断食と瞑想を用いるネイティブアメカンの儀式「ビジョンクエスト」とは?


 

笑う老犬
こんにちは、ふるたけです! 
この度は、私のブログ
シロクマ健康法に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、断食、瞑想を通して行う
ネイティブアメリカンの儀式
ヴィジョンクエストについて紹介します。

ヴィジョンクエストの目的は
・子供から大人になるため
・シャーマンとしての道を歩むきっかけを
 見つけるため
・学び、気づきを得るため

など様々な理由から行われます。

ヴィジョンクエストについての説明や
私たち現代人でも取り組めるようなやり方を
紹介していきたいと思います。

 


目次

1 断食・瞑想を用いるネイティブアメカンの儀式のビジョンクエストで得られるメリット?!変化とは
2 ビジョンクエストのやり方
3 私たちができるヴィジョンクエスト


1 「瞑想」「断食」を行うネイティブアメリカンのビジョンクエストとは

ネイティブアメリカンの、
大人になるための儀式であり、
大切な「気づき」「啓示」を
得るためにも行われます。

また、ネイティブアメリカンの
中でも、人を導き、人を癒す
シャーマン達が、
(メディスンマン、ヒーラー)
その道を目指すことになる
きっかけ「啓示」をえた、
儀式でもあります。

細かいやり方は、様々な部族によって、
小さな細かい違いはありますが、
基本的には、断食をして、
自然の中で、4日間動かずに、
一人で過ごすというものです。


2 ネイティブアメカンの「瞑想」「断食」を行う儀式のやり方

期間は、1日~40日間など、様々で
共通することは、自然の中で過ごすという事です。

ストーキング・ウルフ
(グラウンドファーザー)
という
アパッチ族のインディアンの
ビィジョンクエストのやり方は

ビジョンクエストの前に
数日間の間断食をして、
スウェッドロッジ
(インディアンのサウナ)で
身を清め、祈りをささげ、
それからスタートします。

自然の中の、
何も視界に入らない場所で、
(山の植物が生い茂るところなど)
裸になり、水以外のものは
持たずに、円形のしるしを作り、
その中に入り、スタートします。

横になるの寝るのもだめなようです。

疲労から、眠ってしまったり
気づかないうちに、
横になっているのは
仕方ないという考え方です。

しかし、自分の意志では、
横になったり、寝たりしない。

このような、厳しい条件で行う
瞑想と断食を行うビジョンクエストは

季節によっては
自然の環境の変化、雨、風、太陽で
熱射病、低体温賞などの危険性や

野生動物の危険性など
命を落とす可能性も高い危険なものです。

ビジョンクエストはとても難易度が高く
経験豊富な先生に導かれない限り
やるべきではないと、紹介されています。

ビジョンクエストについては
インディアンの考えが書かれた、
これらの本に、大切なこと、
重要なことが載っています。

・ストーキング・ウルフの教えが詰まった「グランドファーザーの生き方」の本の感想の記事は、こちらの本を読んでください。

・インディアンの知恵が詰まった「ヴィジョン」の感想はこちらを読んでください。

レイム・ディアーという、インディアンが残した哲学と知恵
「インディアン魂」の感想ついてはこちらを読んでください。

ブラック・エルクという、インディアンの哲学と知恵はこちらを読んでください。(準備中)


3 私たちができる、瞑想と断食を行うヴィジョンクエストの注意点・やり方

この記事を読んで
自然の中で、断食と瞑想を行う
ビジョンクエストを
実践する人はいないと思いますが
軽はずみに行うのはやめておきましょう。

ビジョンクエストは、
部族の長老がサポートして
行うもので、決して一人で
やるべきではないと、説明されています。


インディアンの哲学や、それらに関連した知識を
あまり理解しないままで、形だけまねをしても

私が、紹介しているような
気づき、知恵が得られる効果は薄いと思います。
(効果はありますが、)

私は、インディアンの哲学を学ぶ前
一度断食をしたことがありますが、
得られるものは、ありましたが
苦しかったという、
思いでしか残っていません。

しかし、インディアンの哲学を
学び、ほかにも様々な哲学を
学んだうえで、断食をした結果
大切なことに気が付くことができました。

4日間の断食をして、気が付いたことはこちらを読んでください。

・私たちが、できる瞑想と断食


・身近にある
一番自然が豊かな場所
出来るだけ長く「瞑想」をする

・自宅で断食と瞑想をする

この2つです。

必ずしも、山の中や、遠くに出かけて、
行う必要はありません

自分の身近にある場所でも
訓練することができます。
それは、自宅でもいいです

私は、家で、水だけを飲み
断食を4日間しました。
ネイティブアメリカンの本を
読んだり、瞑想をしながらです。

仕事、ライフスタイルによっては
休みが取れない方もいると思うので
1日~2日でも十分に効果があります。

1日断食をするのは、断食自体の
難易度は低いですが
・何時間、瞑想をするか
・服の有無
・自らの意志で寝ない

・行動を制限する

など条件を加えることで
得られる効果や、難易度は各段に上がります。

・断食中の瞑想の頻度・時間

断食中は、瞑想の時間をどうするかによって
難易度が変わります。

やり方の例としては
・1時間に一度5~10分ほど瞑想する
・太陽が昇るとき、沈むときに瞑想する
 (インディアンは太陽を神聖な物と考えてい
 朝日が昇るタイミング、沈むタイミングで
 瞑想をしていました。)
・朝起きた時、昼、夜寝る前に瞑想する
・一日中、じっと動かず瞑想する

などやり方は、いろいろあります。

最初は、簡単な条件から瞑想を始めて
時間も自分が集中できる範囲で行い
少しずつ、回数を重ねるごとに
負荷を上げていき
最終的には、一日中動かずに瞑想をすることを
目標に行うといいかもしれません。

私は、断食をしているしていないにかかわらず
・朝起きた時、寝る前
・太陽が昇るとき(起きていたら)
・太陽が沈むとき

などは、なるべく、瞑想をするようにしています。

・断食の時の条件

季節によっては、夏だと
冷房をつけずに断食と瞑想を行ったり

冬の場合は、窓を開け、暖房をつけずに
部屋の中で瞑想をすると、気がつき学ぶことが多くなります。

さらに寒い時期は服を着ないと、ビジョンクエストの
ように家の中でも条件は厳しくなるので
気が付く事、学ぶことは増えます。

部屋の中で、2mの円をイメージして
その円の四方に石を置き
その円の中に座り、トイレの時以外は出ない

自らの意志では寝ない
瞑想と断食を行えば
よりビジョンクエストの条件に近づくので
学び、気づきが増えます。

条件を厳しくすればするほど
断食と瞑想で得られることは増えていきます。

その難易度を最大限にあげたものが
ビジョンクエストになります。

・断食と瞑想は、宗教のジャンルを超えた大切な事

私が尊敬している
ネイティブアメリカンに限らず
仏教、キリスト教、などの

お寺のお坊さんや、悟りを開いた偉人が
行った、共通していることが
瞑想断食です。

そして、ネイティブアメリカンは、現代社会の共通認識とは違った、こちらの記事に書いてあることを意識しています

断食・瞑想を行うことで、
本当に大切なことに気が付き
世界観が変わるきっかけ
つかめるかもしれません。

私は、断食、瞑想を通して
衣食住の重要性を学び
それがどんなに贅沢な事か気が付き

自分の意志で、あえて
幸せのハードルを下げることが
出来て、価値観も変わりました。

一度だけでなく、月ごとに断食と瞑想を
習慣的に行うことで
回数を重ねるごとに気づき、変化があります。

もしよかったら、いきなり無茶な
条件で瞑想と断食をしないで
少しずつ試してみませんか?

インディアンの言葉には
「宗教はどれも神に帰る踏み石にすぎない。」
「神への道はいくつもある。」
という言葉があります。

どの宗教が正しい、どれが一番という事
大切なことではないとネイティブアメリカンは知っていました。

ネイティブアメリカンは
それぞれの人が
それぞれ自分が信じることをすればいい
という考え方を持っています。

そして、一番大切なこと
すべての物事に共通する事です。

それをネイティブアメリカンは
「ワンネス」と言います。

やり方は、人に迷惑をかけない
人を傷つけない自分の好み、やり方を
やればいいのです。

私の場合は
・ネイティブアメリカンの哲学を学ぶこと
・共通点の多い心理療法を学ぶこと
そして「瞑想」と「断食」をすることです。

断食道場や、瞑想は、お金を払って
習いに行かなくても、少しずつ
始めることで、自分一人で出来て効果も高いです。

ネイティブアメリカンの哲学を学び
断食や、瞑想を生活に取り入れてみませんか?


瞑想のやり方、メリットについては、こちらを読んでください。

断食のやり方、メリットについてはこちらを読んでください。

ネイティブアメリカンの習慣・哲学については、こちらを読んでください。
手を振るクマのぬいぐるみ

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれ
しいです。

ほかにも、みなさん
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグから他の
記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です