精神を鍛える修行は断食がおすすめ!?感じた「効果」「精神の変化」



こんにちは、ふるたけです! 
この度は私のブログ
「シロクマ健康法」に来ていただき
ありがとうございます!

今回は、自宅で一人で出来る
精神を鍛える修行の方法を紹介したいと
思います。

また、ひさしぶりに
2日だけ、水(ミネラルウォーター)だけの
断食を自宅で体験してみたので
どのような効果・変化があったかを紹介します。


私の断食の目的は
精神を鍛える修行目的なので
多くの時間、瞑想などをしていました。

結果的に、いろいろと
精神的な変化や、気づいたことがあるので
断食は、自宅で出来る精神的な
修行として、効果だと思いました。

私の場合、ダイエット目的ではないので
詳しくは体重の変化ははかっていません。

体調、精神的にどのように
変化したの紹介しています。


目次
1 精神を鍛える修行の目的について
 断食1日目の変化
 2日目の変化
 3日目の変化
 気が付いたこと
  断食をするときに用意しておくもの


1 精神を鍛える修行の目的について

私は、スピリチュアルなインディアンの哲学や
現実的な心理療法などを学んでいますが
その2つにはいろいろと共通点があります。

この2つに共通する、精神を鍛える方法を
紹介していきたいと思います。

また、精神を鍛える修行を
行い、習慣にする前に大切な事は
目的を理解する必要があります。

精神を鍛える修行をする目的は
大切なことに気が付くことです。

そしてその過程で、

・感情のコントロール
・よりよく自分らしく生きる
・自己理解を進める
・自分にしかない目的、生きる意味

などを身に着けることもできます。

そして、精神の修行には
ある程度の危険性があり
一つ一つの精神的な修行の意味を
理解することが必要です。

精神を鍛える方法というのは
基本的にどんなことでも行うことができます。

・仕事 ・スポーツ ・趣味 ・運動
・私生活 ・生きている人生

その体験の中で辛い思いをしたり
挫折、成功、成長、目的の達成など
色々な体験を通すことで大切な事に
「気が付きます」

大切なことに、気が付くという事が
精神を鍛える修行の目的でもあります。

・精神を鍛える場合、精神面だけ鍛えても不完全

精神を鍛える方法は、たくさんある
と先程伝えましたが、その中でも
・瞑想  ・断食 

・自分の精神の理解

などは、精神を鍛える要素が強く
とても効果的です。

しかし、大切な事が1つあります。

それは、精神面を追求するだけでなく
体を鍛え、運動するなど
現実的な、体の面も鍛えることで
完璧なものとなります。

人はバランスが大切です。

心と体はつながっています。

精神を鍛えることは、とても大切ですが
体を鍛え、運動をしないと
とてもバランスが悪い、不安定な
強さになります。

逆に、体だけを鍛えて、精神を鍛えないのも
良くないです。

2つの面から心と体を
バランスよく鍛えるのが、本当の意味での
精神を鍛えることにつながります。

・宗教と精神を鍛える方法とのつながり

多くの人は、宗教を毛嫌いしますが
私は、依存して、没頭しないのであれば
その考え方を学び、良い所だけ取り入れるのは
とてもメリットのあることだと思います。

宗教というのは、1つの考え方にすぎないからです。

依存して、その考え方だけ受け入れいる人は
1つの物事しか信じずに、1つの考えに没頭します。
宗教にも様々なものがあり、詐欺、お金
組織の拡大、洗脳、など悪い意味で
人の考え方を変えてしまうものから

本当に、人生を変えるくらい、意味のあるような
考え方のものまで、様々です。

もし、宗教を毛嫌いするという方は
少し、勘違いしている可能性があり
現代社会の教育、価値観という名の
宗教に依存し、没頭している可能性があります。

哲学や、心理療法、義務教育、世間の考え方
自分の考え方も
1つの「宗教」という考え方もできます。

色々な考え方を受け入れ、依存せずに
自分なりに取り入れることは、すごく
大切な事です。

・様々な考え方に共通する「瞑想・断食・精神、感情のコントロール」

様々な宗教に共通するだけでなく
今では、スポーツ、心理療法、健康法に
とりいれられる方法が
瞑想や、断食、精神(感情のコントロール)です

瞑想、断食、思考、感情のコントロール
といわれると、宗教臭い、なんだか怖い
と思うかもしれませんが
あらゆるジャンルに共通する大切な事です。

もし、詳しいやり方に興味がある場合は
↓の文字をクリックすると詳しい方法をまとめた
記事に移動します。

・瞑想のやり方  ・瞑想のメリット

・瞑想の危険性

・断食の効果、やり方  ・断食の危険性と正しいやり方

・自分の思考、考えを意識し感情をコントロールする方法

 2日間の断食体験!精神修行1日目の変化


 断食を行っている最中に
気が付いたこと書き留めています。

普段通りの生活に加えて、
瞑想を多めにするようにしました。

2月28日の22時に
最後のご飯を食べて、
次の日から水以外は、
何も口にしないようにしていました。


3月1日 断食初日の変化

断食を始めて、4時間後にすぐお腹がすく。
しかし、体調はスッキリした感じ。

8時間ほどたつと、
頭痛ほどではないが
頭がぼんやりする

10時間後、頭が働かない
忘れっぽくなる
水を定期的に飲むようにしていたが
忘れたり、計算ができない。

扉を開けて何をしようとしたか忘れ
何度も開け閉めする。

異常な行動とは裏腹に
感情が落ち着いた感じ
無の感覚(ぼーっとする)

嗅覚が鋭くなる。

外からの食べ物のにおいがいいにおい。

急に立ち上がると立ち眩みする


② 自宅で精神修行。2日目の変化


3月2日 

3月1日 23時頃に就寝。

しかし、3月2日3時ごろに目が覚めます。

おなかがすいて、心臓がどきどきする。
体調が悪くなり、続けるか何度か悩む。

寝つきも悪く、何度も食べ物や
水分をとる夢を見る
起きては寝てを繰り返す。

その後、3月2日8時ごろに目を覚まし
水を飲みたいけれども
体がだるく、寒気がする

立ち上がる気力がないが
水を飲まなければやばそうなので
頑張って台所にいって
ペットボトルの水を持ってくる。

ベッドに戻る。水を飲むと楽になるが
起き上がるのがつらく、熱がないのに
熱が出て寝込んでいるような感じ。

起き上がれなかったので
また2時間ほど寝る。
 

眠りから目覚めて、3時間ほどした後
本を読んでいたら、気分がよくなる

この時、気持ち悪く感じていたのは
自分の断食をすると気分が悪くなるという
「思い込み」も関係しているのだと感じた。

本を読んで気をそらせたのだと思う。

2日目は体調が悪い感じがずっと続く。

夜になると、腰が痛くなり、足がだるくなる。

2月2日の23時に布団に入り
眠りにつこうとする。

おなかが減って、体調が悪く
なかなか眠れず1時30分ごろまで、眠れない。

その時に、いろいろな考えが浮かび
食べ物を食べられない事
眠りにまで悪い影響を与えると知る。

食べ物のことを考えると
よだれが止まらなくなる。


③ 水だけ断食。3日目の変化


3月3日 朝

体調は悪くなく、体が重い感じ。
左ひざがなぜか、痙攣したように、ぴくぴくなる
その後、前回ご飯を食べた60時間後に
久しぶりのご飯をよだれを我慢しながら作る

冷蔵庫に合った野菜、ネギ、大根
こんにゃく、豆腐、もやしなど
消化によさそうな野菜の
具だくさん味噌汁を作りました。

それと、キュウリにみそをつけて、
形がなくなるまでよく噛んで食べました。

食べてからしばらくすると
視界が明るくなったような気がする。


4 自宅で断食をして気が付いた効果・変化


・病は気から

断食初日、朝起きて胃の調子が
悪いと感じました。

昨日の夜遅くにご飯を食べ
たことが原因だと思います。

それも、断食をしようと決心した
理由の一つです。

断食をやると、決心してから
なんだか体調が良くなりました。

これは、催眠療法でいう悪い原因から
「注意をそらす」方法が
自然と行われたのだと思いました。

初めは、内臓の体調不良に意識がいっていたが
断食をすると決断し
「断食」は過酷なものだという
考えがあるから、そちらに意識がそらされ
身構えた結果、体調不良が
気にならなくなったのだと思います。


・なぜ水だけ飲むのむのか

私は断食をするなら
レモン水や、プロテイン
野菜ジュース、サプリメントなど
液体のものや、体にいい食べ物は
いいんじゃないか。と思ってました。

しかし、考えてみると、水以外の
何か栄養のあるものを体に入れると
胃や小腸、肝臓が、その栄養を吸収して
体に取り込みます。

結局は、その臓器たちは
いつもと変わらず働くことになるので、
水だけをとるのがいいのだと気がつきました。

サプリメントなどは、
よく、食べ物✖✖個分の
栄養を含むと書いていますが
それが本当なら
本来それだけの食べ物を口にしないと
栄養を取れないことになります。

そんなに食べて
体は大丈夫でしょうか?

何事も、ちょうどいいくらいが
大切です。
極端は体によくないです。

体にいいものも
極端に取りすぎると、毒になります。

日頃から、食べ物を
あまり食べられない
など栄養不足の方を除いて
現代人は、過剰に栄養を
取りすぎているのだと知りました。


病気のあと、体調が
良く感じることについて。

私は、胃腸炎や、インフルエンザなどの時は
食べ物も取る気にならず、
水分だけとって、ずっと安静に過ごします。

体調が良くなるのは、病気が治ったから
というのが当たり前で一番の理由だと思います。
しかし、内臓の各器官が休憩できたのも
関係していると思います。

断食というのは、健康なのに
病気になったときと
同じ状態にすることだと思いました。

断食のあとに、体の調子が良くなるのは、
病気が治った時と同じような
感覚なのかなと思いました。


断食筋肉が落ちる。

私は、趣味で筋トレをしているので
栄養を取らないと
筋肉量が落ちてしまうなと考えました。

しかし、それと同時に
いろいろと考えが浮かびました。

筋肉は筋トレをして、栄養をたくさん摂り、
しっかりと休む、これを繰り返すことで
どんどん強く、大きく鍛えることができます。

筋肉は、直接マッサージや
ストレッチでいたわってあげられます。

しかし、筋トレは過剰に栄養を取るので、
体の臓器にとっては、
多くの負担をかけていると気づきました。

体の内蔵は、鍛えることができないし、
筋肉のようにマッサージなど
直接的にしてあげられることが少ないです。
(できる部分もありますが)

なので、筋肉量が落ちる断食をしてでも、
臓器を休ませてあげることは
大切だと気がつきました。

体の一部の筋肉は落ちてもまた鍛えたら、
いくらでも増やせます

同じ体の一部の臓器は、
ダメになってしまったら、それで終わりです。

 2018年3月5日追記

私は家で「懸垂」のトレーニングを
習慣的におこなっています。

断食前と断食後の、結果はこうなりました。

断食の前 19回
断食の後 18回

体重が減っているのや、
筋肉が減っていることなど、
いろいろな理由があると思いますが、
体感的には、そんなに変わりませんでした。

懸垂マシンで、トレーニングするのメリット、効果はこちらで紹介しています。

筋トレの効果、やり方についてはこちらで紹介しています。


断食できつい時に、乗り越えられる考え方


断食をすると、お腹がすいて、
いろいろと考えが浮かびます。

しかし、体の臓器はいつも
きつくても文句も言わずに働いています。

たまには、役割を交代してあげて、
臓器が休憩して
リラックスできていると思えば、
自分の気持ちが楽になるかもしれません。


アイデアが浮かぶ

普段日常では、体を動かし、
体の代謝、食べ物の消化、吸収など
体の各器官が働いています。

断食をすることで、ほかの器官が動かず
脳だけを働かせることで
アイデアや、気づきが
生まれるかなと思いました。

断食を始めて、一定の期間は
まったく思考が働かなくなります。

脳が動くためには糖分が必要ですが
食べ物を食べていないから
頭が回らないのかもしれません。

何をしようとしたのか、忘れてしまったり
計算をしたり、何かを考えると
答えが出ないのに思考が止まってしまいます。


水のありがたみ

水を口に含むと、乾きが癒されるのを感じて、
いつもより味覚が鋭くなっているのか、
水の柔らかさや味もなんだか
わかるような気がしました。


食べ物を食べなくても、
短い間は生きていけると知っていましたが、
水を飲まなくては、早く生命の危険に陥ります。

水はすごく大切なものだと改めて、実感しました。

食べ物を食べないことで、体調が悪くなり、
力が出ず、立ち上がるとふらつきます。

しっかりと食べ物を食べると、
自由に動き回って、外出などができて、
好きなときに運動をできるという
当たり前なこと幸せだと気が付きました。

健康は素晴らしいことだと

日本の日常は便利な世の中に
なっていて
便利すぎる生活になれると
幸福に感じること
少なくなると思いました。

食べ物を自由に
食べられない国の方たちは
貧しくて不便でもも、
些細な小さいことで
幸せを感じることができるのだと思いました。

実際に国別の幸福度指数を見てみると
発展していない国のほうが
日本より幸せに感じる人
多いのだと気が付きます。 

便利で、発展しているからと言って
それが幸せにつながるとは
思えないと思いました。


5 自宅で水だけ断食するときに用意するもの


体調が悪くなるかもしれないので、
水を常に近くに置いておく
寝る前は横に置いておく

水は、水道水でなく
ミネラルウォータのむ
ミネラルウォーターには
様々な体にいい成分が入っているからです。

いざというときのために
マルチビタミン塩サプリメント
準備しておく。

この飲み物も、
準備しておいたほうがいいです。

経口補水液(OS-1)



 2018年4月19日追記

水だけ断食をする場合は
ミネラルウォーターを飲んで
やってください。

私は、毎回、
ミネラルウォーターを飲んで、
やって断食をしていました。

しかし、2018年4月18日に
水道水を飲む断食で、
体調不良になってしまいました。

上で紹介した商品を
準備しておく理由は
私が、水道水で、断食を飲み
体調不良になったときに
これらの食品を食べて、飲んで
体調が、良くなり救われたからです。

私は断食をする前には
必ず、家に準備しておきます


他には、断食を終えた後に
食べるご飯を用意しておく。

断食を終わった直後は
体力もなく、思考力
停止しているので
準備しておいたほうがいいです。

水だけでやる断食は
体調が悪くなるので
水と、塩分、ビタミンなどは
取りながらやると
体調が悪くなりにくいと思いました。


次回は、2か月後
やってみようと思います。

今回、私が断食を始めたきっかけが
ネイティブアメリカンの
教えがつまったこの本をよんだからです。

その中で
インディアンが瞑想と断食をする
「ヴィジョンクエスト」という儀式読んだことです。

ヴィジョンクエストに興味のある方は、こちらを読んでください。



このインディアンの哲学がつまった、「ヴィジョン」という本の紹介はこちらを読んでください。

今度は4日間、水だけで過ごしてみようと思います。

★その後、4日間の水だけ断食をした感想、気づいたことはこちらの4日間の断食体験の記事を読んでください。


ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて、
少しでも何か感じてもらえたら
うれ
しいです。

シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

ほかにも、あなた
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら下のタグからほかの記事も見てみませんか?


 


コメントを残す