ひどい肩こりをセルフマッサージで効果的に和らげるコツを教えます!


 

わら白いビーグル犬
こんにちは、ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、お金がかからず
健康にいい
「セルフマッサージ」で
「肩こり」に効果的な方法を
紹介します。

 

 
目次
1 肩こりに効果的なセルフマッサージ
2 セルフマッサージのコツ

1 ひどい肩こりに効果的なセルフマッサージのコツ
肩を指圧される女性

以前に書いた記事
背中のセルフマッサージでも
紹介しましたが
大切なこと

「深呼吸」を意識し、続けて
息を吐くときに出来るだけ
「リラックス」することです。
(できれば、息を吸うときも
リラックスしましょう)

マッサージ中、ストレッチ中
この2つをずっと意識してください。

呼吸がとまり、リラックスできず
力が入ってしまうと
セルフマッサージの作用が
筋肉に伝わりづらくなり
効果が半減してしまいます。

あなたが快適
深さ、早さ、長さで
深呼吸しながら
できるだけリラックスしてやりましょう。


ひどい肩こりを癒す「ボーㇽ」を使うセルフマッサージのコツ
マッサージボール

まずは
テニスボールか野球ボール
位の大きさのボールを準備します

そして、仰向けに寝て
「肩」と床の間にボールを入れます。

位置を調整して
一番痛いとこか
気持ちいところに
ボールを移動させます。

あとは、深呼吸
リラックスをしながら
満足するまで時間をかけてください。

リラックスを深めるコツ

・肩が柔らかくなっていき
ボールが体にめり込んでくる
イメージ

・肩が柔らかなりボールと
一体化するようなイメージを
持つといいです。

慣れてきたら

ボールを「肩」と床に挟んだまま
ゆっくりと
深呼吸リラックスしながら
腕を頭上に伸ばしたり
体の左右に伸ばしてみたり
腕を回してみたり
いろいろな方向に腕を
ゆっくりと動かしてみましょう。

少し違った刺激が得られます。

腕を伸ばして、痛いポーズ
気持ちいいポーズがあったら
その状態で停止して
しばらく、
深呼吸リラックスしてください。

もっと負荷を高める

このポーズは、首や、背中が
やわらかくないと
つってしまったり、ケガをする
恐れがあるので
様子を見ながら少しずつ試してください。

無理そうなら、辞めておきましょう。

先程紹介した方法が
効果がない、何も感じない
もう少し、負荷を上げたい
そんな場合は

まず膝立ちになります。

次に頭を左右どちらかに傾けて
手を左右に伸ばし
肩を床につけます。

この時に体重は
膝と、肩2つの部分い
半々くらいに体重をかけておきます。

「肩」と床の間に
ボールを挟みます

そして
少しずつ「肩」の方に体重を
かけていきます。

最終的には
肩に、体重がほぼ乗るような
姿勢に移っていきます。

この姿勢は
全体重を肩にかけることが
出来るので
仰向けに寝るよりも
高い負荷でセルフマッサージができます。

無理はしないで少しずつ
試していきましょう。

 

痛すぎる場合、負荷を下げたい場合
・ボールに靴下をかぶせる

・仰向けに寝ないで
 壁に寄り掛かるように座り
 壁と肩の間にボールを挟む

などすると、いいですよ。

肩のセルフマッサージグッズ

 

私は、セルフマッサージをするときは

ボールではなくて
一番上の青い
ストレッチポール

真ん中、黄色い左側の
健康グッズ(やわこ)

一番下の小さな
とげとげしたボール
テトラキッド
というものを使っています。

それぞれが長所があり
大きいものは全体的に
まんべんなく指圧できます。

小さくなるほど
指圧できる面積は狭くなりますが
凝っている部分、痛い部分
気持ちいい部分に
ピンポイントで圧をかけられます。

黄色い健康グッズ(やわこ)
代わりに、ストッキングに
ボールを2つ入れて
う買う方法もあります
やはり正規品がしっかりと
ぶれずに使いやすくマッサージ出来ます。

無理にグッズを買わないで
家にあるボールでやるのが
一番安く済みます。

しかし、健康グッズは
マッサージ専用のものなので
ボールでやるよりも楽に
効果的に使えるのでおすすめです。

ヨガポールはこちらの記事で選び方、メリットを紹介しています。

もしよかったら調べてみてください。

ひどい肩こりを改善するには

肩のマッサージ、ストレッチも重要
ですが、肩とつながっている
首、腕、背中をほぐすことで
改善することがあります。

筋肉はすべてつながっています。

なので、肩の筋肉だけほぐしても
首、腕、背中が凝っていると
筋肉が緊張して、
つながっている「肩の筋肉」
を引っ張るので
結果的に肩が凝っている
状態になってしまいます。

本当は肩に痛みが出ていても
原因は
背中、腕、首などの

可能性もあります。

原因は、人に依りますが
悪い姿勢
目の疲れ、からの首の凝り
首の凝りからくる肩こり

そして
デスクワークでの
同じ姿勢での腕の凝りからくる
肩こり

スマホ、パソコンで
前腕が凝り固まり
肩がこるなど

様々な理由が関係しているので
原因を探して
根本の対策を図りましょう。

そして、肩だけでなく

腕(親指、前腕、腕の裏、表)

背中(肩、肩甲骨、上部、下部)など
体を全体的に
ストレッチ、マッサージをすることで
効果が出やすいことを覚えておいてください。

記事最下部の関連記事
各体の部位の、セルフマッサージを
紹介しています。

 

2 セルフマッサージのコツ
トレーニングする犬

今回は肩のセルフマッサージ
他には背中のセルフマッサージ
前腕のセルフマッサージなど
紹介しましたが

共通することは
腕、握力を使わないで
自分の体重を使い
楽にマッサージすることです。

腕、指、手のひらで
押すのもいいですが
疲れやすいし、腕が疲れて
結局は、力が入り、腕が凝ります。

なので、工夫して
自分の体重を使い
深呼吸リラックスして
自分の体をほぐすのが
いい方法です。

いろいろなポーズをとったり
どうしたら、ほぐしたい部分に
体重をかけられるか
探してみると、全身をほぐせます。

体のパーツは
すべて筋肉でつながっているので
痛い部分に限らず
全身をストレッチ、マッサージ
することが大切です。

そして、適度な運動や
しっかりとした睡眠、
休息、心の健康も大切なことです。

自分ができるペースで
少しずつ、症状を改善するように
あなたの大切な体をいたわり
癒してあげましょう

ハートを持ったクマのぬいぐるみ
ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらツイートを見てください。また、コメント相談、質問など気軽にしてくれたら、うれしいです。あなたからの連絡をお待ちしています。(^^)

ほかにも、あなたの
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です