正面を見つめる猫

人間関係が難しいならリセットしませんか?改善方法の紹介


笑う茶色の犬
こんにちは、ふるたけです! 
この度は私のブログ
「シロクマ健康法」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、仕事、や様々な
めんどくさい・難しい
人間関係を少しでも
楽にできるような改善方法や
リセットする方法

人との接し方、考え方など
私の意識していることを
書いていきたいと思います。

 


目次

1 人間関係が難しいなら一度すべてリセットして、人を人として見る
2 一番近い存在、大切な人

1 人間関係が難しいなら一度すべてリセットして、人を人として見る
目のアップ

人(人間を)を指す言葉は
たくさんあります。

例えば
子ども、大人、
母親、父親、弟、兄、親戚
叔父、叔母、他人、友達
親友、上司、部下、後輩
先輩などです。

他にも、職業で人を表す
先生、公務員、医者
サラリーマン、自衛隊
消防士、警察などそれぞれあります。

先程紹介した例や
誰かを「言葉」には
それぞれイメージがあり
自分の中の先入観が出てきてしまいます。

そうすると
本当にその人の「人柄」
「本当の姿」を見る前に
自分の「言葉」「イメージ」が
先に出てしまいます。

なので、大切なことは
その人自身を見ることだと思いました。

一人の「人間」として。

職業、経歴、自分との関係
自分にとって徳がある人
お金持ちな人、などに関わらず
「一人の人間」としてみること

そうすると、親しみを感じやすくなり
その人から、学ぼうと思う
その人から気が付くこともあると思います。

逆に、職業、立場、関係だけで
つながりがあり
仕方なく関係を持っている人は、
「一人の人間」として見た時には
終わっている人もいるかもしれません。

上司、同僚、先輩、後輩いろいろと
立場があると思いますが
その立場を通して
「「一人の人として」接すると
自分の中で人の「見え方」変わります。

上司として人を見れば
自分よりも経験が豊富な
絶対に間違わない、正しい存在

先輩も同様です。

同僚、後輩
として人を見た時は
自分と対等だったり
自分の方が、立場が上のように
感じるので接しやすいと思います。

それを「一人の人間」としてみると
自分の意識、見え方が「平等」
になると思います。

上司、先輩はいい意味で
緊張せずに、対等に敬意を払える

後輩、同僚には
自分の自惚れを入れることなく
敬意をもって接することができる。

直属の上司、親、取引相手、などなど
いいか悪いか、どっちになるかは
今の環境、自分との関係にもよると思いますが。

私は、どのような人でも
「一人の人間」として
見るようにしています。

このような考え方ができれば
人間関係を多少楽にできます。


空を舞うトビ
もちろん、人間関係は
複雑であり、簡単ではないことは
分かっています。

私自身も、前の職場で
すごく「悩んでいたこと」なので。

結果的に、仕事を辞めた今は
将来の事や、過去のことなど
気にせずに「今・この瞬間」を
楽しめるようになりました。

人間関係が最悪の場合は
仕事を辞めても人間関係をリセット
することも悪いことではありません。

今後が不安かもしれませんが
貯金があれば、少しは考える時間もあるし
バイトしながら、将来を考えていけば
なんとかなります。「死にはしないので」

最悪でも少しの間「国の制度」を使ったって
構いません。

しかし、めんどくさい・難しい
人間関係をそのまま続けて
ストレスを抱えて、生き続ければ
「心が病み」「生きる気力がなくなり」
「命の危険にもかかわってきます。」

死んだら、すべてが終わりです。

あなたは本当に今のまま、辛い状況で
一生を過ごしますか?

ステップアップ、夢、目的のために
頑張っているなら、続けるべきです!

しかし、なんとなく、安定や
将来のためなど
目標のないまま生きているなら
転職、生き方を変えることを
少し考えてみませんか?

もし、仕事を辞めたいけど
辞められない人は
この記事を読んでみてください。

悟りとは何?幸せな生き方とは。断食と瞑想で大切な気づきを得る?!

悟りを得る?「本当の幸せ・精神の変化」は断食と瞑想で得られます!

私の場合は、上で紹介した
記事で紹介している内容
考え方を意識することで

嫌だった人、顔も見たくない人
トラウマのような存在
嫌いだった人、苦手な人にも
以前とは違った見方で
考えられるようになりました。

また、損得関係、有利不利などでなく
「一人の人間」としての目線で
付き合う人を選んでいくのも
ストレスのない生き方ができると思います。

仕事に限らず、友達、知り合いなども
離れていく人は、離れていきます。

気にかけてくれる人は、連絡をくれるし
切りたくなかったら、時間をおいてから
自分から連絡をすればいいのです。

連絡するのがめんどくさい、だるい
と思うなら、その程度の関係だと
いうことなので、なくしましょう。


 一番近い存在、大切な人との人間関係を改善する考え方

親子のゴールデンレトリバー犬

私はインディアンの哲学を学んで
その教えを意識して日々暮らしています。

その中の教えの一つに、どんなもの
どんな人に対しても
「先生」として見ることで
敬意をもって接することができる
という考え方があります。

また、人でも、動物でも植物、石でも
すべての「命が宿るものは平等」であり
どんなものにも敬意を払う
「ケアテイカー」という考え方があります。

ケアテイカーの考え方、深める方法はこちらを読んでください。

私は、この考え方を
意識することで、私とかかわる人々
周りにいる動物
植物、一般的には命のない「石」に
さえ尊敬の念をもって生活しています。

しかし、一番身近な
一緒に住んでいる家族に対しては
そういった考え方を
行うことが難しいと感じました。

それは、親、家族や子供などの
近すぎる関係の場合です。

関係が近すぎて、いつも一緒にいるので
尊敬、感謝、敬意の気持ちが薄れたり

または
大切に思うあまり
過剰に助言
おせっかいをしてしまいます。

まだ成人していない
子どもに対してなら、自分が謙虚になり
相手を尊重したうえ
何かをしてあげるなら良いことです。

しかし、もう大人である、家族、親
子どもに対しては
過剰な気遣い、おせっかいは効果的ではなく
悪い作用を生み出すのかなと思いました。

その為には
いい意味で、身近な存在
他人のような意識で接するのも
いい考え方なのではないかと思いました。

家族、子供、親、兄弟
もしその人たちが、他人だとしたら
どのような対応、接し方をするでしょうか?

今まで通りに、接しますか?

一度、そのような考え方で
接すると、今までの対応、関係が
正しかったのか、間違っていたのか
気が付くきっかけになるかもしれません。

どんなに大切で、身近な相手でも
一歩引いて、冷静に考えられる
気持ち 余裕を持ち
敬意を払うことが
一番良い方法ではないかと思います。

インディアンの哲学をまとめた、記事はこの記事に書いてあります。興味を持ってもらえたら、読んでみてください。

自分を変える方法はネイティブアメリカン「シャーマン」の生き方にある?

 

よりよく生活するため、自分で出来る心理療法のテクニックをまとめました。最近元気がない、やる気が出ない方は、よんでみてください

「心理療法」を自分自身に使う効果とは?おすすめな3つの方法

手を振るクマのぬいぐるみ

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

ほかにも、みなさん
お役に立てる方法を勉強して
記事を紹介して行きたいです!

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。
もし興味を持っていただけたなら、読んでくれると嬉しいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらこの文章をクリックしてフォローしてくれるとうれしいです! よろしくお願いします(^^)

もしお時間がありましたら
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です