癒しの方法は「自然の中」に溢れてる?人を元気づける心理療法との共通点


笑う黒いラブラドール
こんにちは、ふるたけです! 

この度は、私のブログ
「シロクマ健康法」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、人の心と体を癒してくれる
自然についていろいろと書いていきます。

癒しの方法の多くは自然の中にあります。
人を元気づける心理療法の考え方や
技術も「自然」との共通点が多いです。。

今回紹介する、共通点を知ることで
自分や大切な人を癒す方法を学ぶきっかけになります。
 


目次

1 癒しの方法は自然の中に溢れてる?心理療法との共通点

2 身近にある自然観察


1 癒しの方法は自然の中に溢れてる?「心理療法」との共通点
自然滝

心理療法には、傷ついた心を癒す
いろいろな知識、技術があります。

そして、「自然」も同様に
人の心を癒してくれる存在です。

心理療法と、自然深くかかわりあっています

自然の一部である、観葉植物
庭にある木々は、触ったりじっと見ていると
心を癒してくれる存在です。

21世紀の森と広場の川

そして、植物や、木々の緑色の効果は、
人の心を落ち着かせ、
癒しの効果を与えます。

ヒーリングミュージック
(癒しの音楽)は
自然の音、波の音、川、雨、鳥の声、など
自然の音を編集したものが多いです。

アロマセラピーなども
自然の植物、鼻などの
生き物の力を用いて
香を使う、癒しの方法です。


2018 5月24日追記

人を癒す自然に生えている植物
(ヒノキやまつなど)からは
「フィトンチッド」という

人を癒す化学物質が出ています。

これを吸うことで、リラックス効果が
あるという研究がされていいます。

フィトンチッドについてはwikipediaを読んでみてください。

また、自然の中で発生する
木々のこすれる音などの

CDに録音することができない
高い音域の(2万Hz)以上の高温は
人の心をリラックスさせ、癒す効果があります。

音楽で、CDや動画で
自然の音を聞いても効果はありますが

実際に自然(森、林など)で
発生している音は、人間の耳には
聞こえない音域ですが
人の心理にもっと良い影響を与えます。



このように、癒しの技術や方法は
いろいろとありますが

共通していることは
「自然」人の心を癒してくれる
存在だということです。

そして、「人を癒す自然」を
深く知り、学ぶことや
自然を観察する方法を知ることで

もっと自然からの
リラックス、癒し、学びの
恩恵を受けられるようになり
自然の奥深さがわかるようになります。

あなたは、何か趣味はお持ちですか?

もし、何か趣味をお持ちなら
最初にその趣味始めた最初の頃と比べ

少しずつ、歴史や、ルール、
いろいろな知識が身についた後では
その趣味から得られる、学べることが
深くなり、どんどん面白くなることが理解できると思います。

それは、自然観察においても一緒です。
私たちが、見ている自然の姿は、
本当に表面的なものです。

そして、自然観察の方法をしることで、
今まで自然を見ていた時より、
もっと深い癒し、学び、気づきが得られます。
さくら

4月は、さくらがきれいな季節ですが、
それも、
自然の一部である
さくらの花を見に行く行為です。
紅葉

紅葉の時期も、色とりどりの葉が
綺麗で、癒されますね

自然観察の考え方、知識・技術が
上達する
時期に関わらず、
どんな時も、さくらや、紅葉を見るような、
感動を、味わうことができます。


私が、尊敬する心理療法の先生
催眠療法のミルトン・エリクソン先生も、
いろいろな書籍の中で
自然とのかかわり・重要性を説いています。

心理療法の権威ミルトン・エリクソン先生の本「レジリエンスを育てる」の、自己治癒力を高める6つの原則の紹介はこちらの記事を読んでください。

そして、人を癒す自然の中で暮らしていた、
ネイティブアメリカンの哲学は
癒しの知恵、技術の宝庫です。

ネイティブアメリカンの生活は
決して便利ではないし、裕福では
ありませんでした。

しかし、癒しの存在である
自然に囲まれて生活していたので、
毎日が癒しを得られる時間に満ちて
幸せに暮らしていたことは、間違いありません。

現代は、便利で不自由のない世の中であるのに
悩み、問題は増すばかりで
生きる希望を失い、自ら命を
投げ出してしまう方もいます。

そのような事から
便利、裕福と、幸せは関係がないことが分かります。


私は、ほかの記事でも心理療法と、
ネイティブアメリカンの哲学が
共通しているので、よく紹介します。

それは、自分を癒し、元気になる方法は、
身近にある、自然の力を借りるのが、
とても良いと知ったからです。

そして、心と体の健康になる方法は
誰にでも、すぐに始められる
「自然観察」の中にあります。


私は、自然の力を借りることで
どんな人でも、癒し、リラックス
得られることを伝えたい理由からも
このブログを更新して、記事を書いています。


2 自然を通して心と体にいい「心理療法」の「効果」を得る方法
遠くを見つめるミーアキャット

何も考えず
深く深呼吸をしながら
息をはくときに
体の力を抜き
リラックスすることを意識しながら

自然をただじっと見るだけでも
癒しの方法になります。

そして
自然を、観察する目的や
癒しの方法を使うために
わざわざ山や、自然の豊かな場所に
毎日行く必要はありません。

私は、以前、自然の事を学ぶために、
わざわざ、2時間以上かけて山に行っていました。

しかし、ネイティブアメリカンの哲学を
学ぶうちに、自分の住んでいる地域にも
自然があふれていることに気が付きました。
(癒しの存在である「自然」)どこにでもある)

それは、私の頭が固かったのが、原因です。

家の中で、ともに暮らす、観葉植物
家の中から見える、木々、花、鳥

近くにある木々の生えた公園
少し、外出してそれらの
自然を見るだけでも、
自然は学べるし、
多くの癒し、元気をくれます。

こんな言葉があります。
山を見つめる子供

たとえ平凡で小さなことでも

それを自分なりに
 深く噛みしめ味わえば

 大きな体験に匹敵する。

 松下幸之助


淡いオレンジのバラ
我々は皆、水平線のかなたに
    魔法の庭園を夢見る

それが人類にとっての

  最大の悲劇かもしれない。

たった今、すぐ外にあるバラを
  楽しむ事だってできるのに。

  アンドリュー・カーネギー
       (実業家)


自分の考え方を変えれば、
どこにいても、自分を癒してくれる
自然が近くにあることが分かります。

そして、そんな、
自分を癒してくれる
植物や、自然、動物を

大切な人と同じくらい
愛情を注ぎ、きづかえるような
考え方ができれば

その分だけ、自然も
癒し驚き楽しみなどの
お返しを与えてくれます。

そのような、たくさんのメリットを
与えてくれる自然を満喫する方法は
すぐ外にある「自然観察」から始まります。

気軽にできる自然観察の方法・上達した場合に出来ることはこちらを読んでみてください。

自然と調和して、生きていたネイティブアメリカンの哲学・習慣はこちらの記事でまとめています。興味を持っていただけたなら、読んでみてください。

・自然を満喫する視覚の使い方

・自然と調和する歩き方

・自然を楽しむ聴覚の使い方

・自然を楽しむ方法と道具

手を振るクマのぬいぐるみ

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

ほかにも、みなさん
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です