瞑想「マインドフルネス」のメリットは7つ・デメリットは3つ!?


 

笑顔の柴犬

こんにちは!ふるたけです。
この度は私のブログ
「シロクマ健康法」に来ていただき
ありがとうございます。

今回は、精神のトレーニング
リラックス、ストレス解消に効果的な
・瞑想・マインドフルネスのメリットやデメリット
・瞑想・マインドフルネスを習慣にして私に起こった変化

など紹介していきたいと思います。

瞑想とマインドフルネスは
意味は少し異なりますが
基本的に同じ効果、やり方なので
あまり気にしないでください。

私は、心理療法や、インディアンの教え、哲学を
勉強していますが、どちらにも共通して
大切なことは瞑想・マインドフルネスです。

私は瞑想・マインドフルネスの効果、メリットを
理論的に勉強して理解している
毎日の習慣にして効果も実感しているので
寝起き、昼、休憩中
寝る前、暇なときなど行っています。

そして、瞑想・マインドフルネスはいろいろな分野の
成功者、偉人が行っていたことです。
どうして、すごい人はみな
瞑想・マインドフルネスをやっていたのでしょうか?

いろいろな瞑想・マインドフルネスの
メリットが理解できれば
納得がいくし、何より効果、メリットを
知って、瞑想を行うと効果が増えます。

瞑想・マインドフルネスに興味がある方、始めようという方
半信半疑の方も参考にしていただければ幸いです。

こちらの記事では、瞑想・マインドフルネスの
メリットとデメリットを紹介しているので
詳しいやり方は、紹介していません。

・瞑想・マインドフルネスのやり方は、こちらの記事に詳しく書いています。


1 瞑想・マインドフルネスの7つのメリット
2 瞑想・マインドフルネスの3つのデメリット
3 
私が瞑想・マインドフルネスを通して変わったこと


1.「瞑想・マインドフルネス」のメリット
遠くを見つめる子猫

瞑想・マインドフルネスのメリット

・頭がすっきりする。 
・自分の考えを客観的に観察できて優しくなる
・集中力がつく 
・いつでもできるので暇つぶしになる。 
・目を閉じてやると目の疲れが取れる。
・感覚が鋭くなる。
・物事の見方、景色の見方が変わる
・リラックス、ストレス解消


瞑想マインドフルネスのメリットを7つ紹介しましたが
これは、ほんの一部にすぎません。
この7つのメリットがもたらす効果が
さらに多くあるので
細かく説明すると、100個以上あるかもしれません。

瞑想・マインドフルネス
メリットが、さらなるメリットを生む
と言えるかもしれません。

そして、人の生活習慣、仕事
趣味は人の数だけあるからです。
それぞれの生活の中で
役に立つと実感することがあります。

瞑想・マインドフルネスをやることで
得られるメリットは
人それぞれなので、あなたが新たに
感じるメリットも多くあると思います。

・瞑想・マインドフルネスをすると頭がスッキリする。
わら白いビーグル犬

瞑想・マインドフルネスをするメリットの一つは
余計なこと(思考・考え)を
考えなくて済むので頭がすっきりします。

多くの人は、1日24時間のなかで
様々な事を考えています。
人の一日の思考は10000回と言われています。

過去の事、大切な事、未来の事
どうでもいいこと、感じたこと
必要な事仕事家族趣味など

数え上げれば、きりがありません。

この中で、本当に必要な思考・考え
ごくわずかです。
それなのに、人は、自動的に思考、考えが
勝手に浮かんできて、それに対して
感情が生まれたり、捕らわれたりします。


人は何かを考えた時 (思考・考え)
↓ 

その思考に対して、感情が生まれます。
(心理療法の一つ「認知行動療法」の
自動思考というものです。)

瞑想は、うつ病や、精神的な疾患を治す
心理療法の認知行動療法でも
メリットが多く、効果がある
勧められている方法です。


瞑想・マインドフルネスをして、思考をコントロールし
なるべく何も考えない
何かに集中する、ことで感情が発生しません。

そして
「落ち着き」
余計なことを考えなくて済むので
すっきり」するメリットがあります。

考えること、悩みがたくさんあると
考えるだけでも疲れてしまいますよね。

例えば、過去の失敗、嫌な事
未来の対する不安など

瞑想・マインドフルネスをすると、思考、考えの制御ができ
余計な事を考えなくてすむので
疲れなくなり、真逆の
リラックス、癒しのメリットがあります。

様々な思考の発生を意識、把握できると
必要のないこと、落ち込む事、不安な事を
考えた時に、それに気が付くことができます

その時に、瞑想・マインドフルネスをすると
負の感情が生まれないので
マイナスの感情を抱きにくくなります。

このような、思考のコントロール
感情のコントロールは

・うつの予防 ・ネガティブな感情の制御
目的の達成 ・努力するためのサポート
・プラスの感情だけを維持できる
不眠症の改善

などにもつながります。

・瞑想・マインドフルネスのリラックス・ストレス解消効果

笑う白い犬

心と体の力を抜きリラックスする事は
ても大切なことです。

・現在の緊張、悩みが多いストレス社会

現代の多くの人が、仕事、劣等感
他人と自分との比較、未来への不安
などなどに捕らわれて心が緊張している状態です。

先程も紹介しましたが
考える事、やることが多ければ多いほど
本当に疲れ果ててしまいますよね。

そんな状態は精神的な病を引き起こし
次第に、食生活、生活習慣の悪化
やる気がなくなり、運動量がへることにより
内臓、体の病気にも発展していきます。

多くの人が、精神的な悩みから解放されるために
・過食 ・飲酒 ・薬 など間違った方向での
解決を目指しますが、効果は一時的です。
これらも、精神、体の健康を損なう理由の一つです。

体に力が入りすぎると、デメリットが増えます。
・肩に力を入れすぎる事での肩こり
・体の使い過ぎによる、腱鞘炎
・目の使い過ぎによる眼精疲労

悩み、問題を一時的にでも忘れ
正しい方法で、心と体の健康を考える必要があります。

・心と体の力を抜く、リラックスした状態
リラックスする猫

現代の多くの人が、心と体が
緊張して、力が入っている状態です。

心がリラックスしている状態とは
どのような状態でしょうか?

・何もしなくていい
・何も考えなくていい
・何も知らなくていい
・悩み、嫌なことはすべてなくなる
・なんでも忘れていい
・好きな事を好きなだけできる

仕事も家族、過去も未来も忘れて
自分のやりたいことだけやれる
こんな状態になれたらどうなるか
目を閉じて、イメージ、想像してくれますか?


次は、体のリラックスについてです。

試しに全身に力を入れてみてくれますか?
すぐやめてもいいし、そのまま続けてもいいです。

何分その状態で耐えられるでしょうか?
力を入れ続けるのと、力を抜いた後は
どちらの方がいいでしょうか。

体に痛みがある方は、その部分が特に
緊張して、よく使い、力が入っているので
痛みを引き起こし、それが、悩みの一つになります。


心と体の力が抜けリラックスする事の
重要性に気が付いてもらえたでしょうか。
このリラックス、力が抜けた状態は
瞑想が生む、メリットの一つで
そこから

・血圧の安定 心と体の病気の予防
・疲労改善 ・長生き

などのメリットとつながっています。

・客観的な考えが身に付き優しくなる 
穏やかな笑顔の老人

瞑想・マインドフルネスのメリットとして
先程の説明とつながっていますが
思考、考えを客観的に観察できるので
自分の考えを一つだけに縛らずに
違った考え方をすることにつながります。

一つの考え方に、集中することは大切ですが
捕らわれたり、それしかできなのは
仕事、人生、人としてデメリットしかありません。
視野が狭く、自分勝手な、利己的な人になってしまいます。

しかし、瞑想・マインドフルネスをすると
自分の思考、考えを客観的に見れるので
結果的に、いろいろな考え方が
出来るようになるので、他人の考え
気持ちを理解でき、許容できるので
優しくなれるのもメリットです。

瞑想・マインドフルネスをして
リラックス力が抜けるのも
優しくなれる理由の一つです。

精神的に健康でない人は
体に力が入り、力んでいます。
理由は、仕事、家庭、様々な問題の
ストレスですがそのような状態だと
体が無意識のうちに固くなります。

心と体はつながっているので
体が硬く、力んでいると
心、精神も固くなります。

結果、怒り、不安、恐怖、嫌悪など
負の感情を抱きやすくなります。

あなたは、怒り、不安、恐怖など
負の感情抱えたいでしょうか?

逆に、優しさというものは
いい気分であり、プラスの感情です。
喜び楽しみ幸せと同じ部類になります。
人はなるべく、このような感情を抱きたいと思います。

瞑想・マインドフルネスをすると
負の感情を抱きにくくなり
プラスの感情の方が増えます

少し言いかえると、負の感情を抑制できて
プラスの感情だけを感じる時間が増え
何事にもプラスの感情を抱けるという事です。
それはすごいメリットです。

このように
・狭い価値観、思考・考え方
・負の感情

この2つから、瞑想をすることで
解放されていくので
なるべくプラスの感情を抱けるようになり
いつも感じていた世界や
物事のとらえ方、見え方がかわり
世界観が少しずつ変わっていくのもメリットです。

・瞑想・マインドフルネスをすると集中力が上がる
暗闇 瞑想する人

瞑想・マインドフルネスをすると、一つの物事や感覚
(呼吸、数、視覚、触覚など)に
集中して、他の事を考えないようにする
トレーニングなので、少しずつ
集中力が高まるメリットもあります。

集中力が高まるほど、仕事の効率化
趣味の上達などにつながります。
そして、夢、目標の達成において
集中力は不可欠なものです。

また集中力は、瞑想・マインドフルネス
大切なポイントの一つなので
瞑想・マインドフルネスをすると
集中力が鍛えられます。

集中力が、鍛えられると
瞑想・マインドフルネスが上達して
紹介しているメリットの効果が増えます。

瞑想・マインドフルネスを習慣にして
継続していくほど
瞑想・マインドフルネスがうまくなり
メリットの効果がどんどん倍増していきます。

・瞑想・マインドフルネスは自分次第でいつでもできる
自然観察

瞑想・マインドフルネスを習慣にすると
時間があればすぐできます。

それは、自分次第ですが
やればやるほど、紹介したメリットが
多く得られるようになります。

多くの人は、暇があるとスマホを見てしまう
癖があると思います。

他にも、暇だなとか、つまらない
寂しい、退屈など、ネガティブな感情が
現れることもあると思います。

その時に、瞑想・マインドフルネスを行うことで
この記事で紹介しているメリットが得られ
今、この瞬間の世界、景色、時間を
ダイレクトに感じることができます。

結果的に、以前よりも
感覚を研ぎ澄ます時間が増えるので
感覚が鋭くなり、気づき、学びが増え
感謝する機会が増えたり、喜び、幸せに
気づいたり、感じることが増えます。

・精神の他に、体にもメリットが多い

草原を歩く男性

人は、嫌なことがあると
嫌なことが浮かんできて、それに
捕らわれてしまいます。

すると、姿勢が悪くなり
呼吸が浅くなり、体に余分な力が入り
疲れ果ててしまいます。
積み重ねると、首、肩、体の凝り
慢性的な痛みにも発展していきます。

瞑想・マインドフルネスをして
呼吸とリラックスを
意識することで、悪い積み重ねを
消していくことができます。

また、人は目を頻繁に酷使するので
目が疲れてしまいます。
目の筋肉と、首、肩はつながっているので
目の疲れが、首、肩の凝りにつながります。

空いた時間、ふとした時に
空や、遠くを見る瞑想をしたり
目を閉じて瞑想・マインドフルネスをする
癖をつけると、目の疲れをとることができ
体の疲労を減らすメリットもあります。


2 瞑想・マインドフルネスのデメリット3つ

顔を隠し落ち込む人

・瞑想・マインドフルネスは最初はうまくできない
・自分に合った瞑想・マインドフルネスのやり方でないと
 感覚をつかむのが遅くなる可能性がある
・深い悩み、心の傷があると悪影響が出る

この3つは瞑想・マインドフルネスにとって
デメリットといえることです。

・瞑想・マインドフルネスのデメリット最初はうまくできない
姿勢の悪いミーアキャット

瞑想・マインドフルネスのデメリットは
色々な分野、ジャンルの何事にも言えることですが
最初はうまくできないという事です。

瞑想・マインドフルネスのメリットを
たくさん紹介しましたが
瞑想・マインドフルネスのメリットは
得られる段階があります。

・すぐに効果を実感できるもの
・続けていくうちに得られるもの
・得られたメリットから、さらにメリットが生まれる

スポーツや、音楽などあらゆる分野
趣味などと一緒だと考えてもらえるといいです。

あなたは、趣味、特技はありますか?

スポーツを例にすると
最初から、うまくできるわけではないですよね。
少しずつ、何かに気づいたり、学んだり
そこから、何かを得ていくと思います。

スポーツなら、うまい下手に関わらず
運動になり、汗をかくことで
生活習慣の改善、やる気の増加
よく眠れる、知り合いが増えるなど
メリットがあると思います。

スポーツがうまくなるごとに
・自信 ・経験 ・知識
などが得られます。

そして、スポーツを上達するために
筋トレをしたり、知識、ルールを学んだり
その他の行動につながります

その他の行動からは、また新しく
学べたり、気づくことでメリットは
相乗効果で増えていきます。

瞑想・マインドフルネス
あなたの出来る趣味、特技、仕事と一緒です。
あなたができること
少し思い出してみてくれますか?

一定の期間、少しずつ
 取り組みコツをつかむ必要があります。
何事も、効果は少しずつ増えていきます。

それは、デメリットといえるかもしれません。
何事も、すぐに簡単に出来ることは少ないです。

・瞑想・マインドフルネスのデメリットやり方がたくさんある

瞑想・マインドフルネスには
いろいろなやり方があります。
これは、すぐに効果を出したい人にとって
デメリットといえることです。

瞑想・マインドフルネス
学問の科目に例えてみます。

国語、理科、算数、体育、図工
いろいろな科目がありますね。
あなたは何が得意でしたか?

それぞれの科目からは
大切な学べることがそれぞれ違います

そして、好き嫌いによって
成長速度、やる気、習得の速さは変わります。

一つの方法ばかりにこだわりすぎて
それがあなたにとって、苦手な教科だった場合
効果が得られる前に
やめてしまったり、嫌になるのも
デメリットといえるかもしれません。

瞑想・マインドフルネス
意味ない、効果がないという人は
このパターンが当てはまりますl。

自分に合った瞑想・マインドフルネス
やり方のヒントは
・自分が得意な感覚(五感)
・自分の趣味、仕事、嗜好
・生活、環境

などににおいて変わります。
詳しい方法は
自分の得意な感覚(5感)を調べる方法はこちらの記事に書いてあります。


・深い悩み、問題を抱えて、心の傷があると悪影響を及ぼすこともある

そして最後のデメリットは

・あまりにも深い心の傷がある方
・深い悩み、問題がある

この条件に当てはまる方は
瞑想をすることで、悪影響が出る
可能性が高いです。

瞑想・マインドフルネス
メリットの多いものですが
瞑想・マインドフルネスをすると
初心者の最初のうちは
瞑想に・マインドフルネス集中できません。

最初のほうで、記事に書いたとおりに
瞑想・マインドフルネスの途中で
様々な思考が浮かんでくるからです。

人は、1日24時間で1万回以上の
思考、考えが浮かんできます。

健康な人、元気な人、普通の人は
思考、考えの割合が

・ポジティブなこと
・ネガティブな事
・どうでもいいこと

この3つが平均的、あるいは
ポジティブな事、どうでもいいことが
多い状態です。

しかし、悩み、問題を抱えている方
あまりにも、深い心の傷がある人は

主に、悩み、問題、過去の傷、未来絵の不安など
ネガティブな思考、考えが押し寄せてきます。

深い悩みがあると、
そのような「出来事」「思考」が
うかんでくるかもしれないからです。


瞑想・マインドフルネスをして何かに集中する
数字、呼吸、リラックスに意識を
集中することが目的であるのに

プラスでない事ばかり
考えてしまう事態に陥り
悩み、問題、心の傷に捕らわれてしまいます。

それでは、瞑想・マインドフルネス
メリットを受けられない
どころか、精神のトレーニングではなく
自分の心の傷、悩みに
さらにとらわれてしまいデメリットになります。

そのようなことから
・深い悩み、問題
該当する人はやめておいたほうがいいです。

しかし、しっかりとした
瞑想・マインドフルネス
理解した人
に指導を受けるか
このブログに質問していただけましたら
何か力になれることがあるかもしれません。

そのような方は、お問い合わせから
連絡をしていただけたらうれしいです。

・瞑想・マインドフルネスができなくなった時期

私は、習慣的に瞑想・マインドフルネスをして
思考のコントロール仕組みを理解していましたが
前の仕事で、ストレス、悩み、問題に
捕らわれていた時は、瞑想をしても
「仕事の事」「自分の失敗体験」
「未来への不安」「罵声」など
ネガティブなことが浮かんできて
瞑想に集中できなくなりました。

それどころか、日常においても
嫌な思考、考えが浮かんできて
笑顔がなくなり、憂鬱な毎日を過ごしていました。

その時に使った
瞑想・マインドフルネスと似たような効果で
思考、考えのコントロールにお勧めなのは
痛みを使うやり方です。

この方法なら、心に傷を負った方や
深い悩みを抱えている方でも
一時的に「痛み」を使うことで思考を
コントロールしやすいです。

悩み、問題を抱えている方が良く行う行動は
「リストカット」「自傷行為」ですが
このやり方は、悩み、問題をさらに
深刻にしていきデメリットしかありません。

しかし
健康にいい行動の「痛み」であれば
激痛で、思考のコントロールを学ぶことができます。

興味があったら、こちらの記事に詳しく痛みを使った思考のコントロールを紹介しているので読んでみてください。

・瞑想の危険性は、こちらの記事に詳しく書いているので気になる方は見てみてください。


 私が瞑想・マインドフルネスを習慣にして感じた効果

空を舞う鷹

瞑想・マインドフルネスのメリット、デメリットを
紹介しましたが、私の生活において
どのように「瞑想」が役立ったか
紹介していきたいと思います。


・精神的に、安定するようになった。

・仕事で忙しいときなど
イライラしていたのが
抑えられるようになった。

・人生の決断をすることができた。

瞑想・マインドフルネスをすることで
負の感情を完璧に抑え込み
完全に怒りが、消えるわけではありません。

しかし
瞑想をすることで
客観的に自分の考え、思考を
意識でいたり

余計な考えが浮かばないので
落ち着き、負の感情が
大きくなるのを抑えられます。

・瞑想・マインドフルネスが人生の決断に大きく関わった
手を広げる 男性 

私は、心理療法や、インディアンの哲学から
瞑想・マインドフルネスのやり方を
学んでいきましたが
瞑想・マインドフルネス
大切なことに気が付くための
重要な手段の一つです。

私は、消防職員の仕事をしていましたが
自分に合わなくて、ずっと悩んでいました。

確かに安定、安心、給料も悪くないという
メリットもありましたが
それと引き換えに、自信、未来への希望
生きがい、生きる意味を失っていました。

休みの日も、お金はあるけど
ほしい物はない、やる気もでず
嫌な気分を紛らわすために
多量飲酒、それが不眠につながるなど
負の連鎖が止まりませんでした。

しかし、瞑想・マインドフルネス
関連した心理療法インディアンの教え、哲学
勉強し、いろいろな習慣を始めて
私にとって「本当に大切なこと」に気が付き
安定した仕事を辞める決心がつきました。

仕事を辞めると、決めてからは
悩みが少しずつ、減り
いろいろと人生観が変わっていきました。

私にとっての一番重要な事は
「目的」「やりがい」を持つことでした。

それからは
お酒を辞める方法で禁酒に成功
不眠の克服
良い習慣をもっと意識する

など変化が生まれ
仕事を辞めてからは、すべてが変わりました。
私の悩みの根源は、仕事だったからです。

それに気づいてからは
瞑想・マインドフルネスの効果が増していき
学び・気づきがどんどん増えていき
当たり前なことが幸せであることにも気がつき
自然などがとても綺麗に見えるようになりました。
山と青空と雲

私は、暇なときにスマホ、
ゲームをやるのではなく
「瞑想」・マインドフルネスをするようにしています。
 スマホをいじる人

スマホ、ゲームはとても便利で
楽しい暇つぶしには最適です。

しかし、スマホ、ゲームばかり
やることで
本当に大切なこと
見逃してしまうことがあります。
それは、生きているうえでデメリットになります。


私は、近所の公園、自然が豊かな事
または、旅行の時に
素晴らしい景色が見える場所に行くと
ベンチや、自然の石、木などに腰掛け
そこで景色を見ながら「瞑想」・マインドフルネスをします。

自然豊かな風景

長い時間その素晴らしい景色を見ていると
時間の経過とともに
いろいろなものを観察することができます。

運がよければ、動物にも会えます。
空を舞う鷹

最初は気がつかなかった
綺麗な花に気が付いたり、
草原に咲く黄色い小さな花

何よりそのような綺麗な景色の場所で
瞑想をすることで
いつも以上に心が癒されます

しかし
いろいろな観光地や、自然豊かな場所で
私が景色を見ていると

多くの人が
スマホで、写真をとって
周りを少し見まわして
1分くらいで帰ってしまいます。

スマホの画面を通して景色をみて
そのまま帰ってしまう人もいました。
カメラのディスプレイ

 

 

 

 

 

自然の楽しみ方、観光の仕方は
人それぞれなので
それが悪いわけではないですが
本当に綺麗なものを
ジックリとみないと
もったいない気がしました。

ゆっくりと、瞑想をしながら
景色を見ていると、空を舞う猛禽類や
近くにいる、たくさんの昆虫
小鳥、動物の痕跡などおもしろい
たくさんの事が分かります。

しかし、時間に追われ、短時間で
帰ってしまう方々は
何にも気が付いていません。

スマホで、景色をとって後で見返すのは
とてもいい思い出になりいいです。

それとは別に自分の目で
綺麗な景色を目にやきつけると
もっといい思い出になるとおもいます

瞑想・マインドフルネスに取り組む人も
興味がない人も
スマホ、ゲームなど
いつも何気なくしている行動
時間を別のことに使うことで
(瞑想や、周りを見たり)

何かが変わるかもしれません。

私自身が、以前はスマホばかり
やってたのに偉そうなことを
言って申し訳ありませんが

私が、スマホ、ゲームをする
習慣を辞めたら、いろいろと
メリットが多かったので
気が向いたら思い出してください。

・瞑想のやり方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

瞑想と合わせて、学ぶと「深い気づき」「学び」が得られる、「インディアンの習慣・哲学」についてはこちらを読んでください。

 

手を振るクマのぬいぐるみ

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。
もし興味を持っていただけたなら、読んでくれると嬉しいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったら見てください。質問、感想、どんなことでも聞いてくれると嬉しいです。 よろしくお願いします(^^)

 

ほかにも、あなたの
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?

 


コメントを残す