4種類のヨガポール

ヨガポールの使い方7つを紹介!効果的にストレッチ・心地よくマッサージ!


笑う白い犬

こんにちは、ふるたけです
この度は私のブログ
「シロクマ健康法」
にきてくれて
ありがとうございます。


今回は、私が持っている中でも
特にお勧めできる健康グッズ

「ヨガポール」ついて紹介します。
(正規品はストレッチポールといいます。
性能は似たような感じですが
いろいろな名前があります。)

ヨガポールは使い方次第で
ストレッチや
セルフマッサージ
で自分自身の
筋肉をほぐし、心と体の
リラックスストレス解消
効果を得られたり

・姿勢矯正 ・ダイエット
・思考、考えのコントロール
・筋トレ ・運動

などいろいろな効果があり
いろいろな使い方
ができる万能健康グッズです。

そんな、私がいつも使っている
たくさんの効果を実感している
・ヨガポールの使い方・効果
・自分に合ったポールの選び方
・ポールの種類

などを紹介していきたいと思います。


目次

  1.  ヨガポール(ストレッチポール)の使い方とその効果について
  2.  自分に合ったポールの長さ、太さ、硬さなど
  3.  私がよく使う首・背中コリをほぐすのマッサージ方法 

1 ヨガポールの使い方とその効果
(ストレッチポール)

・ヨガポールの基本的な使い方

ヨガポールは背中、脚肩、首など
「疲れた部分」をヨガポールに乗せて
自分の体重をかけるような使い方をします。

ヨガポールの優れたポイントは
なんといっても、自分の手や
筋力を使わずに体重を利用して
体の構造を活用した使い方ができるので
筋力を使わず、力を入れなくても
負荷の高い気持ちいいマッサージができることです。
(疲れない効果がある。)

動画で紹介している方の
ヨガポールの使い方は
横向きに使っていますが

立て向きに使ったり、先端の部分だけを使ったり
使い方次第で、どんなこともできます。

私はよく肩がこるので、仰向けに寝て
ヨガポールを垂直に使い
先っぽだけ、肩の下にいれて、体重をかけます。

また、おなかを床に向けて
寝っ転がり、ヨガポールに太ももをのせて
体重をかけたり、コロコロ動かしたりします。
(激痛ですが、少しずつ、心地よくなり
終わることには、眠くなるくらい
気持ちよくなります。)

・ヨガポールの効果

ヨガポールの良い効果は複数ありますが

・なんといっても気持ちいい 
・ストレス解消 ・リラックス効果
・姿勢矯正効果 ・経済的
・精神的なトレーニング効果
・筋トレ ・ストレッチ

などなどありますが、一つずつ詳しく
紹介していきます。

・ヨガポールは、とにかく気持ちいいので、眠くなるほど、ストレス解消、リラックス効果がある
マッサージする犬

まず、ヨガポールは使い方次第で
首、肩、背中、お尻、太もも、腕
ふくらはぎなど体全身を癒すことができ
気持ちがいいです。

私は、疲れを感じた時に
寝っ転がりながら使用します。

マッサージでの使い方は
ヨガポールに首、背中、ふくらはぎを
・乗せるだけ ・乗せて上下、左右に揺らす
・深呼吸して、体の力を抜く

すると、まるで誰かがギューッと
疲れている筋肉を押してくれているように
心地い感覚を味わうことができます。

自分自身は、寝っ転がっているだけなので
後は、ヨガポールがストレッチ
マッサージしてくれます。

使ってる時は気持ちいいし
使ったあとも、心も体もすっきりします。

あまりに気持ちよすぎるので
眠くなるほどです。
それほど、リラックス、癒しの効果があります。

肩こり、腰痛などにも効果的な
ストレッチ、マッサージが
自分の加減で楽にできるグッズなので
すごく効果を感じています。

ヨガポールと一緒に使うと効果が上がる「呼吸の仕方」はこちらの記事に書いています。

・ヨガポールは、経済的、安い?
積み重ねたコイン

毎日の仕事終わり
あるいは、体が疲れた時には
誰かにマッサージしてもらったり
癒してほしいときもたまにはありませんか?

しかし、その都度
マッサージを受けに行ったり
マッサージしてくれる人を探すのは
お金もかかるし、一苦労です。

マッサージは、安いところで3000円
腕のいい上手なところだと1万円近くします。
それに毎度お金を払うのは、金銭的に
余裕がなければできません。

また、家族、恋人にマッサージして
もらうことも可能ですが
うまくできる人はなかなかいないし
マッサージをしてくれる、相手も疲れてしまいます。

しかし、ヨガポールがあれば
時間を気にせず、自分が気になるポイントを
好きなだけマッサージできます。

そして、経済的にも安いというメリットがあります。

外出先でも小型のヨガポールがあれば
休憩時間に、いつでも使えます

家に帰った後なら
金銭的な問題や、時間を気にせず
自分を自分で癒してあげたり
自分の体重を使って楽にマッサージできるので
仕事終わりのご褒美にもなります。

そして、正規品のストレッチポールと比べ
ヨガポール自体の値段も約半額ほど安いのですが
十分すぎる性能があるので
商品としても、経済的で、安いです。

・ヨガポールは姿勢矯正もできる?
姿勢の悪いミーアキャット

ヨガポールでの
ストレッチ、マッサージを
姿勢矯正に用いる使い方もできます。

姿勢の悪さで代表的なものは
「猫背」背骨の曲がりです。

この悪い姿勢は、背中の筋肉を
不自然に緊張させていしまうので
背中とつながっている、肩、腰の痛み
招くきっかけになります。

また、姿勢は、気分、人の感情ともつながっています。

姿勢が悪いと、下を見ることが増え
いつも落ち込んでいるときのような
姿勢になってしまいます。

そして、姿勢の悪さは
客観的な印象、評価も左右することです。

それが積み重なると、体の不調だけでなく
精神的な不調も招くので
姿勢を正しくすることは、大切なことです。

ヨガポールは、姿勢を正す使い方もできます。
姿勢矯正の使い方は、仰向けに寝て
背中に敷いて、寝っ転がるだけです。
(ヨガポールは横向きに使う)

そして、30秒ごとにヨガポールの位置を上下に
少しずつ、動かしていきます。
(痛い部分、違和感を感じる部分は
特に姿勢が悪い部分なので、少し長めにやりましょう。)

また、その体勢のまま、足を
体育すわりのように曲げて
両足を左右に大きく
ゆっくり動かす(ひねる)ことで
骨盤の歪みをとるヨガポールの使い方もできます。

私は、寝っ転がる以外にも
仕事でパソコンを使う合間に
ショートサイズのヨガポールを
椅子と背中に挟んで
ストレッチや姿勢矯正をしています。

すると、背骨が、まっすぐになるので
肩こり、腕の疲れの予防になります。

姿勢矯正については、こちらの記事に詳しく書いています。

・ヨガポールは使い方次第で精神の鍛練もできる?
暗闇 瞑想する人

体が凝っている部分にヨガポールを使うと
激痛が走ります。(とても痛い)

この痛みは、それだけ体のその部分の筋肉が
凝り固まっている証拠で、その部分に
疲れが集中している証拠でもあります。

体のゆがみ、不自然な姿勢などが原因で
一定のポイントに負荷が集まることで起きます。

放置しておくと、何もしなくても痛みが
出るようになったり、他の部分の痛みを
招くきっかけになります。
(トリガーポイントなどと言われています。)

そのような、疲れ、コリが集中している部分は
ヨガポールで、時間をかけて
たくさんマッサージしてあげる使い方をすると
体の体調が、良くなることもあります。

そして、疲れ、コリが集中している部分は
マッサージするとすごく痛みを感じますが
その「痛み」を活用することもできます。

「痛み」というものは、嫌なものかもしれませんが、
思考、考えのコントロールに用いると
精神のコントロールに役立ちます。
悩みがある場合は、痛みがその考えをを吹き飛ばします
ヨガポールは使い方次第で
精神のトレーニングにも使えます。

「痛み」を用いる、悩み、問題を軽くする方法はこちらの記事に詳しく書いています。

・ヨガポールで肩甲骨ダイエット?肩こりにも効果あり!

ヨガポールは使い方によって
ダイエットにも効果的です。

肩甲骨ダイエットというものがあるのですが
ヨガポールを使うことで、肩甲骨が
動きやすい状態にすることができます。
(これは肩こりにも効果があります。)

肩甲骨周辺には、ダイエットに効果的な
「褐色脂肪細胞」というものがあることがわかっています。
その、褐色脂肪細胞を刺激することで
 ダイエット効果を上げるという考え方です。

また、肩甲骨の周りには、リンパがあるので
そのリンパの流れを良くすることでも
体にいい効果があります。

肩甲骨を刺激するやり方は
ヨガポールを体と同じ向きに
まっすぐおいて、その上に乗ります。
(背骨に沿って、ヨガポールに立てに乗ります。)

すると、胸が張った状態になり
肩甲骨が浮き出るような姿勢になります。

その姿勢で、腕をいろいろな方向に動かしていきます。

深呼吸しながら、息を吐き体の力を抜き
リラックスする事を意識しながら、動かします。

・頭上に向けて、両手をまっすぐ伸ばす
・腕を天井に向けて、両手をまっすぐ伸ばす
・両手を左右に伸ばし、胸を開くように腕を下げる
・腕を曲げて、肩を回すように肩甲骨を刺激

このような動きを、きつくならない、快適な程度
やると、効果的です。

このような運動と並行して、
筋トレ ・ウォーキング
・食事を控える断食
・食生活を見直す

等を行うと、ダイエット効果は上がります。

ヨガポールの上にのって
腕立て伏せをやったり
腹筋をやることで、バランス感覚を
鍛えながら、筋トレ、運動することも可能です。

ヨガポールだけを使うダイエット方法は
効果抜群とは言えませんが
何もしないで、寝っ転がっている
よりはすごく効果があります。

しかし、ヨガポールを使って、マッサージ
姿勢矯正することによって
呼吸量が増え、筋肉への刺激や
気分の変化につながり、活動的になります。

結果、違ったダイエットを始める
きっかけにつながっていく効果があるので
ダイエットに向けての、第一歩になります。

・ヨガポールの悪い効果は最初は痛い?やりすぎ注意?

ヨガポールのデメリットといえるのは
・部屋に荷物が増える
・痛い時もある

この2つだと思います。

部屋に荷物が増えるのは、嫌な人もいるかもしれません。
そんな場合は、ショートタイプのポールを選んだり
部屋のコーディネートに合った色のポールを
選ぶことで、部屋の景色とマッチして違和感が減ります。

そして、最初は、ヨガポールの使い方や
種類、大きさによっては痛すぎるかもしれません。
気持ちいい部分もあれば、痛い部分があります。
「痛み」は先程紹介した通り、使い方次第で
有効活用できます。)

痛みが出るという事は
筋肉が硬く凝り固まっている証です。
(ヨガポールが効果的であるという事)

ヨガポールを継続して痛いポイントに使って
筋肉の硬さ、凝りをほぐすことで
体調がよくなったりリラックスストレス解消など
メリット、効果が大きく得られます。

また、ヨガポールのストレッチ、マッサージに
慣れてきて、筋肉がほぐされてくると
気持ちよさが増してきます。
メリットのほうがおおいと思います。

ポールを使ったストレッチ、マッサージが
心地よすぎて、やりすぎる場合も
痛みが出ることがあります。

そんな時は、痛みがなくなるまでは
他の部分をほぐしたり、使用を控えることも必要です。

2 自分に合ったヨガポールの選び方・使用方法
各種ストレッチポール


ヨガポールは
値段  素材  形  色など
いろいろな種類があります。

なので、自分が選ぶべき
値段、素材、形を考えて
使うとベストな使い方ができます。

よく使い方がわからない場合は
基本的な長いヨガポールや
短いショートタイプのもの

選ぶといいでしょう。

基本的に高いものほど
やわらかく適度な硬さ
マッサージに効果的ないい素材が使われ
長持ちしていいそうです。
(一番高い、正規品のストレッチポールは
私は持っていないので詳しく説明できません。)

ちょっとお試しに使ってみたい方は
ヨガポールの安いものを購入して
いろいろな使い方を試したうえで
気に入ったら、高くて質のいい
ストレッチポールを追加で選ぶのもいいと思います。

最初に買った安いもので満足しているなら
それが一番です。
(私は、1000円くらいの安いのを
3年くらいずっと使っています。)

形は、長いもの、短いもの
デコボコのもの、いろいろと持っていますが
どのヨガポールも一長一短です。

安いものでも十分効果があるので
高いものを購入したら紹介します。


・ヨガポールの値段、材質

ポールは、材質、形、大きさによって
1000円~10000円くらいまで
種類があります。


ストレッチポール 正規品
・EPE
素材
正規品のストレッチポールに使われてる
一番高級なものです。

丈夫で、長持ちする素材です。
いろいろあるポールの中で
耐加重も高く、少し弾力が有り
ベストなものです。

確実な物が欲しい、お金に余裕があるなら
この、正規品のストレッチポールが一番だと思います。


・低密度発砲オレフィン素材

ヨガポール

私が、使っているヨガポールはこの材質です。

芯があり、少しだけ弾力があるかんじです。
3年前に買いましたが
変化もなく、おすすめです。正規品の半額未満です。

正規品のストレッチポールは高くて
手が出ない方は、こちらの商品でも
私自身が、良い効果を感じているので
十分にメリットを実感してもらえると思います。

 


・EVA素材

ヨガポール EVA 素材

EVA素材のポール
芯があるけど、やわらかい印象が強い感じです。

クッションぽくソフトに
使いたい人はこれがおすすめです。

痛いのが嫌な場合や、軽いマッサージに向いています。
しかし、使い続けると物足りなさを感じるかもしれません。

やわらかいので、変形が気になりますが
耐久性は、これからつかっていき
確かめてから、報告したいと思います。


・ポリエチレン素材

ヨガポール ポリエチレン素材
このポリエチレン素材のポールは硬いです。


しかしその分効果あります。

値段も安く、最初は、これでいいかもしれません。
(私はこれを一番よく使います。
これも2年以上使っています。)

こちらも、高いものと比べると
材質が固いので、変形が気になります。

ずっと使っていると、円形のものが
だんだん楕円系になってきます。
(楕円形になってきたら、力を加える
方向を調整することで、刺激が変わったり
変形を抑える事ができます。)

2年以上使っていて効果はありますが
楕円系に変形していくので
多少半減している可能性もあります。


・ヨガポールの長さ・大きさ、形状の違い


・ロングタイプのヨガポール
ロングタイプ ストレッチポール 


縦向きに使って、背骨のゆがみを治したり
横向きにも使えます。一番オーソドックスなものです。

メリット
ヨガポールのすべての運動が可能です。
背中、太もも、ふくらはぎ
全体的に大きい筋肉を
ほぐしやすいです。

デメリット
・持ち運びできない。
・場所を取る
円径が太いので、細かい部分は不得意です。


・ショートタイプのヨガポール

ショートタイプ ストレッチポール

メリット
2つ使うとロングタイプと同じように使えます。
しかし、そのように使うと
ずれたりするので、使いにくいです。

・小さいので、持ち運び自由。
・ショートタイプは太さ細い(円径が短い)ので、肩のマッサージに最適

仕事中に椅子と、背中に挟んでも使える
今もこの記事を書いている最中に
私の背中には、
ショートカットのヨガポールが
おいてあります。

デメリット
ポールによる運動は、すべてできますが
小さいので、縦に使うのは少し不得意です。

(私はこれが一番使うのでおすすめです。)


・ハーフカットのヨガポール
ハーフカット ストレッチポール

メリット
半円なので、安定します。
コロコロ転がせなません。

ショート、ロングどちらもあります。

デメリット
地面に安定させて使うので、
コロコロ動かす使い方ができません。

ただ体重をかけるだけだったり
ゆったりと静的な使い方をするなら
これが安定してお勧めです。


・デコボコのもの(グリッドローラー

中が、空洞になっていて
周りに、やわらかい
EVA素材が付いています。

ショートサイズ グリッドローラー
メリット
凹凸があり、筋肉をマッサージしてる
感覚が、強いです。
これも、けっこういいです。

デメリット
凸凹が、場所によっては
気になるので
首などに使う場合は、不快に感じます。

なので、体全身に用いる使い方というより
筋肉をほぐすのに特化した形です。

・電動機能付きポール

ヨガポールの進化版といった形の商品です。
この記事で掃海しているメリットに加えて
振動のブルブル効果で、癒し、リラックス
プラスします。

・デメリット

通常のヨガポールと比較すると
・充電(電気代がかかる)
・音(振動の騒音)
・値段にばらつきがある

など、機能が向上したことで
欠点も同時に生まれます。

安い物は、振動が弱く効果が薄かったり
動かないなど、問題があるようなので
興味がある場合は、正規品を選ぶのが
一番かもしれません。
(電化製品出ない通常のヨガポールなら
失敗することはありません。)

 


3 腕の凝り、肩こりを解消し背中をリラックスさせてくれる「私のヨガポール」の使用方法
4種類のヨガポール


ずっと使っていますが、
全然へこんだりしません。

本家のストレッチポールの
よりも半額以下だし
これはいい商品だと感じています。

色も12色あるので、あなたが、好きな色を選べば
視覚的にもリラックス効果があります。

部屋のカラーコーディネートに合わせると
視覚的にごちゃごちゃせずに
インテリアの一部のように部屋にマッチします。

この会社のヨガポールの
ハーフカットや、
ショートタイプもあったら
欲しいと思っています。
(ロングタイプしかないです。)

全体的に使えますが
長くて、大きいので
小回りが利かず、取り扱いが
めんどくさいです。

ただ、寝るだけならおすすめです。

私が、長いヨガポールを活用する使い方は
縦に背骨にそって、体重をかけ
姿勢矯正に使ったり

円形の太さが大きく、高さがあるので
力こぶの部分の

上腕二頭筋をマッサージする使い方を
よく使います。

現代は、パソコン、スマホの使い過ぎで
腱鞘炎になる方が多いです。

手首の痛みの原因の一つが
上腕二頭筋の凝りが原因です。

私、パソコンを使い仕事をよくするので
腕、肩、背中が凝るので
このロングヨガポールを使いほぐしています。

・上腕二頭筋(力こぶ)をほぐす使い方

うつ伏せにして床や、布団に寝ます
(顔、おなかを下にして寝る)

そして腕を真横にまっすぐに伸ばして
力こぶの部分の下にヨガポールを
置きます。

後は、腕の重み、体重移動で
力こぶに圧力をかけます。

コツは、腕を内外側にひねって
いろいろな方向、位置の
力こぶを刺激することです。

すると、激痛が走りますが
ずっと圧をかけたまま
深呼吸して、息を吐くときに
リラックスします。

息を吐くときに、力こぶも
やわらかくなっていき
リラックスする意識を持ちます。

しばらくすると、硬く張っていた
筋肉が少しずつほぐれて、やわらかくなり
手首の痛みが減ります。

下の動画を参考にしてください。
(この動画は音量が大きいので気を付けてください。)

この動画では、前後に動かしていますが
痛い部分、気持ちいい部分で
コロコロ動かさずに
ずっと止めておく使い方もできます。

そして、手首を左右にゆっくりひねることで
刺激が変わるので、いろいろな部分を
セルフマッサージできます。

・背中をほぐすヨガポールの使い方

背中をほぐす方法は、この動画の使い方を参考にしてください。

私は、動画の方の使い方の他に
背中の下部の方まで、コロコロします。
(最初は無理をせずにゆっくり試してください
・腰の下は無理にやらないでください。)

また、コロコロ転がしているときに
固い、凝っている、痛い部分があれば
そこで、体を止めて
しばらく、深呼吸リラックスをします。

そして、左半身に体重をかけ右半身を浮かしたり
その逆側も同様にやります。
背中の骨がポキポキを音を立てて
気持ちい良くなれます。

体の半身で体重をかけると
体重がピンポイントでかかり
さらに、背骨に沿った左右の筋肉を
集中して、刺激できるので、効果的です。

それ以外のt飼い方は、コロコロ転がす以外に
右半身に体重を傾け、浮いた左半身
上方に動かします。

今度は左側の半身に体重を傾け
浮いた右半身を上方に動かします。

これを繰り返すと、背中で歩くことができます。

これをした方向に変えたりして
ヨガポールを上下に背中を使って移動します。
この方法は気持ちいいので、よく試しています。

後は、ふくらはぎの下に敷いてコロコロしたり
しばらく、止まったりします。

このロングヨガポールは円形が太いので
背中、前腕、ふくらはぎにはお勧めですが
首と、肩を刺激するのは苦手です。

太ももの内側、外側をマッサージすると
刺激が強すぎて、めちゃめちゃ痛いです。
(私が一番凝っている部分でよく使います。)


ハーフカット ストレッチポール

このヨガポールはやわらかい、半円型のもので
2個セットです。

他のヨガポールは、ふとももの筋肉
脇腹の筋肉、力こぶの部分などを
ほぐす使い方をすると、慣れるまで、めちゃ痛いです。

しかし、このハーフポールの
素材はやわらかく
ハーフカットで高さが低いので
刺激が弱く
ちょうどいい使い方ができます。

最初は、やわらかく、高さが低い
負荷の弱いハーフカットで
筋肉をマッサージにならすのもありです。

首と、ふとももをほぐす使い方なら
ならこのやわらかいハーフカットがおすすめですね。


グリッドローラー

 
さらに、でこぼこの形が
プラスの効果でさらに強いです。

最初は、普通のヨガポールがいいかもしれません。

強い刺激が欲しいなら、これを選ぶといいでしょう。

ちなみに、私がヨガポールを含め
健康グッズを買うときに
重要視しているのは
緑色で統一することです。

緑色は、視覚的にも
リラックスできる色なので

私は、ヨガポールを含め、
家のものを緑で統一しているので
使ってないときは
部屋と一体感となっていて

見た目にもすっきりします。


・ドンキのヨガポールもおすすめ!?
ショートサイズ ストレッチポール

それも、3年くらい現役でつかっています。
(一番取り扱いがしやすくお気に入りです。)

緑色なら、かんぺきですが。
あとで、カバーをつけて、緑にしたいと思います。

 
最初は、一番安いこれでもいいかもしれません。
安くて、効果もあり、いろいろな
使い方ができるので、最適です。

家族に私が持っているドンキと
同じような、ショートタイプの
ミニポールをかってあげたのですが
こちらのショートタイプのものは
私も試してみましたが
ドンキで買って使っているものと
使い心地、使用感が似ていて
安かったので、もしよかったら検討してみてください。

このヨガポールは、一番取り回しがしやすいですが
円形の太さが細いので、太いヨガポールに比べると
刺激が少し弱くなります。

それは、セルフマッサージする部位によって
メリットでもあり、デメリットでもあります。


私のヨガポールを使う
ストレッチ、マッサージのやり方は
最初は、疲れを取るために
適度な体重をかけて全身に使います。
(ふくらはぎ、太もも、背中、腕、首)

慣れてきたら、全体重をかけて
凝っている場所や、疲れている場所に
ピンポイントで強い負荷をかけて行います。

思いっきりやると
悩み事も吹き飛ぶくらいいたいです。

しかし、それに慣れると
筋肉がほぐされてくると
すごく気持ちよくなります。

これを意識してやると、もっと
深いマッサージ効果が得られます。

・呼吸法はこちらを読んでください。

・深いリラックスを得るコツはこちらを・読んでください。


注意

ヨガポールで、ストレッチ、マッサージを
やりすぎると、筋肉痛になります。

しかし、筋肉痛になるのはいい証拠
使わない筋肉を使ったので、
筋肉がほぐれた証拠です。

普段使っていない筋肉は
マッサージしただけでも
久しぶりに使ったことで
筋肉を使ったことと同じような
効果を持つので、筋肉痛になります。

痛みが引いてからまたやると
筋肉が柔らかくなってあまり
痛く感じなくなります。

筋肉痛のような痛みがあるうちは
無理をせずに
別の部分でポールを使用しましょう。


マッサージは、体だけでなく
心を癒す効果
もあります。

心の疲れが貯まると最終的に
うつ、精神的な病気
ストレスが溜まり、
マイナス思考になります。

また、
体の筋肉はすべて
「つながっている」ので
姿勢が悪く「猫背」だと
他の筋肉が、不自然に引っ張られ、
悪い影響を及ぼし
肩がこったり、目が疲れたりします。

この2つの症状を和らげる効果も
ヨガポールにはあります。


4 私流、効果的にリラックスできるヨガポールの使用方法


私は、仕事でよくパソコンをつかうので
首、背中、肩が疲れます。

なので、椅子に座っているときに
背中に椅子と背中で挟むような使い方をします

また、仕事を1時間に1回休憩して
その時に、ヨガポールを使うと
デスクワークで緊張する
背中、肩、腕の
疲れが取れ、眼精疲労にも効果があります。

おすすめの方法

目をつぶって

この商品で、目を温めながら
背中の下にヨガポールをおいて
・コロコロ転がす
・左、右片方ずつ体重をかける
・凝っている部分で静止する

この使い方で
深呼吸して体の力を抜きリラックスします。

すると、動かすごとに
骨がポキポキってなって
背中がすっきりして、
気分もスッキリします。

何回かコロコロとやると
体の力が抜けて
リラックスします。

そして、
眠くなってくるので
首の下にヨガポールを移動します。

それを枕にしながら
深呼吸して
力を抜きながら、
左右に頭を傾けます

すると首が
マッサージされてきもちいいです

繰り返すと
ふわ~っとした気分になり
力が抜けます


ヨガポールは、使い方によって
本を読みながら
仕事をしながら
音楽を聞きながら
出来るのがいいですね。

ヨガポールは、いろいろなメーカー
形、種類があるのでぜひ一度
どんなものがあるのか調べてみてください。

私が紹介する以外の商品でもいいので
あなたの好みの色、値段、形、大きさで
気に入ったものがあればぜひ使ってみてください。

すごく気持ちいいし、損はしないです。
一つの趣味としても言っていいくらい
いろいろなマッサージ、ストレッチの使い方ができます。

・まとめ

ヨガポールを使い方を調べている場合
疲労がたまっている
癒されたい ・リラックスしたい

等の目的があると思います。

そのような場合には
ヨガポールでのストレッチ、マッサージは効果的ですが
その他のいろいろな健康法を組み合わせると
相乗効果で、疲労が取れ癒し、リラックスにつながります。

それは、外的なマッサージとプラスで
・簡単な運動、筋トレを行ったり
(体の不調の改善、睡眠の質が上がる)

精神的な考え方を変える、鍛える
(精神的な負担を探し、それを解消)

・食事、栄養を適度にしっかり取る
(偏った栄養不足や、食べ過ぎに注意)

断食などで、定期的に内臓を休ませ
内側から元気を出す
(過食が疲労の原因でもある)

などなどの方法です。

疲労などの原因は、精神的なストレスや
運動不足の影響からも起こります。

また、内臓の酷使、食べ過ぎなどでも
疲労がたまり、疲れやすくなります。

こちらの記事は、深い悩み、問題を抱えている人に
向けた改善する方法をまとめて書いたもの
ですが、この記事の中にも多くの健康法
まとめているのでよかったら読んでみてください。

私のブログ
「シロクマ健康法」では
「心」と「体」にいい知識、習慣を紹介しています。

・「瞑想」や・「呼吸法」 などの
テクニックを併用したり、別で行う
「ヨガポール」のリラックス効果
上げることができます。

興味があったら、気にになる
「」の言葉をクリックして読んでみてください。

例えば、心理療法には「ロールプレイング」
という技術があります。

これは、いろいろなことを想像して
何かになりきってみる技術です。

これを応用すれば、ヨガポールで
マッサージしているときに
自分の好きな人、アーティストに
マッサージしてもらっている想像したり
その人の事を考えたりすると、リラックス効果や
「心」によい効果をもたらします。

ヨガポールを最適に使う環境の整え方
リラックス、ストレス解消の考え方は
こちらの記事に詳しく書いているので
良かったら読んでみてください。

 

 

 


手を振るクマのぬいぐるみ

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたのでもしよかったら、フォローしてくれるとうれしいです! よろしくお願いします(^^)

ほかにも、あなたの
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


 


コメントを残す