トレイルランニング初心者が、事故を減らすための練習方法とは


 

下を出して笑う犬
こんにちは、ふるたけです! 

この度は、私のブログ
「シロクマ健康法」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、雄大な自然を走りまわる
「トレイルランニング」についてです。

私は、自然と調和して生きた
「インディアンの哲学」を学んでいます。

その立場から、トレイルランニングの
初心者、経験者を問わず
もっと楽しむ方法、自然の事故をへらす
技術、考え方などを紹介したいと思います。


 目次

1 トレイルランニング初心者が意識している事

2 事故を減らすトレイルランニングの練習方法・考え方


1 トレイルランニング初心者が意識するべき事

私は、トレイルランニング初心者ですが
自然と共存して
自然と調和して暮らしていた
インディアンの哲学・技術を学んでいるので
自然の中で行うトレイルランニングの
素晴らしさをすごく感じています

そして
自然の奥深くに入るときに
インディアンの哲学で
学んだこと技術を生かすためにもやっています。

私はトレイルランニング、そのものは
豊かな自然の中で、自然を満喫
走り回ることは素晴らしいものだと思うし
上級者の人たちは
強靭な足腰、勇気、体力があり、
すごい尊敬できる人たちだと思います。

しかし、一つだけ気になることがあります。

それは、自然への配慮「目的」です。

「自然への配慮」は山という
豊かな自然守り楽しみ
調和するうえですごく大切なことです。

私は、自然と調和して、
自給自足で生活することが夢なので、
絶対に自然(植物・動物・水・土など)を
粗末に扱ったり
壊したりすることはしたくありません。

インディアンの哲学では
「ケアテイカー」という
自然を深く知り、敬うために
とても大切な項目があります。

これらを意識して、
トレイルランニングに取り入れたり、
生活に取り入れるといろいろな楽しみが増えると思います。

トレイルランニングの主な目的とは何でしょうか?

タイムを優先することもいいことだと思います。
しかし、先ほど紹介した「ケアテイカー」の精神
「自然への配慮」がおろそかになってしまうとよくないかもしれません。

それは、せっかく豊かな自然
楽しみ満喫する機会を減らしていることになるからです。


2 事故を減らすトレイルランニングの練習方法・考え方

ゆっくり歩くこと

まずは、とてもゆっくり
静かに音を立てずに歩く事から始めます。

山には自然のリズム・ペースがあります。

現代の私たちの通常の歩行ですら、
とても騒がしいく、騒々しい音を立て、
山(自然)のペースを乱してしまいます。

通常の走り方で山を走ることは、
私語厳禁の「図書館」で
本の朗読をするようなものです。

まずは、このゆっくり音を立てずに
静かに歩く方法で、自然のリズム、
ペースを知り、自然と調和することが肝心です。

これは、インディアンの歩き方で、
「フォックスウォーク」といいます。

ゆっくりと歩く方法の練習方法、きをつけるポイントはこちらを読んでください。


5感をフル活用

次に、ぼんやりと景色全体を見て、
耳を澄まし、自然の匂いを嗅ぎ、
足が大地を踏む感覚を養います。

先程のゆっくり静かに歩くことができると、
自分が音を出さずに、
自然の音しか聞こえないので、
自然の音をフルで楽しめ
自然の一部になったような感覚を味わうことができます。

そして、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、視覚で

鳥の声、動物の存在する音、
木々のせせらぎ、葉の擦れる音、
自然の香りを楽しみ、
大地との触れ合いを感じます。

こういったことを意識すると、
すごくたくさんの事を学べ、
いろいろなことに気が付くことができます。

そうすることが、上達すると、
鳥の警戒音から、
近くに危険な動物がいることを察知したり、
周りの異常を把握する能力が付きます。

匂いや、感覚からも何かつかめるかもしれません。

インディアンの視覚の使い方はこちらを読んでください。

聴覚の鍛え方はこちらを読んでください。

 


自然をいたわるトレイルランニング

次に、先ほどの
五感をフルに使い、歩くことを発展させ
歩行の速度を速めていきます。

インディアンの走り方では、
「フォックスラン」といいます。

先程のポイントに注意して、
走るときに「足音」を出さないようにすることが重要です。

最初は、まったく速く走れないかもしれません。
しかし、練習すると少しずつ、できるようになり、
最終的には「トレイルランニング」として成立します。


最後に、自然を歩き、気遣うためには、
同じ道を通らず、
なるべく生きている植物を踏んだり、
折らないように歩き、走り
自然を壊さないようにします。

最悪、踏んだ場合でも、
勢いよく踏みつけるのでなく、
先程紹介した、「フォックスウォーク」で
ゆっくりと、いたわるように大地を押します。
上達したなら、「フォックスラン」で。

そして、帰り道を少しずらす、
複数人が同じ道を通らないことで、
自然(植物)や地形へのダメージは最小限になります。

そして、もしできるなら、
ゴミ拾いや、自然にとって
プラスになる行為も行うと完璧だと思います。

自然を満喫させてもらっている
「お礼」(お代)として。


私は、このようなことを踏まえ
もしもの時に、備えて、
「サバイバル」できる能力を身に着けて
「トレイルランニング」を
深めていきたいと思います。

なので、私にとって、
「トレイルランニング」
とても難易度の高い
素晴らしいスポーツです。

これまで紹介した技術をみて
どのように感じたでしょうか?

もし、納得して実践していただけたなら
今やっている
「トレイルランニング」の質が
がらりと変わり
自然との関わりや
世界観が変わると思います。

もし「やだ」「うざい」とか
めんどくさいと思ったなら、
それでもいいと思います。

しかし、私は、
「素晴らしい豊かな自然環境において、
全速力で、タイムを競い自然を壊して走ること」は、

「競技場のトラックの上で、
ダンベルなどの器具を持ち込み
筋トレ」するようなものだと思います。

自然が好きで、山を満喫したいのなら、
自然と調和して、共存して暮らした、
「インディアンの哲学・技術」を
知り、身に着けることで、
トレイルランニングの楽しみは、何倍にも膨らむと思います。

この技術は、豊かない自然や山以外でも
自分が住んでいる家の周り、
どんなところでも試すことができます。

もしよかったら、試してみて下さい。


最後にインディアンの言葉を紹介します。

 自然から離れれば  心が頑なになる。

         ラコタ族の格言



  植物は人の兄弟姉妹。
        耳を傾ければ、
 語り掛ける声を 聞くことができる。

        アラパホ族の格言



自分より 偉大なものには、

     つねに 畏怖の念をもて。

        ショショネ族の格言


インディアンの哲学・技術はこちらにまとめていますので、興味があるなら、読んでいただけると嬉しいです。

自分を変える方法はネイティブアメリカン「シャーマン」の生き方にある?

 


ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。
もし興味を持っていただけたなら、読んでくれると嬉しいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらこの文章をクリックしてフォローしてくれるとうれしいです! よろしくお願いします(^^)

ほかにも、あなたに
興味を持ってもらえるような
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です