ヘッドホンをつけている女性

五感を研ぎ澄まし、感覚を鍛える「耳栓で遮音」生活!


 

こんにちは、ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康法」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、五感を研ぎ澄まし
感覚を鍛えるために
「耳栓」をして1日過ごしてみたので
そこで、学んだこと、得られたことを紹介します。
 

この方法は、最強の剣術家の一人
宮本武蔵を描いた漫画本でも
書かれていた方法です。
興味がありましたら読み進めてください。

目次

1 五感を研ぎ澄まし、感覚を鍛える「耳栓で遮音生活」
2 聴覚を一時的になくすと 得られるメリット


1 五感を研ぎ澄まし、感覚を鍛える「耳栓で遮音生活」

私は、五感を研ぎ澄まし
感覚を鍛えるために
定期的に五感のうちの
どれかの感覚を使えない状態にして
生活しています。

いろいろな感覚が使えなくなったら
どうなってしまうのか

また、どのような学び
気づきがあるのか試すために
いろいろな感覚を使わずに生活しています。

今回は、聴覚を使わない生活を試してみました。

完全に聴覚を
消せたわけではないですが
耳栓をして、試しました。

使った耳栓は
ずっとつけてもいたくない
Macks Pillow Soft シリコン耳栓 6ペア
という耳栓を使いました。
以前、不眠に悩まされていた時に
効果を発揮してくれた道具の一つです、

・「耳栓で遮音」生活をして困ったこと

私は、忘れっぽい性格なので
音が、いろいろと生活を
助けてくれています。

洗濯をしてるときは
洗濯機の音が、作業の進み具合を
教えてくれます。

そして、作業が終わると
「おわったよ!」という
ピーっとなる音を知らせてくれます。

料理をしているときは
お湯が沸騰すると
なべのふたがカタカタ音を出したり
ポットが、ピーと音を立てます。

電子レンジも、仕事が終われば
チン!と音を出して
「終わったよ!」と教えてくれます。

他にもいろいろありますが
音はいろいろと教えてくれます。

耳栓をして、聴覚を無くして
生活してみると、音の重要性に気が付き
それがなくなるのは
すごく不便に感じました。

何か複数の事を並行してやってるとき
他の仕事を始めると
それに集中してしまいます。

そんな時に、音がいろいろと
教えてくれるきっかけになるので
「音」がない生活は大変です。

あと、最初は
音がない生活も静かでいいと
思っていたのですが
いろいろと不便なことがでてきて
凄いだるくなってきます。

誰かが、部屋に入ってきても
気が付かないし、防犯の面でも不利です。

私は、日常の中でも
五感を意識して、研ぎ澄まし
感覚を鍛える目的で
特に音に気を付けて生活しています。

しかし、耳栓生活をすると
重要な感覚である「聴覚」が
使えないので、その状況が嫌で
体調が悪くなってきました。

結果、耳栓生活を試してから
10時間くらいで途中でやめました。
(今度は、1日試します。)

今回の体験を通して
私は「聴覚」を使えな生活が嫌になったら
いつでも「耳栓」を外すことで聴覚を使えます。

しかし
耳の聞こえない特徴を持つ方々は
このような状況で、暮らしているので
それは、すごいことであり
尊敬できることだと思いました。

2 聴覚を一時的に無くすと得られる、メリット

音が聞こえないことは
デメリットだけでなく
メリットもありました。

耳の聞こえない方は
「聴覚」が使えない分だけ
他の感覚が研ぎ澄まされています。
なので、聴覚以外の他の感覚が鋭いです。

私も、耳栓をして、五感を研ぎ澄まし
感覚を鍛える方法を試したことで
その効果が、少し理解できました。

・音楽の趣味

私の趣味であるギターを
耳栓をしながら、弾いてみたら
音は聞こえないですが
振動に敏感になり、面白い発見がありました。 

楽器演奏でメインに使う「聴覚」が
使えないことで、自分の「触覚」を
すごく意識できて新しい感覚に
目覚めたように感じました。

また、私は、音ばかりに気をとられ
ギターに触れる上で
タッチ(触覚)が雑であり、意識が
足りていないことにも気が付きました。

これは、洗濯、料理など
その他の日常生活にも当てはまることです。

・味覚が敏感になる

食べ物を食べた時の舌の感覚
(味覚)が鋭くなって
美味しく味わえるようになりました。

私は、いつも水、紅茶を飲むときは
紅茶や飲み物を
深く楽しみ飲み物の効果を上げる方法
使ってワインを飲むソムリエのように
舌で転がしながら味覚を感じています。

また
普段の食事の時でも
食事の質にかかわらず
食べ物に感謝して、味覚を鍛える方法を試し
よく噛んで、ゆっくりと食べています。

そのような
五感を研ぎ澄まし、感覚を鍛え
意識する習慣を実践していますが
今回は、今まで以上に味覚の変化を感じました。

耳栓で、聴覚を遮音することとプラスで
目を閉じて「視覚」の感覚を閉ざすことで
もっと「味覚」を深く感じられる気がしました。

耳が聞こえないことで
音に気がまぎれることなく
味覚に集中できたことも
関係していると思います。

この方法以上に、舌が鍛えられ
味覚が鋭くなる
「自宅で出来る断食」については、こちらを読んでください。

断食の効果は5つある!その理由とやり方を紹介します!

・耳が聞こえなくても、分かることがたくさんある

物が倒れた時に、音でなく
振動で感じることができます。
その日は、風が強い状況でした。

私は、聴覚を鍛えるために
普段なるべく窓を開けて
外の音に気を配り生活する習慣

行っています。

 

耳栓をしていると
風の音は、聞こえませんが
風が、顔、体を通り過ぎる感覚が
ダイレクトに伝わってきます。

そして、ふと気が付いたのですが
深呼吸しながら
外の、夕飯の匂い
普段とは違う匂いも感じる気がしました。
断食をすると、さらに嗅覚が鋭くなります。)

そして
しばらくすると
音ではなくドスンと
何かがあちる
振動が伝わってきました。

見に行ってみると
風で、ゴミ箱が倒れていました。

このような、音を聞かなくても
何かを感じることができる感覚が
鋭くなると気が付くことができました。

聞こえない分は、他の感覚で
カバーすることもできるということです。。

3 結論

私は、5感のすべてを使えます。

そして、5感すべてが使えない
特徴を持つ人たちもいます。

それが、メリット
デメリットになるかは
考え方次第だと思いました。

5感のすべてを使える人は
すべてつかえるので
特に気を付けなくても
普通通り生活できます。

その分
うまく5感の長所を
うまく使えてないのかもしれません。

さらに、現代生活の便利な
環境があたりまえになっており
感覚がどんどん衰え、退化しています。

五感が一つでも足りない方々は
その分、その感覚を補うために
他の感覚が研ぎ澄まされ
鍛えられています。

(すごい能力を持っている)

5感が普通に使える方は
感覚を一時的に削り生活を
体験してみると、感覚が強くなり
研ぎ澄まされます。

大切なことは失ってから気がつきます

もし興味がわいたら、すこしでもいいので
試してみませんか?
感覚のトレーニングになり
いろいろな学び、気づきがあります。

そして
今、現在の当たり前の生活が
どれだけ、便利で快適なのか
気がつくきっかけにもなります。

視覚をなくし、目を閉じて一日を生活してみた体験、学び、気づきはこちらに書いています。興味がありましたら、読んでみてください。

五感を研ぎ澄ます方法は日常生活にある?10の効果とやり方の紹介! 

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらこの文章をクリックしてフォローしてくれるとうれしいです! よろしくお願いします(^^)

ほかにも、あなた
お役に立てる方法を勉強して
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です