何もしたくない。勉強、仕事のやる気が出ない。10個の改善策とは?!


 

 


こんにちは、ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、何もやる気がしない
勉強も、仕事も何もしたくない人に向けて
原因や、対処法を紹介していきたいと思います。

私は、心理療法、インディアンの哲学
様々な健康法を学んでいますが
やる気、気力がないのはとても良くないことです。

そして、たまには、何もしない
何もしたくない日もあってもいいと思います。

しかし、やる気が出ない
何もしない時間が多いと
精神的に憂鬱な気分、時間が増えていきます。
そのままではよくないので

やる気が出ない、何もしたくない原因と
それを改善する方法、考え方を紹介します。

 
目次
1 何もしたくない。勉強も仕事もやる気が出ない3つの原因
2 やる気、気分を変える5つの対策
2 やる気が出ない原因は3大欲求が関わっている?

1 何もしたくない。勉強も仕事もやる気が出ないことには原因がある?

寝ているキツネ

最初に少し説明しましたが
誰にでも、やる気が出ない、何もしたくない
というときは、あります。

いつもやる気が出て、頑張れてるのに
どうしても、今日だけやる気が出ない
最近調子が上がらない場合は
1日~1週間だけ完全に好きな事をしたり
やりたいことをやって、スッキリしましょう。

オンとオフを切り替えずに、だらだら
どっちつかずで、行うことは
仕事、勉強にもならないし、ストレス解消
リラックスもできずに一番ダメな状態です。

しかし、ずっと、何かを先延ばしにしている
最初から、何もしたくない
ずっと、やる気が出ない状態の場合
下の記事を読み進めていってください。

・勉強、仕事でやる気が出ないのは「目的」がわからない、ないから。

黄色い花と果てしない道

人は、何かをやる「目的」があり
「意味」が分からないと
やる気が起きずうつっぽくったり
生きる意味を失います。

例えば
・やりたい仕事があり、そのために進学する
 そして、進学のために、勉強をする
・やりたいことがあるので、そのためにお金を貯める
・仕事自体が楽しい、生きる目的となっている

そんな場合は、「目的」もしっかりしているし
勉強・仕事をする「意味」も自分自身で理解しています。

しかし
・なんとなくみんながやっているから
・やりたいことがない
・目的がない、勉強・仕事をする意味が分からない

そんな場合は、何もやる気が起きなくて当然だし
やりたくないのが当たり前です。

なので、勉強・仕事をする
「目的」「意味」をしっかり持つことが大切です。

「何になりたい」「好きな事を勉強したい」
「ほしいものがある」「自立したい」
「お金を稼ぎたい」「好きな事をするお金が欲しい」
などなど、なんでもいいです。

あなたが、勉強、仕事をする「目的」「意味」を
見つけることが大切です。

進学のために勉強する場合は
「何かになるため」「何かを学ぶため」

・なんとなく進学する場合は
「選択肢を広げるため」「進学してやりたいことをやるため」
「遊ぶため」「彼氏、彼女をつくため」「給料を増やすため」
など、不純な目的でも、正当な目的でも
何でもいいです。

・結果がすべてじゃない
立禅

勉強、仕事において、結果が出ないで
失敗ばかり、うまくいかないこともあると思います。
すると、やる気が失せて、何もしたくなくなります。

しかし、私は結果がすべてじゃないと思います。

努力した時間、同じことを続けられた時間
行動したことが大切です。

人と比べることも、劣等感を抱き
何もしたくない、やる気が出ないという
状況に陥る一つの悪いことです。

他人はどうでもいいです。

自分が以前の自分と比べて
何を学んだか、何ができたか
どれだけ成長できたか
経験したのかが大事です。

結果が得られなくても
行動、継続、やってみることで
必ず以前のあなたよりも成長しています。

今は、努力、学んだこと
成長、知識が何に行かされるか
わからないかもしれません。
しかしそれが、後々、あなた自身のためになります。

・何もしたくないなら、勉強、仕事をしないとどうなるか想像してみる
悩んでいる少女

勉強、仕事を一切しないと
この先どうなるのかをリアルに想像して
イメージすることもやる気を出す一つの方法です。

勉強をしないと、進学できず、働くことになる
高卒、中卒のまま働ける仕事は何か考える
給料、休日、待遇はどうなのか調べてみる

アルバイト、ニートの場合どうなるのか
周りの目、周囲との関係はどうなるか

生活保護を受けたら、どうなるのか

仕事を辞めた場合も一緒です。

私は、「目的」「やりたいことがある」場合
ニートでも、生活保護でも、アルバイトでも
どんな生き方でも、それが一番正しい生き方だと思います。

やりたくもないことを、嫌々やりながら
意味も分からず、常識、家族、世間の目を気にして
生きることは結果的に、進学、就職したとしても
いつまでも「満足」できないからです。

私は、選択し、勉強、社会経験のために
やりたいことは漠然と決まらないまま大学に進学し
卒業後、何年か勉強して、公務員になりました。

すべてが、いい流れではありませんでしたが
結果的に世間でいう、安定、安心、理想とする
一つの生き方なのかもしれません。

しかし、結局仕事を辞めて
「目的」「やりたいこと」をするための
生き方をするために、安定した仕事を辞めました。

・安定した給料 ・世間の目 ・常識 ・安定

そういう事は、失いましたが
「目的」「やりたいこと」をやれる
という事は、本当の生きる意味だと思います。

人は、何を選択しても、成功しても
もしもの別の世界をうらやみ、想像します。

それならば、最初から
進学、就職、安定した仕事など
世間の常識、流れ、周りに流されずに
自分自身のやりたいことを目指すことが
私は一番後悔しない生き方だと思います。

2 やる気、自信を出して、気分を変える7つの方法

やる気、自信、気分を変えるために
勉強、仕事以外の事をすることはすごく大切な事です。

あなたの趣味、特技、好きな事を
勉強と組み合わせたり、利用することは
勉強、仕事をするための一つの方法です。

好きな事なら、得意な事なら
やる気も出るし、自信もあると思います。

・趣味、特技と勉強を組み合わせる
スマホを持つ手

あなたには、趣味や特技はありますか?
自分が好きな事なら、やる気は出ると思います。

それを、勉強と組み合わせます。

やり方は、最初に5分くらい好きな事、趣味
ゲーム、楽器、遊びをします。
そして、手元には、勉強する本や
教科書を置いておきます。

時間がたったら、1分だけ教科書、本を見ます。
勉強というより、本、教科書を眺める
ざっと、全体を見渡す
(1分以上でもいいです。その場合
嫌な気分になったり、飽きたらやめます。)

1分立ったら、また、4分くらい
好きな事をします。
時間がたったら、趣味好きな事を
辞めて、本、教科書を最低2分~嫌な気分、飽きるまで行います。

これを繰り返して
勉強の時間を少しずつ増やしていき
飽きたり、疲れたら趣味、好きな事を
1~5分くらい行います。

これを繰り返していきます。

これの目的は、趣味、ゲームをすることではなく
勉強になれるための方法です。
必ず、1~5分は好きな事をする
・勉強の時間は1分ずつでいいので増やしていく
この2つは守ってください。
勉強の時間は、いくらでも増やしていいです。

しかし、疲れたり、集中力が切れたり
嫌な気分になったら
1~5分くらい好きな事をします。

好きな事、趣味、遊びを
・筋トレ、 ・瞑想、 ・セルフマッサージに置き換えると
体にも良いく、心と体が鍛えられるので
もしよかったら、試してみてください。

親、家族はこの方法を見ていると
集中してやれ、ゲーム、趣味はやるなというかもしれませんが
やる気を落としたり、むかついたりしないで
ただ、この方法を着実に行い
少しずつ、勉強の時間を増やしていってください。

・少しずつ始める
積み重ねたコイン

先程も紹介しましたが、少しずつ、負荷を上げていく
という事は、すごく大切な事です。

勉強のやる気が出ないというのは
いきなり、自分の許容範囲を超えた時間行う
のが原因です

あなたが好きな事、趣味でも、最初から
1日中休みなしでやれと言われたら
体調が悪くなると思います。

勉強についても、同じで
少しずつ、慣れていくことが大切です。

・先ほどの方法の他には
時間をページに置き換えたり
1項目ずつ、に変えたりします。

1pしか読まないという方法もあります。
きりが悪くても、1pしか読んではいけません。
そして、趣味、好きなことと交代交代で
同じページを理解できるまで、何回も1pだけ
繰り返します。

この目的は、勉強をすることではないです。
勉強、本を読むことになれるやり方です。
そして、いつでも、あなたは
本格的に、教科書、本を読み始めることができます。

休憩を挟んで、1pから
次は2pに増やしたり、3pに増やしたり
少しずつ、読むページを増やしていきます。
だけど、飽きたり、疲れたら
好きな事、趣味を1~5分行います。

・場所を変える

よくある方法は、図書館に行き勉強するという方法です。
しかし、この場所を変える方法は
勉強机でなければ、どこでもいいです。

布団の上で寝っ転がってもいいし
ソファーでくつろいで、本を読んでもいいです。

疲れたら、目を閉じて、瞑想をしたり
1分~5分だけ目を閉じて、深呼吸して休憩します。

少しずつ、やる気が出たら、布団の上で
寝っ転がりながら、ノートに書いたり
座って、本、教科書を読んでみます。

少しずつ、自分がやりやすい形で
勉強、本を読むという事を生活に組み込んでいきます。

・筋トレ、運動
筋トレをする男性

勉強の合間に、筋トレをしたり、運動をすることは
いいことです。

ずっと同じ姿勢でいると、血行が悪くなり
飽きることから、眠気、やる気の低下
肩こりなどの原因になります。

10分、30分、1時間とあなたが好きな
タイミング、きりのいいところで
時間たったら、筋トレ、運動をすることはいい作戦です。

・5分、20分だけ寝る
目を閉じて集中する猫

目が疲れた、眠いそんな時は
少しだけ寝たほうがスッキリします。

夕方、昼の時間は、寝すぎると
夜眠れなくなってしまうので
座った姿勢、壁にもたれかかった姿勢で
仮眠をとるのがお勧めです。

夜遅い時間の場合は、もう本格的に
寝てしまったほうがいいです。

そして、明日勉強しましょう。

また、昼寝ができなくても
目を閉じて、深呼吸しているだけでも
疲れは大分取れるので
昼寝の場合はこちらの記事を読んでみてください。

・自分にご褒美を上げる

プレゼント

これは、最初の好きな事をやることと
似ていますが、1時間、30分勉強ができたら
休憩がてら、お菓子を食べたり、好きな事をする
時間を増やすなどしてご褒美を上げましょう。

人は、何かをもらえる、報酬があると
その「目的」のために頑張ることができます。

・罰を与える

嫌な顔をする少女

先程とは、逆の考え方ですが
1~5分の時間を守れずに、好きな事、趣味をやりすぎたり
それに没頭してしまった場合は、筋トレ、運動
勉強時間を倍にするなど自分に罰を与えましょう。

しっかりと、自分の中でルールを決めることで
勉強、遊び、趣味を区切って、行動できるようになります。

・人と違う、昔から、変わっていると思うならADHD(発達障害)かも?

周りと少し違う、好きなことには集中できるが
嫌な事、興味のないことは全くできない

などの特性がある場合、ADHD(発達障害)
という、脳の構造が少し違う場合があります。

このような特徴を持つ人は
現代社会で、周りと合わせて、普通に生きてくのが
とても苦痛で、すごく苦労しながら生きていかなければなりません。

そんな場合は、現代の常識、周りに合わせず
自分の個性、才能を生かして、やりたいことを
した方が、幸せに暮らすことができます。

もし、・極度に忘れっぽい ・同時に複数の事ができない
・先延ばし癖がある ・落ち着きがない
・相手の話を待たずに、自分の話をする
・意味不明なケアレスミスが多い
・時間に極端にルーズ
・優先順位が付けられない

このような、症状がすべて当てはまるなら
可能性が高いので、早いうちから、自分にあった
生き方を模索するのが最善です。

ADHDは、自分が好きな事なら
とことん集中して、他の事が見えなくなるくらい
長時間没頭したりできます。

ADHDについては、こちらの記事でも紹介しています。

 やる気が出ない原因は3大欲求が関わっている
正面を見つめるフクロウ

人のには、三大欲求というものがあります。
睡眠欲、食欲、性欲

この3つは
適度に、必要な分だけ行うと
心と体の健康に良く、やる気
活力の改善に役立ち、何もしたくない状況を
改善することに活用することができます。

しかし、3大欲求は生きるために
とても大切なことですが
現代の恵まれた生活の中で

自身でコントロールできないと
身を亡ぼすほど、重大な
デメリットが出てきます。

適度な睡眠は、疲れを取り
リラックスストレス解消効果があります。
しかし、寝すぎると、生活習慣の乱れ
倦怠感、疲れ、体の痛みなどを引き起こします。

食事は、生きるために不可欠ですが
食べ過ぎは、思考の低下、必要以上の食料の
消化に内臓は、過剰に働き、内臓は疲れて
疲労につながります。

性欲についても、同じです。

現代社会においては
「睡眠」がとりずらい
環境になっているのではないかと思います。

・朝から晩まで進学を目指し
「勉強」したり
・過剰な仕事内容や悪い環境
・ネットの普及、娯楽の充実
(テレビ・ゲームなど)
・アルコールの影響
(眠りが浅くなる)

仕事・勉強のストレスを解消するため

ネット・ゲーム・アルコールを
限りなく行う

ネット・ゲーム・夜更かし・勉強で
睡眠時間が短かくなり

アルコールで睡眠の質が悪くなる

疲れをとる睡眠がとれない

寝不足、疲労がとれず学校・仕事にいく

その繰り返しで、どんどん疲れていきます。

そして
それらの影響で、しっかりと
睡眠をとることができなくなります。

なので
私は、睡眠はとても大事だと思うので
やりたいことよりも、優先して
睡眠をとるようにしています。

その方が、作業、勉強、仕事の
効率がはかどるからです。

3大欲求をコントロールすることは
睡眠、食欲、性欲をお互いに良い方向に
導きます。

食欲、性欲をコントロールすることで
「睡眠の質」も向上し
「短時間の睡眠」でも
疲れがとれ、通常どうり
活動できるようになります。

・食欲をコントロール

食欲のコントロールには「断食」が効果的です。
(成長期の方は、控えたほうがいいです。
食事の量を減らしたり、するのは効果があります。)

現代社会では、たくさん食べる事が健康にいい
という考え方がありますが
過食は、疲労、病気様々な悪影響を及ぼします。

詳しくは、今回の記事では
紹介しませんが
精神的にも、身体的にも
多くのメリットがあります。

私も、月に1回実践して
効果を実感しているので
興味がありましたら

こちらの記事で、断食のメリットを紹介しているので読んでみてください。

・ 性欲について考える

「性欲」というのは
子孫を残し、家族を作る大切なものです。

しかし、過剰な
「性欲」は身を滅ぼします。

「不倫」のきっかけとなったり
「犯罪」のきっかけになったり
軽はずみな、避妊をしない行為で
命が生まれ、場合によっては
その命を奪うことになります。

そして、男性の場合は
性に関わる行動を行うと
体から「精子」を放出します。

この「精子」は「やる気」とすごくつながっています。
しっかりとした「子供をつくる」という目的がある
また、しっかりと避妊しての「性行為」であれば
問題ないことです。

しかし
一人でも、相手がいても
「性欲」を抑えられず
限度なく、回数をおこない
性行為を行うことは
精神的、身体的に悪い影響を与えます。

人によっては
1日に何度も「性行為」を
する人もいると思います。

男性の場合
「行為」のあとで
体から出ていく「精子」は
「タンパク質」です。

そして、精子を生み出す成分は
「やる気の源」
「亜鉛」や「アルギニン」です

それを、毎日、一度に何度も
体外に出すことで
「やる気」「気力」「活力」が
なくなっていきます。

そのような理由から
「性行為」は過剰に行うことで

性行為後の
ホルモンバランスの変化や
体の反応で

判断力の低下、体臭の増加
抜け毛の原因
やる気、活力の低下など
精神的、身体的にも悪い影響
与えてしまいます。

一つの例として、女性の場合は
月に一度の「月のもの」があります。

女性の場合は、自分の思考とは
別に、体が自動的に行う
体の症状なので仕方がないことです。

それでも、普段の生活と比較して
血液が体外に出るので
通常とは違った

頭痛、吐き気、貧血
イライラ、体調不良
めまいなどなど

精神的、身体的に悪影響が現れます。
(別の影響も関係していますが)

血液の成分は
「水分」「ヘモグロビン」
「ブドウ糖」「ナトリウム」
「カルシウム」「マグネシウム」
「鉄分」など体に必要な多くの成分が
含まれています。
詳しい血液の成分はこちらを見てください。)

このような成分が不足するので
精神的、身体的にいろいろな
影響が出るのだということが分かります。

男性の性行為も
「精液」の成分を体外に出すので
症状、成分は違えど

例にあげた、女性の
「月のもの」が引き起こす
影響と症状が参考になると思います。

しかし、女性の
「月のもの」とは違い
男性の場合は
自分自身でコントロールできます。

もし、自分自身で
「性欲」をコントロールできていない
と思うのであれば

その行動が及ぼす
影響、症状を理解して
少しずつ改善していくことで
生活が変わると思います。

・対策としては

・性欲がなぜ生まれるのか
そして、何故行動するのか原因を知る

(ストレス発散、衝動的、寂しさ
暇つぶし、癖、習慣などなど)

・その行動の代わりのもの
原因を解消できるものを見つける
筋トレ瞑想呼吸法
新しい趣味を見つけるなど)

・性欲が生まれたら
支配されずに
「気をそらす」方法を見つける
痛みで気をそらす
やる気が出る名言を読む 
感情のコントロール方法を覚え、実践

・いきなり、改善するのではなく
少しずつ、少しずつ改善していく

・しっかりと、体外に出た成分を
バランスの良い食事で補給する
(難しいならサプリメントで補給)

私は、同じような方法で
アルコールや、不眠症を克服したので
参考にしてみてください。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらツイートを見てください。また、コメント相談、質問など気軽にしてくれたら、うれしいです。あなたからの連絡をお待ちしています。(^^)

ほかにも、あなたの
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です