悩んでいる少女

名言「後悔」は禁物?✖「あの時ああしてれば」〇「次はこうしよう」


笑うコーギー
こんにちは、
ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、私が毎日読んでいる
好きな名言を1つ紹介します。

電球

幸せになりたいならば
 「あの時ああしていれば」
   という代わりに

「この次はこうしよう」
     という事だ。

スマイリー・ブラントン(精神科医)


この言葉は、私が学ぶ
心理療法、インディアンの哲学に通じる
重要な考え方です。

この名言について、私の考えを紹介していきます。


目次

1 「あの時ああしていれば」と思っても、過去は変わらず、マイナス思考になる2 「この次はこうしよう」

1 「あの時ああしていれば」と思っても、過去は変えられず、マイナス思考になる

人はだれしもが、ふと頭の中に何か考えがよぎったり
気が付くと、どこかの世界に意識が
飛んでいくことがあります。

それは、過去の事、未来の事、妄想
想像、仕事の事、家族の事、好きな事
嫌な事、トラウマ、失敗体験など
色々な「思考、考え」が頭の中に
浮かんでくるからです。

それは「無意識」に自動的に行ってしまうことも
あえて、自分から「意識的に」
現実逃避、イメトレ、想像、イメージとして

行うこともできます。

人は、1日に1万回以上、思考、考えする
と言われています。

それだけ、この瞬間の時間
しっかりと生きていないし
現在という「今」に足がついていない
という事になります。

心理療法や、インディアンの哲学において
過去は、振りかえらないようにしています。
(プラスの意味があれば、活用します)

そして、「今」この瞬間をすごく大切に考えています。
未来は、プラスの意味でだけ、活用します。

過去というものは、当たり前な事ですが
戻ることはできないし、過去の事は変えられません

そして、過去の記憶というものは
自分の都合のいいように解釈して
記憶の断片をつなぎ合わせて
自分で作りあげたものです。
(真実ではない)

その理由は過去の詳しい
・時間(何時何分何秒、天気、気温、湿度)
・服装(何色の服、ズボン、インナー、靴下)
・場所(どこか、近くに何があったか)
・登場人物(存在しない自分が作り上げた人)

これらは、確認のしようがないからです。
覚えている範囲の、不確かな記憶の断片を
組み立てて、記憶、過去は作られます。
これは、未来においても当てはまります。

しかし、現在はすべて確認できるし
本当の事です。

なので、過去未来というのは
自分が作り出した、非現実的な物、架空の物です。

しかし、そんな、過去、未来の頭の中にしかない
物は、精神的にいろいろな影響を与えます。
楽しい思いで楽しい未来の想像は
プラスの感情をもたらし、やる気、自信など
身体的にも良い影響を与えます。

しかし、辛い過去、記憶、トラウマ、失敗経験
未来への不安、焦り

などなどは、悲しみ自己嫌悪怒り恐怖
不安、などマイナスの感情をもたらします。
そして、やる気、活力、自信は消えて
体にも悪影響が起こります。

「あの時ああしていれば」というのは
マイナスの感情を自分に与え
自分で、自分を傷つけて、落ち込ませる
悪い行動だという事が分かります。

なので、マイナスの過去、マイナスの未来
については、自分の中から、消し去り
今、「この瞬間」だけを意識することが
大切な事です。

そして、楽しかった過去、楽しい未来については
有効に活用して、その感情を力に変えて
「今、この瞬間」現在に生かすことが大切です。
(努力、行動、継続などに生かす。)

もし、忘れられない過去がある場合は
トラウマ、心の傷になっているので
別の対処が必要になります。

・過去の失敗、心の傷などのトラウマの対処法は、こちらの記事で紹介しています。

自分の思考、考えを把握して、意識して、自分を変える10個の方法はこちらの記事で紹介しています。

2 「この次はこうしよう」

先程の説明で、「あの時ああしていれば」
という、過去の失敗、思い出、記憶を
考える事がどれだけ悪いことか
理解していただけたと思います。

そして、「この次はこうしよう」というのは
未来に目を向けた思考、考えであり
そして、プラスの考え方です。

さらに、この次はこうしようという
気持ち、考えは
「今、現在」行動につながります。

「今、現在」の行動、努力
小さな積み重ねだけが
明るい未来に向けた一歩となります。

しかし、何も行動せずに、努力もせず
時間がたってから訪れる未来は
「何も変わっていない状況」です。

そして、その時になって
過去を振り返り、「あの時ああしていれば」
という、負のサイクルが訪れます。

そのような、悪い流れを
断ち切るためには
「過去」を振り返らず「プラスの未来を捕らえ」
「今、この瞬間」
・自分ができること
・小さな努力 ・挑戦

を積み重ねていき、それを継続していくことが大切です。

自分ができる小さな行動
自分ができるだけの努力
を継続することで

少しずつ、結果につながり
自信、やる気、活力が生まれます。

それは、プラスのサイクルが生まれ
どんどん明るい未来につながっていきます。

電球

幸せになりたいならば
 「あの時ああしていれば」
   という代わりに

「この次はこうしよう」
     という事だ。

スマイリー・ブラントン(精神科医)

手を振るクマのぬいぐるみ

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらツイートを見てください。また、コメント相談、質問など気軽にしてくれたら、うれしいです。あなたからの連絡をお待ちしています。(^^)

 

ほかにも、あなた
お役に立てる方法を勉強して
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら
下のタグや関連記事からほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です