「感謝の気持ちを伝える」5つのコツ・5つの効果・方法の紹介


 

花を持つリス
こんにちは、
ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康法」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は
・感謝の気持ちを伝える方法
・感謝の気持ちを言葉にすることで
自分や、相手にどのような効果があるのか
・感謝の気持ちを常に持つための方法

この3つを書いていきたいと思います。

私は、心理療法や、インディアンの哲学
様々な健康法などを勉強していますが
「感謝の気持ち」を持ち、つたえる
という事は、自他ともにとてもいい効果があります。

そんな、感謝の気持ちについて
いろいろと学んだことを紹介するので
参考にしてもらえると嬉しいです。
 

目次

1 感謝の気持ちを伝える3つの方法
2 感謝の気持ちを持つと起こる効果と練習方法

1 感謝の気持ちを伝える5つのコツ
Thank you

感謝の気持ちを伝える上で
ちょっとしたポイントに気を付けることで
相手に、自分の気持ちがしっかりと届きます。

逆に、ポイントがずれていると
「本当に感謝してるの?」と
相手に不信感を持たれて
逆効果になってしまいます。

せっかく、相手に
感謝の気持ちを伝えるなら
自分の気持ちを素直に受け取ってもらいたいですよね。

感謝の気持ちを伝える上で大切なポイントは

・表情に気を付け、目線を気にする
・動き、姿勢に気をつける
・具体的に何に感謝しているのか伝える
・ちょっとしたプレゼント
・相手の心理状態を把握する

この5つのポイントに気を付けて
感謝の気持ちを伝えると
相手に気持ちが伝わりやすくなります。

・表情に気を付け、目線を気にする
笑顔の少女

表情や、目線というものは
相手に対して、いろいろな影響を与えます。

ちょっと想像してほしいのですが
仮に、あなたが誰かに親切な事を
してあげたとします。

その時に、相手が自分の顔ではなく
違う方向を向いて、無表情で
「ありがとう」と言ったらどう思いますか?

言葉は、良い言葉を使っても
表情、目線が伴わないと、効果が半減する
だけでなく、逆効果になります。

なので、なるべく笑顔で
相手の目を見ながら
感謝の気持ちを伝えることで印象が
すごく変わります。

相手の、目を見るのが苦手だったり
笑顔が恥ずかしい、苦手な場合は
いずれ、出来るようになったほうがいいですが

・「ありがとうございます」というときだけ
顔を一瞬だけ見る

・相手の鼻、おでこ、瞳孔の大きさ
 まつげを見る

・メッセージで伝える
(笑顔、目を合わせるのが苦手と正直に書いておく)

・姿勢を正す、プレゼントを渡すなど
 そのほかのコツを活用する

など、無理に笑顔、目線を気にする必要はないので
工夫して、自分のやり方で誠意を伝えてみましょう。

・姿勢、動きに気を付ける
お辞儀をする老人

この、動き、姿勢に気を付けることも
目線や、表情と似ていますが
大切なポイントの一つです。

人は、言葉では嘘をつけますが
体では、嘘をつきづらい生き物です。

そして、体の向き、姿勢は
他人にいろいろな印象を与えます。

人は、嫌いな人に対して
体の正面を向けたくない心理が働きます。

ケンカをしたカップル、夫婦は
お互いにせを向けて、相手に体を
向けなくなります。

この心理を応用して
相手に感謝の気持ちを伝えるために
使えることは
「しっかりと相手に体を向ける」事です。

pcの作業をしている人がいるとして
体をpcに向けたまま
「ありがとう」といわれるのと

作業を中断して
体を自分の方向に向けて
「ありがとう」というのには
心理的に抱く印象が違います。

他にも立っているときに
片足に体重をかけて、だらっとした姿勢で
「ありがとう」といわれるのと

両足に体重をかけて
背筋を伸ばして、あごを引き
「ありがとう」というのでは
印象が変わります。

この姿勢、動きにおいても同じことが言えます。

ありがとうと伝えるときは
頭を下げることもあると思いますが
先程の悪い姿勢でゆったり頭を下げるのと
いい姿勢で、きびきび頭を下げるのでは
感じ方が変わります。

確かに、背筋を伸ばし、毎度
きびきびした動きで
感謝の気持ちを伝えていては

「硬すぎ」「そこまでしなくていい」
と笑われてしまうかもしれませんが
自分の誠意、気持ちを伝える上では
効果は抜群なので、意識しておいて損はないことです。

・具体的に相手に伝える

プレゼンテーションする男性

感謝の気持ちを伝えるときに
何かをしてもらって、ただ
「ありがとうございます」
「助かります」と伝えるのもいいですが

どんなことが、役に立ち
何が良かったのか伝えることで
相手に本当の気持ちが伝わります。

時間がない、忙しいときは、その場で
軽く感謝の気持ちを伝え
後日、時間があるときにお礼を言うと効果的です。

具体的に感謝を伝える方法は
・状況 ・自分の心理状態
・相手がしたこと ・相手の名前を入れる
という事に気を付けると効果的です。

例えば、仕事が多すぎて、手が回らず
私一人ではどうしようもない状況で
焦っていましたが
○○さんが、○○をしてくれたことで
状況が変わり、助かりました。
ありがとうございます。

と伝えると、ただ「ありがとうございます」
と相手に伝えるよりも、相手は
すごく役に立てたような気持になり
悪い気はしません。

・ちょっとしたプレゼントを添える
プレゼント

感謝の気持ちを伝えるためには
プレゼントも効果的です。

相手に、上げるものは
高級な物や、高いものである必要はありません。

相手のよく飲んでいる飲み物
コーヒー、ジュースであったり
食べているお菓子、タバコなどを
あげることでも相手は喜びます。

その人が好きな物を誰かに聞くのも
確実な方法です。

「○○をしていただき、ありがとうございます。
お礼の気持ちですが
○○さんは○○が好きだと聞いたので
もしよかったら、どうぞ」
という風に渡すと、自然に渡せるでしょう。

しかし、毎回、感謝するたびに
プレゼントをあげていては、出費が
凄いことになるので
本当に、助かった、感謝している
そんな時にプレゼントを上げるようにしましょう。

また、ちょっとした感謝の気持ち
すごく感謝したときなどで
プレゼントの金額を変える方法もあります。

そして、このプレゼントの方法を多用すると
物で解決する人、お金でどうにかする人
思われてしまうので頻度は少なめに
しておきましょう。

 

無理にプレゼントを渡すのではなく
本当に感謝したときだけ渡すことが大切です。

・相手の心理状態を把握する
寄り添う犬と人

感謝の気持ちを伝える上で
相手の心理状態を把握することも
大切なことです。

とても忙しい時、落ち込んでいるとき
怒っているときなど
そのような状況で気持ちを伝えても
効果が半減してしまいます。
逆にとばっちりを受けることもあるかもしれません。

相手の心に余裕があるとき
・仕事終わり ・休憩時間
・仕事がひと段落したとき
など、相手の状況、心理状態を考えて
感謝の気持ちを伝えることは大切なことです。

ここまで、いろいろな
感謝の気持ちを伝えるコツを紹介してきましたが

状況、時間、タイミングによっては
すべて意識したり、活用することができないので
その時に、出来る限り
感謝の気持ちを伝えるコツを使い
活用することが大切です。

2 感謝の気持ちを持つと起こる効果と練習方法

手を広げる 男性 

感謝の気持ちを伝えるためには
感謝の気持ちを持つことが大切です。

感謝の気持ちを持つ効果としては

・ポジティブな気持ちになる
・行動的になる
・優しくなる ・許容的になる
・相手もいい気分になる

言葉は、思考、考えから生まれます
そして、感情も思考、考えから生まれます。

感謝の気持ちを考える時間が増えると
それだけ、プラスな影響が増えていきます。

そんな、感謝の気持ちを今まで以上に
意識することで、性格や、態度も変わっていいます。あなたの周りにはいろいろな人がいると思います。

明るい人、優しい人、怒りっぽい人
嫌みな人、性悪が悪い人など

そのような人達は、性格が顔つきに
現れていませんか?

性格が顔に現れる理由は
いつも抱えている思考、考えが
表情として現れるからです。
そして、その思考、考えは言葉になります。

言葉、思考、考えを
積み重ねていくと、顔つきが変わります。

嫌み、意地悪な事を考えて
口癖になっている人は
そんな顔つきに変わります。

怒りっぽい、短気な人は
いつも怒っている顔つきに変わります。

いつもマイナスなネガティブな
思考、言葉を使う人は
悲しみに溢れる顔つきになります。

しかし、何事にも
「感謝の気持ちを持ち」それを
伝えるために言葉にできる人は
とても、いい顔つきをしています。。

そして、性格も、言葉遣いも
いろいろな事が変わっていきます。

「感謝の気持ち」を持つことは
とてもプラスな感情、力を持つ
素晴らしいことだからです。

・感謝の気持ちを増やす練習方法
自然の中で目を閉じ祈る女性

たくさんのメリットのある
感謝の気持ちを増やす練習方法は

当たり前な事や、すべての何事にも
感謝の気持ちを持を持てるようになることです。

何事にも感謝の気持ちを持つためには
当たり前なことに感謝することが大切です
それは簡単な事ではないですが
何事にも感謝の気持ちを持つ方法としては

・自分にとって当たり前な事
 道具、物などをあえて使わない
・当たり前な事をあえて無くしてみる
・当たり前な事がなくなる想像する

例えば、今スマホ、pcでこの記事を
見てくれていると思いますが
スマホ、pcを一定期間使用禁止にしたり
なくなったら、どうなるか目を閉じて想像してみます。

また、人差し指を使わない
指を使わない、利き手と逆の手で何かをするなどです。

人は、事故、病気などをして
当たり前だった何かを失うことで
失った事の重要性に気が付きます。

また、自分にとって当たり前な
家族、大切な人がいなくなってしまったことを
想像して、一日を過ごしてみます。

多くの人は、親から離れて生活したり
一生会えない状況になって初めて
ありがたみに気が付きます。

大切なことは、失ったときに気が付く
と言われていますが、それは
本当に失う前に、体験想像すること
学び、気が付く事が多くあります。

すると、今までの当たり前なことが
とても素晴らしい事であり
感謝の気持ちを持てると思います。

どんなことにも、感謝の気持ちをもてると
当たり前な事が、幸せな事だと思え
行動的になり、楽しい気分になります。

私は、そんな理由から
当たり前な食事をしない・断食をしたり
あえて、・目を閉じて1日を過ごしたり
・音が聞こえない状態で過ごす

など当たり前な事をあえて
やめることで、いろいろと学ぶことが多くあります。
そんなことを、習慣的にやることで
当たり前な事にも感謝の気持ちを
忘れないように生活しています。

もしよかったら、参考にしてみてください。

感謝の気持ちを忘れないために毎朝やっている習慣はこちらの記事に書いているので、よかったら、こちらも読んでみてください。

ハートを持ったクマのぬいぐるみ

ここまで読んでいただき
ありがとうございました

あなたに読んでもらえて
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてありますもし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらツイートを見てください。また、コメント相談、質問など気軽にしてくれたら、うれしいです。あなたからの連絡をお待ちしています。(^^)

 

ほかにも、あなた
お役に立てる方法を勉強して
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です