ビール

飲み会、忘年会に行きたくない場合、苦手を克服する10の対策や過ごし方


寝ているキツネ
こんにちは、
ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、飲み会や、忘年会に対する
対策や、苦手を克服する方法
飲み会での過ごし方などを紹介したいと思います。

私は、以前消防の仕事をしていたのですが
その時は、飲み会が多く、飲み会、忘年会は
地獄の時間でした。

私は、お酒が好きで、仕事から解放されて
1人でリラックス、ストレス解消目的で
お酒を飲むことが多かったです。

そして、友達と飲むのも好きでした。
(今は、家でも外でも
月1~2回位しか飲みません。)

しかし、私の以前の仕事での飲み会、忘年会などは
基本仕事終わりは、必ず飲みに行く
そして、色々な話、世間話をするという
飲み会ではありませんでした。

・説教 ・愚痴 ・気遣い

そればかりで、本当に嫌な思い出になっています。
(ちょっとした、トラウマで嫌な気分になります。)

私の場合、やっと24時間の仕事が終わり
気遣い、仕事で精神的にも身体的にも
疲労困憊な状態から

強制的な飲み会があり
疲れを癒す、リフレッシュではなく
そこでは、ずっと、説教、愚痴などが
2~3時間続き、さらに2次会もあります。
仕事の延長のようなものなので
34時間勤務になります。
お金は普通に支払う

ネガティブ、マイナスな事ばかりを延々と
話続けられて、洗脳させられます
自信、やる気はなくなり、次の日の仕事に影響)

そして、仕事もうまくできず、思考、体も
正常に動かなくなり、失敗ばかり
そして、仕事から解放されたら
また、負の洗脳の飲み会が待っています。

なので、飲み会が辛い
苦手な人の気持ちがすごくわかります。

私は、3年ほどで、仕事を辞めましたが
一応、3年ほどは、地獄の飲み会を
乗り越えてきたので、その対策や
考え方を紹介していきたいと思います。
もしよかったら、参考にしてみてください。

私の愚痴や、体験を書いていますが
不快に思われたら申し訳ありません。

目次

1 飲み会、忘年会に行きたくない理由
2 飲み会、忘年会のメリット
3 飲み会、忘年会の苦手を克服する方法、対策

1 飲み会、忘年会に行きたくない理由
顔を隠しうつむく少女

先程も紹介しましたが
飲み会、忘年会に行きたくなる気持ちは
すごく分かります。

・プライベートな時間が減る
・お金が消えていく
・説教、愚痴が多い

色々と、飲み会は嫌なことが多いと思います。
1つずつ解説していきたいと思います。

・飲み会が多いとプライベートな時間が減る

飲み会は、大切な事ですが
頻度や、会社の雰囲気、会社の人達との
関係次第で、プラスな物から、マイナスなものまで様々です。

飲み会が多いと、自由な時間が減ってしまいますよね。
プライベートは、勉強、リラックスストレス解消
好きな事家族、子供とのコミュニケーションなど
プライベートは、とても大切な事です。

プライベートがしっかりとあるからこそ
仕事で頑張れるし、精神的、身体的に
疲れを回復させることで
次の仕事につながります。

私の場合は、消防職なので
24時間勤務の後に、休みがあります。
その間に、しっかりと休養を取って
しっかりと休むことで、次の仕事に
備えることができます。

しかし、その時間に
飲み会と称した
指導、説教、愚痴大会が
始まるので、24時間勤務の後に
追加で、精神的な苦痛の時間が増えました。

しっかりとした、仕事の話、楽しい話なら
まだしも、説教、愚痴ばかりを聞いていると
最初の内、たまになら
勉強になり、刺激になりますが
恒例行事として、飲み会があると
本当にきつくなります。

精神的な苦痛と、アルコールの2日酔いで
せっかくの休養日、リラックス、癒しの日が
何もせずただ、寝るだけの休養日になります。

人それぞれ、仕事によって
休みが不定期など、いろいろな状況がありますが
プライベートは大切にして
自身のメンタル、体をしっかりと癒すことが大切です

・お金が消えていく

飲み会があると、当然のことですが
せっかく苦労して、時間を費やして
稼いだお金が一瞬で消えていきます。

信頼できる上司、好きな先輩、友達と
楽しく、コミュニケーションが取れる
飲み会なら、メリットも多いですが
人間関係が悪く、会社の雰囲気が悪い
飲み会に参加するとメリットは少ないです。

最初は、メリットを見つけだそうと
頑張っても、いずれメンタル、体は疲労して
デメリットしか見つからない飲み会になります。

それに、プラスで、お金を支払うというのは
本当に辛いことだし、悔しいですよね。

私の職場では、気遣い、説教、愚痴を
聞いて、周りの話を素直に聞いて
そのうえ、お金は普通に支払います。

本当に、飲み会は嫌でした。
むしろ、お金を多めに払うから
行きたくないし早く帰りたいと思っていました。

自分にメリットがない
デメリットしか見当たらない場合
お金を払うのは、本当に辛いことです。

・飲み会で説教、愚痴が多い

私が、飲み会、忘年会で一番つらかったのは
説教、愚痴を何時間も聞き続けることでした。

愚痴の場合は、話を聞いて、その人が
多少なりともスッキリすればいいのですが
説教は、本当に疲れるし、定期的に
長期間、説教を受けることで
洗脳されていくように、自信、やる気を失い
うつっぽくなり、通常の行動ができなくなります。

私は、教員免許や、心理療法などを学んでいるので
指導をすることも大切だと思います。
(説教ではなく指導)

しかし、それは、相手のタイプを選び
相手を伸ばすという意味で
指導することが大切です。

人それぞれ、ほめれば伸びるタイプ
叱れば伸びるタイプなどそれぞれです。

どちらかに偏るのではなく
ほめたり、指導したり相手に合わせて
バランスよく指導することが大切です。

飲み会で、延々と説教をして
相手の自信、やる気を奪うのは
説教を通り越して、いじめになると思います。

世の中には、消防職に限らず
相手に合わせずに、自分のやり方を
押し付ける人が多い気がします。

飲み会で、後輩、新人を
楽しませず、ほめたりもせずに
ただ、説教、愚痴を延々という事は
本当に辞めるべきだと思います。

2 飲み会、忘年会はメリットもある
わら白いビーグル犬

私は、嫌いな人、自分勝手な人
仕事関係の飲み会は嫌いですが
・信頼している上司、先輩
・仲のいい人、友達

などと、お酒を飲むことは
メリットも多いと考えています。

・助言をもらえたり、勉強になる
・交友関係が広がる
・仲良くなれる

・飲み会に行くと助言をもらえたり、勉強になる

飲み会のメリットは、助言をもらえたり
勉強になることが多いという事です。

上司、先輩、同僚、友達などと
お酒を飲みながら、話をすることは
色々な刺激になり、自分が知らないことを
たくさん学ぶきっかけになります。

特に、信頼している上司、尊敬している先輩
好きな友達と飲み会をすることは
たくさんのメリットになります。

お酒が、嫌いな場合でも
無理にお酒は飲まず、酒量を抑えて
話をするのでもいいと思います。
(飲ませてくるような人とは離れましょう)

実際には、好きな人、尊敬する人、信頼している人
嫌いな人、に関わらず飲み会というものは
勉強になり、メリットのある場です。

自分が学ぶ意欲、人の話を受け入れる
気持ちがあるのなら、飲み会は
学びの場に変わります。

しかし、人は、好きな人、嫌いな人
尊敬する人、興味のない人によって
同じ言葉を聞いても、受け取り方は変わります。

人間的に、自分自身が成長することができれば
好きな人、嫌いな人、変な人に関わらず
どのような話も、1つの意見として
考え、処理することで、学び、成長につながります。

しかし、嫌いな人、自分勝手な人から
延々と説教されれば
だれだって、心を閉ざし、嫌な気分に
なってしまうものです。

・交友関係が広がり、仲良くなれる

お辞儀をする老人

好きな人、尊敬する人とお酒を飲むことで
信頼感系が深まり、あまり知らない人とも
仲良くなれます。

信頼関係が深まると、仕事でも
連携が取れたり、仕事の質が向上するので
飲み会を通して信頼関係を深めることは
1つの方法になります。

本来の飲み会の目的は、これが大きいです。

しかし、相手を思いやらないで
自分勝手な意見を話し続ける人が
多いことから、飲み会が嫌い、苦手
行きたくない人が増えていくのだと思います。

飲み会では、仕事だけの話だけでなく
プライベートの話、相手の好きな話
自己開示、いろいろな内容を
バランスよく話題にすることが大切です。

そして、飲みたい人は飲む
飲みたくない人は飲まない
強制しないという事も大切です。

今の社会では、目上の人が、周りを気遣わず
説教、仕事だけの話
自分の話、自慢話ばかりする人が多いので
飲み会嫌いの人が増えても仕方がないと思います。

3 飲み会、忘年会の苦手を克服する方法、対策
ハードルを飛び越えるパグ犬

飲み会、忘年会が苦手、嫌な場合でも
段階があります。

・飲み会は嫌いでもお酒は好きな場合
・少しは我慢できる場合
・本当に辛い場合

それぞれなので、極端な対策から
比較的取り組みやすいものもあるので
あなたの状況、精神的な健康に当てはめて
出来そうなことから取り組んでみてください。

・飲み会での、話のテクニック

私は、心理療法、メンタリズムなど勉強しているので
相手の思考や、考えを操作して
飲み会を少しでも楽にするテクニックから紹介します。

これは、飲み会での人数、上司、先輩の性格
状況によっては、使えないこともあるので
注意して下さい。

・相手の興味のある話題に変える
会話をする男性

相手の話を受け入れて、努力することは
すごく大切ですが、何か月も変わらず
ずっと説教をされたり
自分の愚痴を言われるのは辛いですよね。

そんな時に、使えるテクニックは
相手の好きな話題に切り替えることです。

人は、自分が好きな事、興味のあることを
話題にすると、話が止まらなくなります。
(相手を話題の中の主人公にする)

なので、相手の好きな事の話題を
質問したり、話すと相手は
その話に熱中する傾向があります。

これは、仲良くなりたい人に使うこともできます。

そして、相手の話題を興味があるように
真剣に聞いたり、相手の好きな話題を
広げるように質問を繰り返しましょう

興味のない話、つまらない話でも
自分の趣味、仕事との
関連性を見つけて、話を聞くことで
学び気づきがあるかもしれません。

私の場合は、ずっと、説教や
私に対しての愚痴を聞かされていたので
この方法は使えませんでした。
(立場も一番下なので、「はい」しか言えません。)

今の精神的にも、身体的にも健康な状況なら
仕事の中でも、興味のあることに話題を変えたり
・相手の、仕事に関わることに対して質問
・上司なら、そんなときどうしたか
・上司は、どのように乗り越えたのか

説教、愚痴で、質問のタイミングがあったら
上司、先輩はどうしていたか?
と、話を切り替える
(主を自分から相手に切り替える)ことで
ただの説教、愚痴から、話を変えることができます。

人によっては、
・自分はミスはしなかった
・自分で考えろという
一方的な意見しか
言わない方もいるので、そんな場合は
真剣に聞いているふりをして、聞き流したり
言われたことを、どのように改善できるか
自分の頭の中で、いろいろと考えてみる事が大切です。

・うそをつく対策
嫌な顔をする少女

嘘をつくことは、悪いことをしている気分になったり
やりたくない人もいるかもしれませんが
人をいい方向に導いたり、自分の負担を
減らす意味で、嘘をつくのは許されます。

・本当に飲み会が嫌い
・飲み会、お酒が辛い
・周りが全員嫌い

など、そんな場合は、取り入れてもいい方法です。
いい人が上司だったり、理解のある人が
しっかりといるまともな職場の飲み会なら
この方法は、使用をやめて
お酒が嫌いな場合は、控えめに活用する方がいいです。

飲み会の負担を減らしたり、行かないためには

・嘘をついて飲み会を断る(家庭、体調不良、用事)
・お酒が弱いふりをして、寝る、あとは、起きない
・体調が悪い、医者に止められている事にする

まだ、新人の場合や、転職したばかりの場合は
お酒を本当に飲めない、すぐに体調不良になる
という、キャラ設定にすることがお勧めです。
(自分が飲める量よりも大分低く周りに知らせる)

そうすることで、飲み会で
お酒を飲んで、無口になったり、話さなくなっても
相手としては、体調が悪い、仕方がないと認識します。

お酒が飲めない場合は、そうすることで
理解のある人、しっかりした人達なら
あまり飲ませて来ないと思います。

すると、無理をして飲まなくても
飲み会で、上司や、先輩と交流することができます。
(上司、先輩と話をするのは大切な事です。)

もし、それでも飲ませてきたり、しつこい
変な上司、先輩が多い場合は

そのまま寝たり、体調の悪いふりをずっとすることで
飲み会は、やり過ごすことができます。

変な職場、変な人が多い場合
寝たり、体調の悪いふりをしても
無理やり飲ませてくる場合は

最近体調が悪いという話をしたり
病院に行って、お酒を控えるように
言われたと話し、酒量を減らしたり
飲み会に行く機会を減らすことができます。

そんなことは、関係はないという上司、人
職場の場合は
変わっている職場なので、転職することも
視野に入れることをおすすめします。

無理にお酒を飲ませられると
精神的にも、身体的にも病気のリスクが上がります。

お酒が嫌いな人は、お酒に対するリスクも
強い人に比べると負担が大きいので
無理に飲まないような職場に移る方が賢明です

・本当に辛いなら、バックレ、行かないのもあり

無断欠席、バックレることは
最終手段として、使う方法です。

飲み会、お酒が嫌いなだけなら
バックレたり辞めることには反対です。

そして、飲み会は先輩、上司との
コミュニケーション、交流において大切です。

しかし飲み会が本当に嫌だ
本当に辛い場合は、人間関係があっていない
変な人が多い、悪い職場である場合が多いです。

自分の意見が通らない、どうしようもない場合は
最終的には、飲み会をバックレたり
仕事を辞めるのもありだと思います。

・私が飲み会に行かなかった体験

私の場合、24時間勤務の後に、飲み会、説教、愚痴
という流れが、2~3か月続き
(毎回ではありませんが)

飲み会が本当に嫌になってきました。
そして、誘われたときに
「今回が、体調が悪いのでいけません」という
話をしても「来い」としか言われず
何度も、その繰り返しをした後に
「今回は、体調が悪いので、失礼します」と伝えました。

「相手は待っているよ!」と話し
私の意見は無視していました。
(私も精神的に限界で、疲労がたまり
おかしくなっていたのだと思います。)

その後、次の仕事で会った時に
謝罪しましたが
周りの大半の人から、攻められました。

「バックレるのは前代未聞」といわれ
私の意見は、無いことに気が付きました。

それから説教、愚痴は多くなり
飲み会に行くのは強制という事に気がつき
「おかしい職場だな」と感じました。
(そのような事が当たり前の職場)

その後、飲み会だけが、理由ではありませんが
考え方、価値観が合わない人が多かったのと
私自身仕事が合わないと感じたので退職しました。

消防は、仕事内容はやりがいのある仕事で
尊敬できる人、素晴らしい人も多いですが
考え方、価値観が合わない人が多く
そんな人が職場の中心にいることが多い
です。

消防の仕事柄、そういう人が中心になります。
(どこの仕事もそうだと思いますが)
そのような、職場は、飲み会も
楽しい物とは言えなくなります。

本当に飲み会が辛い、人間関係が合わないなら
なるべく早くそのような状況から
逃げ出すことも1つの方法になります。
(転職、退職)

・まとめ、あとがき

飲み会に行きたくない理由や
メリット、対策を紹介してきましたが
本当に辛いならば、無理をせずに
飲み会を断ったり、嘘をつくことも大切です。

それが、通用しないなら
変な職場だったり、自分に合わないという事になります。

無理をして、飲み会に参加していても
自分の心と体を休める時間が減り、自由時間
心の余裕がなくなり、家族サービスもできなくなります。

何より、自分自身が一番つらいです。

飲み会が多いと、心も、体も休まりません。
それを積み重ねていくことで
無理を重ねて、病気、精神的な病を
抱えることも十分にあり得ます。

仕事は生きていくために大切なものですが
無理をしてもいいことはありません。

もし、よかったら、今回の記事を参考にして
自分自身の心と体を大切にしてください。

・仕事を辞めたい場合は、こちらの記事を読んでみてください。

・お酒を辞める、控える方法はこちらの記事を読んでみてください。

ハートを持ったクマのぬいぐるみ

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて、
少しでも何か、役に立てたなら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらツイートを見てください。また、コメント相談、質問など気軽にしてくれたら、うれしいです。あなたからの連絡をお待ちしています。(^^)

 

ほかにも、あなた
お役に立てる方法を勉強して
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら
下のタグや関連記事からほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す