4日間の水だけ断食の効果!贅沢をすると難易度がきつくなる?


寝起きの猫
こんにちは、ふるたけです! 

この度は、私のブログ
「シロクマ健康法」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、私が月に一回、自宅で
恒例行事として行っている
「断食体験」の4回目の報告です。

習慣的に、精神を鍛える目的で
「4日間の水だけ断食」をして
今回感じた効果や、感想、気づいたことを紹介します。


 目次

1 4日間の水だけ断食の効果は?贅沢をすると断食の反動が大きい
2 マイナス思考になる
3 ひらめきが少ない
4 5日目の朝に起きた体験


1 4日間の水だけ断食の効果は?贅沢をしたら反動が大きい
バーベキューセット

私は、今回断食を始める前
5月上旬は地元青森県十和田市に帰省した際に
家族から、たくさんのご馳走を用意してもらい

十和田市名物の馬肉の刺身

馬刺し

B1グルメで有名なバラ焼き
バラ焼き


焼き肉などをご馳走になり
普段は飲まないお酒もいただきました。

毎日が、パーティーではありませんが、
私が、いつも食べている食事と比べると、
朝、昼、夜すべてが豪華に思え、
とてもうれしかったし、おいしかったです

断食を習慣にして
いろなことを勉強するようになり
自分に厳しく質素に生活するようになりました。

すると
いままで当たり前であった実家の食事
とても素晴らしい「ご馳走」にな感じました。

食事のありがたみに気がつき
質素に暮らすようになると
少しの変化でも、幸せを感じ
感動できるので、断食で得られる
いい効果だと感じました。

その反面
4日間の断食を始めてからは
いつもより食べ過ぎているせいか
少し体が重く、いつもとは違った感覚になりました。

いろいろな要因はありますが、
「過食すぎることも
体調不良の原因の一つなのかな」と思いました。

現代では、1日3食食べることが
「常識」のようになっています。

しかし、それらの根拠は
どうなんでしょうか?

現代の生活には
いろいろな常識がありますが
いろいろと調べて、体験してみると
実は違うこと、間違っているのでは?
ということも多々あります。

一日三食もその一つなのかなと思いました。

その「贅沢」「過食」効果もあってか
今回の断食の最中は、おなかがすき
いつもの4日間の断食とは違う
だるい感覚が多かったです。


 断食をするとマイナス思考になる?
落ち込む女性

今回の断食では
いつもと比べて
すごくマイナス思考になりました。

いま私が好きで勝手に「修行」を兼ねて
やっている「断食」に対して
「断食に意味があるのだろうか?」と考えたり

好きで書いてる「ブログ」に対して、
「こんなことやっても意味がない」
「誰も読んでくれない」
将来について、不安になったりしました。

いつもは自分自身に
心理療法のテクニック
このブログで紹介している
「心と体にいい」知識、技術の効果を活用して
すべてに対して、楽観的に考え前向きに
「今、この瞬間」を生きるようにしています。

しかし、今回の4日間の断食中は
過ぎてしまった「過去」
先の分からない「未来」に対して
ポジティブでなく、ネガティブに考え、
その「思考」「感情」に浸っていました。

このような気分になったのは、
久しぶりだったので
珍しい体験でした。

このネガティブな原因は
実家から帰省したことや
運動不足の悪い効果が影響していたのも
原因だったかもしれません。

最終日はストレッチ
セルフマッサージをしたらよくなりました。

また、毎月やっている「断食」の最終日は
明日ご飯が食べれる喜びで
気分が良くなるので、その効果もあると思います。

毎日をいつもより前向きに、ポジティブに生きるための自分でできる「心理療法」はこちらの記事を読んでください。

自分で自分を癒してあげる、心と体にいいセルフマッサージについては、こちらの記事で紹介しています。

 


3 同じ内容の断食は健康に効果的だけど、ひらめきが少ない
神秘的な男性

4日間の断食を習慣にして
今回で、4回目となりますが
本を読んだり、何かを勉強して
考えるようにしないと

何かを閃いたり
2目回の断食のような気づき
学びが少ないと思いました。

そして、毎月
4日間の断食を行っていますが
毎回同じような内容だと
変化がなく、マンネリになってきた気もします。

次は、食物繊維の豊富な野菜だけ
腸にいい野菜だけで1週間過ごしたり
青汁だけや、酵素ジュースを飲むなど
違った変化を取り入れて
過ごしてみたいと思います。


 

 断食開始5日目の朝に起きた体験
朝日

4日間の断食が終わり
5日目の朝4時頃に目が覚め
「鳥の声」を聴いていました。

いつも、4時ごろになると、屋外にいる
「鳥」たちが、活動を始めて、
いろいろ種類の鳥たちが種類ごとに
「違っためざまし声」で起こしてくれます。

鳥たちの鳴き声を意識している理由は、こちらの記事で紹介しています。

いつもは、鳥の鳴き声を聞きながら
ウトウトとして、1時間か2時間ほどして
目を覚ますようにしています。

しかし、今回は特徴的な
初めて聞く「鳥の声」で目を覚ましました。

朝起きて、すぐになぜか
その初めて聞く「鳥の鳴き声」に
興味を持ち、実際に見てみたいと
思うようになりました。

私は、インディアンの哲学を勉強しており
自然観察についても勉強しています。

私のインディアンの哲学の先生ともいえる
トム・ブラウン・ジュニア」先生の本に
何かの音がしたら、その音を
自分の目で確かめることで
「聴覚を鍛える効果」があると書いてありました。

また以前も、急に朝目覚めて思い立ったことを
「実行して」そこから
「学び」「気づき」があったことがありました。

朝の「あるきっかけ」から、初めてゴミ拾いをしてみて、学んだこと、気づいたことは、こちらの記事を読んでみてください。

以前の体験を思い出し
目が覚めてすぐに
その鳥の正体を突き止めに
デジカメと、双眼鏡をもって外に出かけました。

その初めて聞く「鳥の声」の方角に
耳を澄ませ、その方向を目指して歩いていきました。
森林に差し込む光
すると、木がたくさん生えている場所に
たどり着き、その「鳥の声」が
どの木から聞こえてくるのか
突き止めることができました。

姿は見えなく、声だけが聞こえてきます。

しばらくその木を見ていると、
「鳥の鳴き声」の正体が私から
見える位置に飛んできました。

眼では詳しく見れない少し遠い電柱の上に
「その鳥」が止まったので
双眼鏡で見てみました。

カラスのように真っ黒ですが、
小柄な細い鳥でした。

その鳥に近づくために、
ゆっくりと、驚かさないように
静かに歩いていきました。

しかし、「その鳥」は、
スズメが近くを通り「チョン」と
警戒の音を立てたことに
驚き飛んで行ってしまいました。

「その鳥」は飛んで行ってしまいましたが、
近くの木が乱立しているところからは、
いろいろな「鳥の声」がしていたので、
その場所のもっと近くに寄ってみることにしました。

私が、いた場所からはその木がたくさん生えている
場所には、近づけなかったので、その区画を一周してみます。

すると、その木が乱立している場所は「お寺」でした。
林とお寺の階段

以前にも同じような体験をしましたが、
今回は入れなかったら、帰ろうと思いました。

しかし入れたので、進んでいきます。
たくさんの墓石と仏像、本堂が見えました。
仏像

入り口で、立っていると、
一匹の鳥が私の頭上近くを
飛んでいきました。

「ここなら、いろいろな鳥の観察ができるな」と
思いながら、お寺を散歩してみることにしました。

今回、何かの「縁」があって
本来なら来ないお寺に来る
ということは、何かの
「きっかけ」だと思えます。

お墓のいろいろな違いを観察しました。

綺麗に掃除され、花が飾られているお墓
何も飾られていないお墓
枯れた花が刺さっているお墓など、
お墓の状態からも、いろいろなことが
分かるのだと勉強になりました。

散歩しているうちに
一つだけ気になるお墓がありました。

そのお墓は、
枯れた花が飾られており、
なぜかお墓の前に「お寺用のバケツ」があり
水桶

お寺用のバケツ中に、汚れた緑色の水
枯れた花が入っていました。

それをみて、少し汚いなと思い
お寺の散歩を続けました。

散歩を続けるうちに、
なにか意味があってこの「お寺」に
来たのだと思い返し、適当にゴミ拾いを始めました。

お寺は、結構お供え物のゴミが多く
飴の包み紙、お菓子の包み紙などが落ちていました。

それらのごみを拾っているうちに
先程一つだけ気になった
汚れたお墓の前を通りました。

その時、なんとなく、
「このお墓を掃除しなければならないな」と思いました。

普段なら、人様のお墓に触れるという
このような奇怪な行動はあまりしませんが、
何かの「縁」だと思い
掃除することにしました。

一度手を合わせて、
そのお墓の方に挨拶をしてから、
お墓に飾られてある、しおれたお花を
お寺にあるいらない花置き場に持っていき
片付け、お寺用のバケツも洗いました。

お寺用のバケツの水は、
緑色になり、もが生えて悪臭を
放っていたので、
しばらくの間放置されていたことが分かります。

掃除していると、すぐ近くに
カラスがきて、こちらをじっと見ていました。
私が、掃除をしてもずっと
その場所から動かずにこちらを見ていました。

カラスは、何かお供え物があるかと
期待していたのかもしれません。

お墓に来ると、カラスを近場で
観察できると気が付きました。

続いて、お寺の桶を、
お寺の共有の洗い場で洗い、
ついでに、スポンジも借りて、
桶の外側、内側共に磨きました。

お寺の桶置き場に、
先程洗った桶を片付けようとしたら、
その桶には「名前が書いてあり」
お墓の方の名前と一致していたので、
その家系の方の専用桶だということが分かりました。

なので、分かりにくくなってしまっては
いけないとおもい、磨いた桶を
お墓の前に戻しておきました。

最後に手を合わせて、その場を去りました。
今思えば、お墓に水をかけて
あげてもよかったなと思います。
次に行く機会があったら、やろうと思います。

お寺の散歩を終え、
帰ろうとしたとき木がたくさん生えてる
方向から「ガサっ」と音がしました。

正体を突き止めたかったですが、
辞めておきました。

帰ってきてから、ふとんに横になると、
外出のきっかけとなった「鳥の鳴き声」が
聞こえてきました。

しかし、鳴き方が少し変わっていたので、
どういうことなのかなと
考えて、目を閉じました。

私は、幽霊や、お化けは見たことがないので、
存在については詳しくわかりません。
(本当はいてほしいと思っています。)

しかし、ご先祖様に対しては、
感謝して、毎朝思い出して感謝するようにしています。
(ご先祖いなければ、今の私は存在しないので)

私が毎朝やっている「ありがとう・感謝」の気持ちから目覚める習慣はこちらを読んでください。

今回の行いが、いいことか悪いことか
どちらかわかりませんが、
私にとっては、いい体験になりました。

また、今度「断食」をして、今回のような
「きっかけ」「体験」に出会えたら幸いです。


ハートを持ったクマのぬいぐるみ

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

ほかにも、みなさん
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

この記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。
もし興味を持っていただけたなら、読んでくれると嬉しいです。

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です