護身術・防犯の意味・考え方、大切な事を、日本の事件から学ぶ



こんにちは、ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、護身に関する大切な考え方や
最近あった事件についての
考えを書いていきたいと思います。

1 大切な防犯、護身の考え方
 

殺人事件の多くは
関係の深い身内
知り合い
何かしら関わりのある人

加害者であることが多いです。

見ず知らずの他人
襲われるといったケースは
珍しく、それは不運で残念な事です。

最近、ブロガーの方が
命を落とす事件があり
それは、すごく残念な事であるし
命を落とした本人
関わりのある方に
お悔やみを申し上げます。

しかし
いろいろと調べてみると
ある考えが浮かびました。

その結果を引き起こしたの
理由・原因はなんなのでしょうか?

その結果を招いたのが
どのような理由からなのか
それは、どうしたら起きなかったのか
考えることが
今回の事件の教訓になると思います。

ブログを使えば、有益な情報を発信して
多くの人の役に立つこともできるし

誰かを傷つけ攻撃することもできます。

「ブログ」「sns」など、ネットの力を把握する

ネットワークを生かして
仕事をする、お金を稼ぐことは
悪いことではありません

しかし
やり方次第では、悪い結果を
招くことになるかもしれません。

ネットを活用するうえで
何をするべきなのか。

何をしないべきなのか
そういったことを考えると
何が正しいのかが分かると思います。

顔が見えないからといって
何をしてもいいわけではありません。

人と人が面と向かって
コミュニケーションするのと
一緒の事だと思います。


私が学ぶ、ロシアの武術システマでは
目立たない「普通の人」を目指す
という考え方があります。

その理由を紹介します。

拳銃を所持した
テロリストなど、立てこもり犯など
圧倒的な力の武器を持つ犯人は
「どんな人を狙うか」考えると

その場にいる
自分に危害を及ぼしそうな
「強そうな人」「目立つ人」
最初に狙うそうです。

自分に危険を及ぼす人物
最初に標的にするそうです。

逆に
ナイフなどで
無差別的に人を狙う
「通り魔」のような人物は狙いやすい
「女性、子供、弱そうな人」
狙うそうです。

どちらにも、該当しないのは
「目立たない」
「普通の人」
になることです。

この考え方には
すごく納得できたし、勉強になりました。

今回の事件では
日本であること
ネットを通して、標的がピンポイントで
狙われていたことなど

例を見ない事件ですが
大切なことは
「共通しています」

大切な護身の考え方は

 先程紹介したとおり
あえて自分から人前に出て
「目立とうとしたり」
「人を刺激せず」

「目立たない」「普通の人」になること

そして
自分と関わる人身近な人
争わず、受け入れ
その人たちと仲のいい関係を作り
関わりあう人の役に立てることをすることです。

 次に、無差別な犯罪に
巻き込まれないように
「防犯」意識を高め
危険からを避ける
遠ざける能力を高める

 不運な場合
危険を避けられない場合
最終手段として
戦う知識・方法・技術
身に着けることが必要になります。

一般的に、多くの人
優先順位としては逆の順番で
学ぼうとします。
(防犯に興味を持つことは
素晴らしいことです!)

私は、今回紹介した考え方が
一番効果的だと思います。

これを意識するだけでも
命を落とすような事件に
巻き込まれる可能性はかなり減少します。

1番大切なことは、この記事で紹介しました。

 

2番目に大切な危険を避ける・「危険を察知する」「観察力」を身につける方法、技術はこちらの記事で紹介しています。

「観察力・洞察」を高め「防犯・護身」の習慣を変える方法とは

3番目に大切な運が悪く、実際に被害にあったときに、有利に危険から逃げる方法はこちらの2つの記事に書いてあります。

護身に使える!おすすめ防犯グッズ、フラッシュライトの選び方 使い方

フラッシュライトの目潰しは最強の護身に!おすすめの使い方を紹介

暗い夜道もこれで安心。「護身用具」「武器」に使える、9つの日用品

護身用具(グッズ)は合法の日用品を武器にするのがおすすめ!9つの生活用品

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらこの文章をクリックしてフォローしてくれるとうれしいです! よろしくお願いします(^^)

ほかにも、あなたの
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です