赤ちゃんの手と大人の指

指先のしびれ、痛い、違和感がある?マッサージ、ストレッチで改善!


笑う白い犬
こんにちは、
ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康法」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、指先のしびれを
指が痛い、違和感がある症状を
和らげる効果的な解決法
ストレッチ、マッサージ方法を紹介します。

私の場合は、仕事でパソコン
スマホを多用し手指の使い過ぎ
によることが主な原因です。
(腱鞘炎が原因)

この症状は、手指を多用する
飲食店の方、料理人
パソコンを使う仕事の方に
覆いといわれています。

しかし
特に、スマホ、パソコンもやっていない
手指を多用していないのに
指に違和感がある、動かない場合は
間接や、その他に原因があると思います。

その場合は、ストレッチ、マッサージでは
効果が期待できないので、病院の先生と
相談してみてください。

手指の使い過ぎが
思い当たる方は、試してみてください。 

目次

1 指先のしびれ、痛い、違和感をセルフマッサージ、ストレッチで改善しましょう。

2 マッサージ、ストレッチと併用してやるべきこと

1 指先のしびれ、痛い、違和感をセルフマッサージ、ストレッチで改善しましょう。

マッサージする犬

それでは、指先の異常を改善する前に
少しだけ、原因を紹介していきます。

まず、あなたが
痛い指はどこの指でしょうか?

私の場合、親指、人差し指、中指に
痛み、だるさ、しびれ、違和感がありました。

この原因は、手指の筋肉が
使い過ぎで、硬くなり、収縮することで
神経を引っ張り、周りの部分と
手指の神経が何度もこすれ合うことで
発生します。

また、筋肉が凝り固まり
血行不良になることも原因の一つです。

何よりも、一番の要因は
手指の使い過ぎにあります。

しかし、仕事があれば
休むことも難しいので
何かしらの対策をしなくてはなりません。

そして、根本の原因である
「手指の凝り固まった筋肉」
ストレッチ、マッサージして柔らかくほぐす
ことが解決の一歩になります。

・手指の痛みの原因を探す
手のひら

まずは、手指を指先から全体的に
親指と人差し指で握ったり
親指の先で押してみて
どこの筋肉に痛みがあるのか調べて
見ましょう。

指先から始め、手の平、甲をまんべんなく
押してみます。

私の一例ですが、痛むポイントは
手の甲の側の
人差し指の根元と、親指の根元の
間の筋肉がすごく痛くてかたいです。
(特に人差し指の骨に沿った部分)

また、手のひらの面の
親指のの付け根の部分

手のひらの小指側の面の
側面も固くて痛いです。
(痛む部分はひとによります。)

なので、手の甲、手の平、指を
縦、横、斜めなどいろいろな方向から
押したり、握ったり圧力をかけて
調べてください。

痛い部分が使いすぎて凝り固まっている
筋肉のポイントなのでそこが原因です。

マッサージするときの大切なポイントは
深呼吸して、リラックスしながら
快適な姿勢でやることです
(寝ながら、座りながら)

私は、寝っ転がりながら
なるべく、筋力を使わず
手の重みや、体の構造を利用して
マッサージストレッチするようにしています。

・親指のマッサージ
親指の筋肉のポイント

親指が痛いだるい場合は
親指の根元の筋肉が原因の一つである
場合が多いです。

指、拳のとがった部分や、指圧棒、
ボールペンのキャップの部分や
ペン先が出ていない状態で
細かく押していきます。

マッサージを受ける方の手は
なるべく床や、太ももの上
お腹の上において、力を
入れずにリラックスするようにしましょう

押し方は、1分くらい(時間はお好みで)
ずっと、痛い部分に圧力をかけ
深呼吸して出来るだけ手を
リラックスするようにする方法があります。

また、もう一つの押し方は
息を吸って、吐くタイミングに合わせ
リラックスしながら痛むポイントを
細かく押す方法でもいいです。
(息をはいているときに押して
息を吸うときに、力を抜く)

棒状のものでマッサージする場合
床、太もも、おなかに手を置いて
両手のひらで挟むように
すると、両手同時にマッサージできます。

上側にある手は、力を入れずに
手の重みで押すようにしましょう、。

その他のの方法
床に手を置いて、かかとで踏む方法です。
(手のひらを踏む)

細かいポイントは指圧できませんが
自分の体重を使って、楽に
力を使わず、全体的にマッサージできます。

親指のストレッチは、こちらの記事を読んでください。

・人差し指のしびれ、痛みを和らげるセルフマッサージ
人差し指ポイント

人差し指先のしびれ、痛みは
人差し指の根元の筋肉が
固まり、凝っていることが
原因の場合があります。

画像のポイントを参考に
その部分を押してみてください。

手の甲の人差し指の骨にそって
筋肉を押してみると、痛いと思うので
そのポイントを押してみてください。

押し方は、親指と同じように
呼吸に合わせて細かく押したり
ずっと押したりします。

手首の骨に沿って
指先の方から、手首の方へ
ゆっくりとおしながら
スライドさせる方法でも痛気持ちいいです。

この時も深呼吸
リラックスを意識して行いましょう。

人差し指のストレッチ

次は、人差し指のストレッチです。

やり方は、まず
手の平の面から、人差し指を
関節が曲がらない方向へ
逆手の手のひらでぐっと押します。

そして、人差し指が沿っている
その状態を保ったまま
逆手で押している力の方向を
小指の方向に変えます。
(力の向きを手の甲から、手の横側に変える)

すると、人差し指の根元の
筋肉が伸びると思います。

この状態のまま
20秒~30秒
深呼吸して、出来るだけリラックスしてください。

姿勢は、寝てやったり、座ってやったり
自由な姿勢で試してください。

力のかけ方、筋肉の伸ばし方が
分かったら、手を使わず
お腹などの体の部位を利用して
人差し指をひっかけて
片手でストレッチをしてみてください。

他の指も同様に伸ばすことができます。

2 マッサージ、ストレッチと併用してやるべきこと

これまで紹介した方法は
腱鞘炎が原因で手指に痛みが出る場合に
効果的な方法です。

そして、痛みが出ているという事は
炎症を起こしているという事です。

ストレッチ、マッサージは
痛み、炎症を止める効果はありません。

その痛み、炎症の原因である
筋肉をやわらかくする効果があります。

なので、痛みがひどい場合は
病院に行って、シップ、痛み止めの
飲み薬をもらう必要があります。

病院に行きたくない場合は
市販の痛み止め、シップを張りましょう。
おすすめは、効果が高く安い
病院の薬、シップです。

これらの、炎症を抑えて
先程紹介した、マッサージ、ストレッチを
併用すると、もっと早く痛みが引いて
効果が高くなります。

・指の痛みを抑えるには全身のマッサージがお勧め?

今回は、手指の近くのマッサージ、ストレッチを
紹介しました。

しかし、痛みが、出ている原因は
実は、手指の筋肉以外の可能性もあります。

その理由は、全身の筋肉が
すべてつながっているからです。

手指の痛みが出る方は
手指とつながっている、腕
肩、首、背中などが凝っているかたが
おおいです

例を出すと、肩がの筋肉が凝ると
腕の筋肉を引っ張ります。

そして、さらに、腕とつながっている
手指、手首の筋肉を引っ張ります。

そして、一番末端にある
手指の先に痛みが出るのです。

なので、今回紹介した方法と
一緒に
・腕のセルフマッサージ、ストレッチ

・肩のセルフマッサージ、ストレッチ

・背中のセルフマッサージ、ストレッチ

で上半身をほぐすと、さらに効果があります。
というより、根本の原因は
上腕二頭筋(力こぶ)の部分や
背中の緊張、張りの場合もあるからです。

なので、今回、手指を
まんべんなくチェックする方法を
お伝えしましたが、同じように
全身も触ってみてください。

手指の筋肉よりも、本当は
とても固く、凝り固まった
根本の原因が見つかるかもしれません。

・痛みが引いた後もマッサージストレッチした方がいい?

そして、痛みが引いた後も
継続して、ストレッチ、マッサージを
続けましょう。

私を含め、多くの人が
痛みがなくなると、マッサージ、ストレッチを
さぼり気味になります。

気持ちはすごくわかりますが
予防のためにも、趣味、習慣として
ストレッチ、マッサージをすると
効果的です。

そして、痛みが出た後に
同じことを繰り返すなら
出ないうちからやったほうが
時間、量、負担も少なくなります。

何より、ストレス解消、癒し
健康のために全身のマッサージ
ストレッチを習慣にすると
良いことが多いのでお勧めです。

最後になりますが
この記事を見てくれたあなたは、
痛みが出るほど、仕事、家事
何かしらの行動を頑張って
やっていると思うので

頑張りすぎずに、たまには
力を抜いて、出来る限りリラックスしてください

私のブログ、「シロクマ健康法」では
身体的な健康法以外にも
精神的な健康法なども紹介しています。

体の緊張、筋肉のコリは
仕事のストレス、生活主幹などで
緊張することで結果的に
体に負担が来ることです。

なので、精神的な健康法も
体の痛み、筋肉の緊張と
密接に関わっています。

興味があったら、いろいろと
記事を見てもらえると嬉しいです。

手を振るクマのぬいぐるみ

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて
少しでも何か、役に立てたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらツイートを見てください。また、コメント相談、質問など気軽にしてくれたら、うれしいです。あなたからの連絡をお待ちしています。(^^)

 

ほかにも、あなた
お役に立てる方法を勉強して
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です