メンタリズムを本で勉強する場合、おすすめな2冊の書籍を紹介!


 

 

笑う白い犬
こんにちは、ふるたけです! 
この度は私のブログ
「シロクマ健康法」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、人の心を読むメンタリストが使う
「メンタリズム」を本で学ぶ場合
おすすめな2冊の本を紹介します。

また、私が「メンタリズム」に
興味をもったきっかけ
なども書いてあります。


目次

1 メンタリズムを本で勉強するなら、この2冊の本がおすすめ
2 私がメンタリズムを学び始めたきっかけ
3 実在する、パトリックジェーン
 トム・ブラウン・ジュニア先生

1 メンタリズムを本で勉強するならこの2冊の本がおすすめ

メンタリズムを学ぶには
こちらの2冊の本がお勧めです。

まずは、「メンタリズムの罠」

この本は、イギリスのメンタリスト、
「ダレン・ブラウンさん」が執筆したものです。

そして、翻訳者は
日本のメンタリスト、「DaiGoさん」です。

メンタリズムを、構成する
手品、催眠、記憶術、非言語コミュニケーション
(言葉以外のコミュニケーション)、
などに分けて、解説しています。

メンタリズムの罠の感想はこちらを読んでください。


こちらの本も、お勧めです。

「心を操る超プロ メンタリストになる!」

この本は、
サイモン・ウィンスロップさんという
海外のメンタリストが書いた本です。

翻訳者は、メンタリズムの罠と同じく
「DaiGoさん」です。

集中力、直観力の鍛え方、
記憶術、五感を使った観察力、
催眠、コールドリーディングなどを
紹介しています。

メンタリズムの罠と同じような
内容が含まれますが、
ダレンブラウンさんとは別の視点から、
メンタリズムについて、知ることができます。

そして、海外ドラマの「メンタリスト」が
例として、出てくるので、
海外ドラマ「メンタリスト」から
興味を持った人には、こちらの本がお勧めです。

「メンタリストになる!」の感想はこちらを読んでください。

あと他には、日本のメンタリストである
「DaiGoさん」の本がお勧めだと思います。

メンタリズムについて、長年勉強されていて、
日本人として、わかりやすく
紹介していると思うからです。

「DaiGoさん」の本も読み終わったら、
紹介していきたいと思います。


2 私が、メンタリズムを勉強し始めたきっかけ

私が、メンタリズムに興味を
持ったきっかけは、
ネイティブアメリカンの哲学を
勉強しているときでした。


そして、トムブラウン先生の本を
読んだことがきっかけとなります。

tom brown’s field guid」という
自然観察の教科書の中に
Tracking Attitudes」という項目がありました。

その中に、「be a detective
「探偵になれ」という部分がありました。

その部分には、自然観察の能力を高め
野生動物に会えるようになるには

どんな物事に対しても、
興味を持ち、観察して
どんなことに対しても

「シャーロック・ホームズ」のように
「観察」して

その情報から様々なことを
「推理」することが
大切だと書かれていました。

それから、シャーロックホームズに関する本や、
それに関連している、
海外ドラマ「メンタリスト」に興味を持ちました。

 

そして、どちらも少しづつ勉強していく
過程で気が付いたことは

メンタリストは
主に「人、物」を観察する。

トラッカー
主に「自然」を観察するということでした。

どちらも、観察に関しては、一流です。

考え方や、技術は、似ていることが多く
必要な能力はどちらも同じで
あとは「目的」がなんであるか
だとおもいました。

そして、どちらの教科書にも、
観察力」「想像力」など
大切なことが
多くの割合共通しており
むしろほとんど
同じだといっていいかもしれません。

私が行っている、ゴミ拾いでの観察力と想像力の鍛え方はこちらを読んでください。

日常生活でいつでもできる、想像力の鍛え方はこちらを読んでください。

説明の仕方や、具体例、練習方法は、
それぞれ違いはありましたが、
本当に伝えたいことは
どちらも一緒だと思いました。

メンタリストに必要な練習方法は
いろいろありますが

私が行っている、体に良い習慣です。
こちらを参考にしてみてください。

私が行っている、良い習慣は
メンタリストになるための本
トム・ブラウン先生の自然観察の本
どちらにも共通して
やったほうがいいと紹介されているものです。


 


3 ドラマ「メンタリスト」のパトリック・ジェーンのような人物トム・ブラウン・ジュニア

そして、最後に紹介したいのは、
トム・ブラウン・ジュニア先生についてです。

海外ドラマ メンタリスト主人公、
「パトリック・ジェーン」は、
メンタリズムの技術である、心理学、観察力、
様々な技術を駆使して、犯罪を解決していきます。

とても、勉強になるドラマです。
しかし、これは、ドラマであり、
現実ではありません。


しかし、実際にメンタリズムと共通している
技術を用いて、犯罪を解決している人物がいます。

トム・ブラウン・ジュニア先生は
メンタリズムと共通点の多い
「観察力」「洞察力」「想像力」を
駆使したテクニックである
ネイティブアメリカンの技術
「トラッキング」の技術を用いて、
FBIや警察発見できなかった
数百人の
行方不明者探し出しています。

まさに、実在する「パトリック・ジェーン」のような人物なのです。

現在、認知されているメンタリストは、
「ショー」や「娯楽」「コミュニケーション術」といった使い方です。

しかし、海外ドラマ「メンタリスト」の
フィクションの世界のような
すごい技術を用いて
実際に犯罪を解決している人物が
トム・ブラウン・ジュニアという人物なのです。

トム・ブラウン先生については、こちらをよんでください。

ネイティブアメリカンの哲学については、こちらをよんでください。

手を振るクマのぬいぐるみ
ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらツイートを見てください。また、コメント相談、質問など気軽にしてくれたら、うれしいです。あなたからの連絡をお待ちしています。(^^)

ほかにも、みなさん
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です