいたら、紹介されている本も
読んでみるといいかもしれません。

紹介された本の中には、
私が読んだことがある本も
含まれていました。

紹介されている本の一冊が、
インディアン魂」という書籍です。

「インディアン魂」は、
レイム・ディアーという
インディアンであり、
人を癒す「メディスンマン」が、
残した口述を本にしたものです。

「インディアン魂」については、こちらで内容を紹介しています。

「虹の戦士」や「インディアン魂」
という書籍を、日本語に訳してくれた方が、
「北山耕平」さんというかたです。

インディアンの哲学を
学ぶきっかけを与えてくれた、
北山耕平さんにはとても感謝しています。

もし興味がわいたなら、
「虹の戦士」Warriors of the Rainbow読んでみてください。

 


ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

ほかにも、みなさん
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です