ニンニクの効果効能は10個以上?!栄養面から心と体の健康促進!


笑う老犬
こんにちは、
ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、栄養豊富なニンニクの効果効能
ついて紹介していきます。
ニンニクは体にいい成分や、効果がたくさん
あります。

そして、青森県の特産品であり
(国内流通80%)
青森の中でも私の出身地
十和田市が最も多く生産しています。
そんな理由も、
紹介する理由の一つです。

私は、心理療法や、インディアンの哲学を
勉強していますが
その2つには、食事、栄養という
側面がすごく大切な事です。

そのような栄養、成分の勉強
心と体の健康にどのように影響するかを
知ることはとても大切な事です。

ニンニクの効果効能を増やすための
考え方なども書いていきますので
良かったら参考にしてみてください。

 

目次

1 ニンニクの効果効能や、健康にいい成分を紹介
2 ニンニクの食べ方や、効果効能を増やす考え方

1 ニンニクの効果効能や、健康にいい成分などを紹介

まずはニンニクにどのような
栄養、成分が入っているのか知ることは
ニンニクの効果効能を知る上で
必要不可欠です。

そして、その効果効能を学び
自分自身で、その効果を
意識・把握・理解することで
栄養の効果が高まります
(精神的作用が加わる)

ニンニクに含まれる成分で健康に
効果的なものは

・アリシン
・ビタミンB6

この2つがいろいろな効果を生み出す
もととなっています。

・アリシンとは?

ニンニクのもとの形のままだと
アリインという成分で存在していて
刻んだり、ニンニクに傷をつける

アリシン(ニンニクのにおいの元)
という成分が生まれます。

このアリシン、という成分単体の成分や
色々な熱の影響、空気に触れたり、他の
成分とくっつくことで、いろいろな効果が生まれます。

・抗菌作用 
・血液をサラサラにする(高血圧予防)
・胃液の分泌促進 ・代謝作用を高める

・疲労回復効果について

ニンニクが疲労回復に効果的な理由は
ニンニクの成分アリシンが
疲労回復の効果があるビタミンB1と
結びつき吸収されやすくなるからです。

なので、ニンニクとビタミンB1が多く含まれる
豚肉と一緒に食べると、効果的という事になります。

・ビタミンB6の効果効能とは

ビタミンB6は、タンパク質の消化促進
に効果があります。

そして、ビタミンB6が不足すると

・皮膚炎(湿疹 )
精神的な悪影響
(成人の場合うつ状態、錯乱、脳波異常、けいれん発作)
貧血免疫力低下、リンパ球減少症

この悪影響を逆の意味でに考えると
ニンニクを食べて
ビタミンB6を取り入れることで
これらの悪影響を改善したり
予防する効果があるといえます。

・ビタミンB6の1日に必要な量

ちなみにビタミンB6は1日に1mgとると
事が望ましいです。

ニンニク1つ(100g)1かたまりで
ビタミンB6が1.5mg含まれています。

ニンニク1粒で(6g~12g)なので
0.07~0.15mgくらいという事になります。

1日にニンニクを食べる量は
生にんにくは一日一粒
・加熱する場合は2~3個

食べることが効果的なようです。
しかし、ニンニクの食べ過ぎは
殺菌成分、刺激性があるので

胃腸に悪く、善玉菌も消してしまいます。
なので、ニンニクの必要以上に食べないことが大切です。

そして、ニンニク3粒をとっても、ビタミンB6の
1日の必要量の半分以下なので
おさかなや、肉にもビタミンB6が
含まれているので、バランスよく食べることが大切です。

ちなみに、ニンニクを使うときは
低温調理だと有効成分が壊れにくいので
そのことを意識して調理することも大切です。

・その他のニンニクの効果

・体力増強  ・免疫力向上 
・がんの予防効果 ・冷え性の改善

これらの効果効能も期待できます。

・がんの予防効果

免疫力があがると、ガン細胞などの
体の異物を排除する働きが強くなります。

さらに、ガンの予防に効果的な食べ方は
ニンニクを熟成させたものを食べることです。

ニンニクを熟成させると
S-アリルステインという成分が増えるので
その成分が、強力な抗酸化作用を秘めていて
がんの予防以外にも

・高血圧の改善 ・ボケ防止 
・動脈硬化の予防、心臓疾患の予防

などの効果があります。

2 ニンニクの食べ方、効果効能を増やす考え方
植物の芽

ニンニクの効果効能を増やすうえで
「ニンニクについて知る」
事はすごく大切な事です。

その理由は、人は
たくさん知っているものに対し
親近感がわき、好意を抱くからです

あなたは、異性、アーティスト
ペット、生き物などで好きな物があると
それを詳しく知りたくなったり
詳しくネットで調べたりしませんか?

知ることと、好きになることは
すごく関係の深いことです。

そして、好きになるという事は
何事においても
心理的にプラスに働きます

それは、「ニンニク」を食べる
という健康効果においても当てはまります。

・ニンニクの特徴

ニンニクは、ヒガンバナ科ネギ属び多年草です。

・ヒガンバナは、赤い綺麗な花で
毒がある花です。

ニンニクは
家のプランターなどでも気軽に
育てることができる野菜です。

・ニンニクの人生

ニンニクは9~10月の間に土に飢えて
そのまま、防寒対策をせずに
水を与えるだけで冬を越します。
青森ではニンニクが栽培が盛んですが
青森の冬はとても寒いです。

そんな極寒の中でも、特に手入れもせずに
冬を超えることができるニンニクは
とてもつもない生命力の強い野菜だという事が
分かります。

そのような生命力の強さが
ニンニクの栄養、効果効能と
結びついていると考える事ができます。

その後、4月ころから、にんにくの
食べる部分()が大きく育ち始めます。

そして、5月になると茎が伸び始めますが
そのまま放置していると、花が咲きます。

しかし、花が咲いてしまうと
花の方に栄養分が行ってしまうので
ニンニクの食べるに栄養がいかなくなるので
花を切ってしまいます。

ニンニクにとっては、かわいそうな事かも
しれませんが、そういった知恵が
栄養が高いニンニクを生み出す秘訣になっています。

その後、6月ごろにニンニクを収穫する
という流れになります。

下は、ニンニクの花です
本当はこんなにきれいな花が咲く植物なのです。

・ニンニクを命のある生き物と意識する

ニンニクは、多年草なので
本当は、収穫しないと生き続けます。
しかし、食料として私たちは
ニンニクを頂いています。

ニンニクは、野菜であり、植物ですが
しっかりと命を持ち生きている生き物です。

野菜、植物は、動きませんが
命のある生き物なので
生き物の命を頂いていると思い
「感謝の気持ち」をもって
食べることで、ニンニク効果効能を
高めることができます。

いきなり、何の話?と思うかもしれませんが
心理療法や、インディアンの哲学を
に共通する大切な事です。

ニンニクは、種から少しずつ成長していき
寒い冬を超えて、少しずつ成長していき
花を咲かせます。
ニンニクは、しっかりと生きています。

ニンニク(野菜・植物)をはじめとして
肉、魚など食べ物はすべて生きている生き物です。

そういった食べ物をただ何となく
当たり前のように食べるのではなく
「命」を頂くというつもりで食べることは
大切な事です。

そして、感謝の気持ちというのは
人が抱く、プラスの感情であり
その気持ちを抱くことは
精神的に良い効果があります。

これは、インディアンの哲学で学んだことですが
植物、魚、動物に限らず
すべての生き物に対して命を平等に考え
その命を頂く食事に感謝をすること
すごく大切な事です。

食事を頂く前に、「頂きます」という
言葉がありが、形だけの言葉ではなく
今から食べる目の前にある
命のあった生き物にたいして
感謝して「頂く」という意識を持つと
食事に対する価値観が変わります。

そして、当たり前な事に
プラスの感情である「感謝の気持ち」
頂くことは精神的に良い効果があり
ニンニクの効果効能も高まります。

私は、食べ物を食べるときは
できるだけ
肉、魚、野菜が生まれ、月日をかけて育ち
命がなくなり加工され
私の手元に来ることを、想像しながら
よく噛んで、食事をするように心がけています。

すると、すごく食べ物を食べることが
幸せな事であり「感謝しなければならない」
と思います。

このような食事の考え方については、こちらのインディアンの食事の習慣の記事で詳しく紹介しています。

3 まとめ・あとがき

色々なニンニクの効果効能
成長過程、知識を紹介してきましたが
栄養について学びたい場合は、覚えてもらえる
健康面でプラスの効果があります。

そして、栄養の効果を覚えなくてもいいです。
しかし、
ニンニクを含めた、食べ物には
色々な栄養が含まれていて

・栄養が不足すると
 精神的・身体的に悪影響が現れる

・栄養を取ると、いろいろな健康効果がある

という「心と体の健康と深く関わっている」
事を
事を理解してほしいと思っています。

心理療法や、心と体の健康において
「信じる」ということはすごく大切な事です。

今回紹介したニンニクの効果効能を信じることで
ニンニク自体の栄養、成分の効果プラス
自信の精神的な力も加わります。

そして、ニンニクを生き物と意識して
感謝することでも、プラスの効果があります。

オカルトチックに聞こえるかもしれませんが
心理療法、医学には、プラセボ効果(偽薬効果)
というものがあります。

実際には、効果がない物でも
それを信じて、飲み続けることで
たくさんのいい効果が表れるという事です。

この「信じる」力をマイナスの意味で使うと
「疑い」「不信」に変わります。
すると、本当に効果のある特効薬の効果も
半減させてしまうのです。

ニンニクを含めた、食べ物、栄養には
しっかりと根拠があり効果効能を
「信じる」ことで、効果がアップします。

そして、信じるという事は、いろいろな事に使えます。

・根拠のない事、目標を叶える、夢の達成
・あなた自身を信じる事
・食事、栄養、運動の効果を信じる事
・誰かを信じる事

など、使い方はたくさんあります。
もしよかったら、参考にしてみてください。

・信じるという事の5つの効果や、鍛える方法はこちらの記事で紹介しています。

・当たり前のことに感謝をする心と体にいい習慣はこちらの記事で紹介しています。

ハートを持ったクマのぬいぐるみ

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらツイートを見てください。また、コメント相談、質問など気軽にしてくれたら、うれしいです。あなたからの連絡をお待ちしています。(^^)

ほかにも、あなた
お役に立てる方法を勉強して
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら
下のタグや関連記事からほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です