足尾山地に住む「熊」ツキノワグマの紹介と対策・野生動物に対する考え方


 

笑う白い犬

こんにちは、ふるたけです! 
この度は私のブログ
「シロクマ健康法」に来ていただき
ありがとうございます!

今回は、ワイルドライフの
栃木県足尾山地に住む「熊」
ツキノワグマについて
紹介していきます。

私がいつも見ている
動物番組のワイルドライフでは
20年以上ツキノワグマを
ビデオで撮影している方が

一般的にしられていない
ツキノワグマの生態を映像に収めて
公開しいろいろな行動が
観察できた回でした。

そして
私自身がクマが好きなので
いろいろと本を読んで知ったことも
紹介していきます。

私の昔住んでいた出身地
青森県十和田市にも
近くの自然の中でツキノワグマが
生活していたので
すごく親近感のある動物です。


目次

1 ツキノワグマの生態・性格
2 自然に与える影響
 私とクマの関係
4 熊に平手打ちをしたグラウンドファーザー


1 足尾山地に住む「熊」ツキノワグマの生態・性格の紹介


ツキノワグマは雑食性の生き物

ツキノワグマは、ニュースなどで
人を食べる肉食のようなイメージもありますが
実際は雑食性で、虫や木の実などを
食べて生活しています。

狩りなどは得意ではなく、
何かしらの原因で
すでに命を落とした、鹿などの肉はたべます。


ツキノワグマは木登りが得意。
大きな木

映像を見ていると、クマの子供も大人も、
垂直な木をすいすいと登っていきます。

そして、片手と、両足で
木にしがみつきながら、
片手で行動したりできるので、
ツキノワグマにあったら、
木に登って非難するのは無意味なように思えました。
(木登りが得意でない、
大きなヒグマなどには有効かもしれません。)


クライミングが得意

ほぼ垂直な壁をすいすいと
登っていきました。

木登りが得意なのは知っていましたが、
岩の壁登りも得意なんてすごいと思いました。


100キロの岩を
片手で動かす怪力。

クマが岩壁を登っているときに、
岩の隙間にいる虫を食べるために、
隙間に爪を差し込み引っ張っていました。

すると、大きな岩が、岩壁から外れ
落下していきました。すごい力です。


クマの性格


クマは、基本的に狩りをする
ハンターではないので
人を襲ったりしません。

何事も、どんな動物も
私たち人間にたとえて考えると
わかりやすいです。

人それぞれ、特徴があるし
普段優しい性格な人でも
怒って切れた時は何をするかわかりません。

手をを出す人もいれば
大声を出す人もいます。
逃げていく人などさまざまです。

悪い人間もいれば
いい人間もいる、種類によって様々です。

また
人間は、国籍によって
環境、文化、性格が違うので
お国柄、攻撃的な人も
比較的おとなしいひともいます。

それは、クマも一緒です。

ツキノワグマは日本人に
似ているように思えます。
なるべく、危険を避けて、
森の中でひっそりと暮らしています。

ツキノワグマが
人を襲ったりするニュースもたまに目にします。

人を襲うにもそうなってしまった
理由があるし

全部が、そんなクマではないです。

日本人は控えめでおとなしい性格です。

しかし、日本人の中には
殺人鬼もいますし、人格者もいます。

ツキノワグマも一緒です

最近は、人間を怖がらない
クマが増えてきました。

山にいるよりも、簡単に食べ物が
手に入るからかもしれません。
どうして、手に入りやすいのでしょう?

そして
人に慣れていて、人里に降りてくるクマが
もし人食いクマなら、人を中心に
襲ってくるはずです。

人里にクマが現れた話は、よく聞きますが、
そのクマが、人を襲った話はあまりききません。

クマが人里に降りてくるのも
人間に原因があるのです。


しかし、もともと
人に危害を加えないクマも
一度人を食べたクマ
人を襲うようになるそうです。

クマはもともと人を恐れています
一度人間を食べることで
人間を弱い存在、食べ物と認識するようです。

そのようなクマは
退治しなければ何度も人を
襲うようになるようです。

もう一つ
性格の悪いクマか
性格の良いクマか
外見で見分けがつく方法があります。
強い大きなクマはどんな性格か?

性格の判別方法
あとで紹介する本に載っています。


2 熊が自然に与える影響
木のね


ツキノワグマが
意図的に行っているのか
結果的にそうなっているのかはわかりません。

しかし、森にとって
良い影響を与えています。


森の間引き

木の蜜をなめるために
木の皮をかじってはがす行動
「熊はぎ」といいます。

そうすると、木は枯れるものもあります。
木が枯れると、木々の間に空間ができるので
太陽の光が差し、植物が育ちやすくなり、
自然が豊かになります。

山火事の原因の一つとして、
木々の密集地の摩擦によって
火災が発生します。

木を枯れさせることで
木の間のスペースをつくり
そうした原因を少しでも
減らしている可能性があります。

熊はぎは、木を売る人たちにとって
商品価値がなくなり
利益が上がらず困った問題のようです。

ツキノワグマは
食べ物にならない
針葉樹の木を枯れさせると
ネットで見かけます。

針葉樹は、人口的に植えた木が多く
商売のために植え、
やわらかい木で、
成長が早く、大きく育ちます。

大きく育つので
しっかりと枝を払い
木の管理をしないと

その下の植物には
日光が当たりません。

クマは、食料となるドングリや
栗を実らす広葉樹も枯れさせることは
あるのでしょうか?

クマは、木の蜜をなめるために
樹皮をはいでいるようですが
実際はどのような基準で
木をからしているのでしょうか。


木々の繁栄の手助け
自然破壊

ツキノワグマは木の実などを食べた後に
どこか移動した先で排泄します。

その排泄物から、木の実が成長し
新しい木々が育っていくこともあるようです。

他の動物も同じ行動をしますが
クマの場合は移動距離が広いです。

広い範囲で
植林作業をしているのかもしれません。


他の動物に食料を分ける。

得意な木登りを生かして、
木に登り、エサを食べます。

その時に、折った枝をお尻に
どんどん敷いていくので、
木々の枝が集まり密集します。

そういったものを
クマ棚呼ぶようです。

木の上で枝を折ったときに、
木のみが付いた枝をしたに落とすことがあります。

この下に落ちた木の実などを、
ほかの動物が食べるのです。


3 足尾山地の環境


 足尾山地にある、「足尾銅山」
というところは、銅の発掘が盛んな場所で
銅を掘るための穴を支える基礎として
木材を大量に伐採
20年ほどで、森の半分ほどの
自然を消失させてしまいました。。

それ以外にも、銅山から発生する
毒によって酸性雨がふり、
自然破壊が加速してしまったようです。

結果としてほとんどが、
岩や土だけのはげ山になってしまいした。

しかし、その後に人の手で、
植林作業が行われ、60年ほどかけて、
失われた森の半分ほどが、
回復してきているようです。


環境の回復の段階

1 草原ができて、土の流出を防ぐ

2 その草原に、草食の鹿などが集まる

3 木々が成長すると、猿や、
 木のみを食べる小鳥、
隠れ場とする小さい動物が集まってくる

4 小鳥、小動物を食料とする、
 猛禽類や、キツネなどが集まる。

5 たくさんの食料を必要とする、
  雑食性のツキノワグマが戻ってくる。

こんな流れです。


3 私の熊に対する考え方・対策

アメリカクロクマ


私はもともと動物の中で
クマが好きでした。

そして、熊に対して敬意を持っているし
いろいろな意味で好きです。

クマは外見はかわいらしいのに
実際は、とても危険な動物です。
そんな二面性を持つ存在
憧れていたのかもしれません。

クマに関する本は
何冊か読みました。その本を紹介します。

「クマに合ったらどうするか」

この本の著者は、姉崎等さんという
北海道に住む
アイヌ民族のクマ猟師だった方です。

そんなクマと人生を共にしてきた
姉崎さんの人生をつづった本は
すごく興味深く勉強になりました。

この本では、クマ猟師としての生い立ちや
北海道が舞台なので
「ヒグマ」についての様々な知識
クマに合った時の対策などが書かれています。

印象にのこっているのは
性格の悪いクマか、性格の良いクマかは
外見でも見分けがつくということです。
(人間と同じような見分け方)

クマの中でも
その地域で強くて大きなクマは
ひとを襲わない理由など

そして
クマが人里に降りてくる理由も
書いているのですが
かわいそうな理由でした。

この本を読んでから
クマ牧場の歴代ボスの紹介を
見てみたら

いいクマ、悪いクマの見分け方の
特徴が当てはまっていたので
笑ってしまいました。

クマ牧場の歴代ボスの特徴は
こちらを読んでください。


山でクマに会う方法

著者は米田一彦さんという方。

青森県十和田市出身で
私と同じ故郷であり
秋田県の県庁で、鳥獣保護
自然保護を仕事にし
その後、クマの研究者となった方です。

この本では、本州に住む
ツキノワグマを中心に書かれています。

季節ごとのツキノワグマの行動や
クマに会いたい人会いたくない
2つの方法が書かれていたり
興味のある話題が、多く書かれています。


ツキノワグマ追われる森の住人

この本では
哺乳類の特徴、発展や

世界中に暮らしている
7種類のクマの違い

ツキノワグマの体の構造から
考察する特徴、行動、食性

保護などについて
詳しく書かれています。

この本を一冊読めば
生き物、熊という動物
ツキノワグマのことが
だいぶ理解できると思います。


・熊に平手打ちをしたグラウンドファーザー
手のひら


私には、自然を学ぶきっかけとなった人がいます。

ネイティブアメリカンの
グラウンドファーザーという方です。

そして、グラウンドファーザーから
教えを受けた
トム・ブラウン・ジュニアというかたです。

トムブラウン先生の書いた書籍の中で、
インディアンの聖なるサバイバル術
「トラッカー」という本があります。

その本の中に「クマに平手打ち」という
すごく興味がそそられる。話題があります。

嘘に思えるような話ですが
私が現在
インディアンの思想、技術、哲学、生き方を
学び、考えてみると本当だと信じることができます。

グラウンドファーザーが若いころに
度胸試しで、クマに平手打ちをして
勇気を示すという話があります。
(インディアンの度胸試し)

そして
その話を聞いたトムブラウン先生が
技術、知識が上達した後に
実際にクマに平手打ちをやった
状況説明、感想が書かれています。

その他にも、「The sarch」という
本では、冬眠中の寝ているグリズリーの毛を
切り取って、グリズリーの毛で作った
アクセサリーを森林レンジャーにプレゼントした
という話もあります。

読んでいると、ファンタジーのような
死の間際にある緊張感や
恐怖、興奮、喜び、感動など

様々な矛盾する感情があふれて
その状況を楽しむトムブラウン先生の
感情が伝わってきて
そのとんでもない状況、行動に
顔がにやけてしまい

想像が膨らみ
すごく心臓がどきどきします!

興味のある方は、読んでみてください。

インディアンの教えにある
動物に触るもう一つの理由は

本当に動物を理解するというのは、
名前や、生態系、特徴などを覚えることだけでなく
その動物に触れることができた時
本当にその動物を知ったといえるそうです。

私は、インディアンの自然観察
サバイバルなどの哲学を勉強しているので

これから、山で動物に触れる技術が発達したら
いつになるかわかりませんが
自然に住むクマ触ってみたいです

・動物を敬い、尊敬するための心、方法が身につく「インディアンの哲学」はこちらの記事でまとめています。興味があったら読んでみてください。

・生きる意味での「先生」様々な動物の人生を学べる番組、ワイルドライフの感想、いろいろな動物の紹介は、こちらを読んでください。

 



手を振るクマのぬいぐるみ
ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて、
少しでも何か感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらこの文章をクリックしてフォローしてくれるとうれしいです! よろしくお願いします(^^)

ほかにも、あなたの
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?

ほかにも、みなさん
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!


もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの
記事も見てみませんか?


コメントを残す