生き方がわからないなら、子供に戻り、昔の自分から学びましょう。


 


こんにちは、ふるたけです! 
この度は、私のブログ
「シロクマ健康」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、子供達(子供時代)の
行動、考え方から学ぶ

先の事、未来を気にせず
今を楽しむ重要性を書いていきます。

生き方が分からなくなる
理由はそれぞれですが
大人になり、しがらみ、ルールに
捕らわれているのも一つの理由です。

子どものように生きることは
生き方を変える一つの方法です。

 
目次
1 生き方が分からないなら、子供に戻り大切なことを学ぶべき
2 子供(子供時代)から学ぶこと

1 生き方がわからないなら、子供に戻り、大切なことを振り返る

子供の時は楽しかったと思う方は
多いと思います。

そして
大人になってからは
仕事、家庭、時間、社会に
縛られて、生き方がわからない
状態に陥り
素直に人生を、楽しめていない人が
多いように思われます。

大人になると
子供や、幼い子をみて
「過去にあんな時があったな」とか
「もうあんな時間は
戻ってこないんだな」と考える人も多いです。

しかし
考え方を変え
子供を「先生」としてみて
学び、行動することで
子供時代の楽しい気持ち
楽しい時間
今でも体験する事ができます。

生き方がわからないあなたにとって
自分を変える方法の一つになります。

2 子供(子供時代)から学ぶこと

子供の考え方と大人の考え方
何が違い、何が異なるのでしょうか?

大人の考え方は、子供と比べ
論理的で冷静です。
それは大切なことです。

しかし
頭で考えすぎ、行動しない傾向があります。
考えすぎてしまうことは
「生き方がわからない」と
考える原因の一つです。

その点、子供達や
あなたの(子供時代)はどのように
時間をすごし、生きているのでしょうか?

すこし、目を閉じて思い出してみませんか?

・人の目を気にしない

これはすごく大切なことです。

子供達は
周りの目、考え方などお構いなし
自分の世界に「集中」して
泥だらけになって遊びます。

後の事なんて、何も考えていません。

親(周りから)したら
迷惑、面倒、手間がかかる
そう思うかもしれません。

子供達は、そんなことは知りません。

これは、一つの例ですが
このような
「人の目を気にしない」
事はすごく大切だし重要なことです。

人は、成長するにしたがって
人の目を気にします。

人の目を気にすることも
時と場合によっては
必要ですが、多くの人が
「人の目」を気にしすぎています。

それが原因の一つで
生き方がわからない状態になり
自分らしく、楽しく
生きることができなくなってしまいます。

世間の目、他人からの視線
友達、家族からの目

いろいろな他人の目がありますが
それが原因で
お金、時間を失い
悩み、問題を増やします。

ファッション、家、仕事など
例をあげればきりがないですが
本来の目的、自分の意見を無視して
「他人の目」を気にして
決められることが多々あります。

品質、仕立てを無視して
デザイン重視で
高い値段のブランドを
買って、着るのはなぜでしょう?

必要のないスペースが多い
大きな、贅沢な家に
すむのはなぜでしょう?

自分のやりたいことを抑えて
仕事を決める
そして仕事をするのはなぜでしょうか?

もちろん
自分が好きで、趣味で
他人の事なんか関係ない
自分が楽しくいからやってる
それはいいことです。

しかし
少しでも
「他人の目」を気にして
生きている面があり
何かを決めたり、やっているようなら
時間、お金、精神的に
もったいないことをしています。

・今、この瞬間を楽しむ

子供の大勢ができて
大人ではあまりできないことは
「今・この瞬間を生きる」
「今・この瞬間を楽しむ」事です。

確かに
子供と、大人では
立場も、環境も異なります。

大人は、仕事、家庭
お金、悩みなど
いろいろことを考えすぎています。

一方、子供は、大人のような
悩み、問題はありません。
しかし
学校、宿題、親、門限など
子供特有の悩み、問題を
考えなければなりません。

そして、子供たちは
そんなものはお構いなし
ゲーム、遊び、趣味、スポーツを
楽しみ、遊んでいます。

明日学校がある
やらなければならない宿題
親の目、家庭のルールなどは
無視して、頭から除外して
「今、この瞬間」を楽しんでいます。

このような、姿勢は
年齢を問わずに出来ることであり
実行するべきことです。

大人になると、どんなことも
昔の経験や、未来の事を考えて
悩み過ぎて、考えすぎてしまいます。

いろいろな条件を加えて
考えすぎることで、答えを出すのが
どんどん難しくなっていきます。

今の状況だけを考えず
いろいろな過去、未来の事を
考えて、問題を大きく
難しくして、増やしています。

しかし、考えたところで
問題は解決するのでしょうか?

大切なことは、行動することです。
考えていても何も始まりません。

その点は、子供の時の
あなたの方が上手だったことです。

子どもは、難しく考えず(考えれない)
直感で、とりあえず何でもやってみます。

何も考えず、直感で行動することも
大切なことです。

なので子供に一度戻る必要があります

何にも気にせず、やりたいことだけやる
そして、今の目の前の事だけを
集中して、楽しむ

子どもに戻る方法の一つは
子供の時に良く遊んでいたおもちゃ
好きだった遊び

趣味、ゲーム、スポーツ

なんでもいいので
大人になってから
もう一度
やってみることで
楽しい思い出や
新たな学び、
気づき、得られるものがあります。


人は大人に
成長するにしたがって
進路、就職先、家庭などで
悩むようになっていきます。

それは「未来の事」
考えるからです。

何がどうなるかわからない
「未来の事」を考え
悩み、苦しむのは意味のないことです。

どうすることもできないからです。

明日、未来の事は
何があるかわかりません。

交通事故で、歩けなくなるかも
災害で、すべてを失う
大切な人がいなくなるかも
自らの命を落とすかもしれません。

先の事ばかり考えると
生き方がわからない状態になります。

なので
今をしっかりと生きて
楽しんでおく必要があります。

確かに、先を見据え
その為に、前向きに
「今、この瞬間」できること
やれることを
「積み重ねて
行くこと」は
大切なです。

この違いは
未来の事ばかり気にして
頭だけで考え
先の分からないことに悩み

行動せずに、苦しむのか

未来を意識しつつ
それをわきに置いておいて
今、出来ることだけに集中して
積み重ねていくのか

明日、未来の事は
その時にならなければ
見れないし、聞けないし
触れません。

今この瞬間は
見れるし、聞けるし
触れます。

・災害、交通事故を体験する
・大切な人を失う
・健康に問題がある

そういう
問題に直面した人たちは
「今、この瞬間」を生きる
重要性に気付いているはずです。

当たり前の明日が
来ると思っていた矢先に
当たり前の「明日、未来」が
無くなっているからです。

未来の事を考えていても
どうなるかわからいです。

そして
大切なことは、失って気づく

と言いますが

それは
失わなくても
すごくリアルに想像したり
少しだけ体験してみることで
気が付けることもあります。

なので、悔いが残らないように
「今この瞬間」
出来ること、やれることを行い
楽しみ、充実した
時間を過ごしておくことが大切です。

いろいろ問題、悩みがあるのに
「今、この瞬間」に集中して
生きることなんてできない

という場合は
どうしてできないのでしょうか?

それは、仕事、家庭、世間の目
常識、人間関係何かしらの
問題を抱えているからかもしれません。

そして
今の状況が自分に合っていない理由で
頭から悩みが離れなくなってしまいます。

仕事は変えられるし、自分に合った
仕事をすれば、充実して楽しめます。

家庭環境は、人間関係、世間の目
常識は、考え方を変え、行動することで
変えることもできるし
辞めたり、逃げたり
捨てることもできます。

明日で命が終わるとしたら

今日やったこと

今日感じた感情

それで、満足でしょうか?

やり残したことはないでしょうか?

やっておきたいことはないですか?

最後に
感謝を伝えたい人はいませんか?

誰かに何かをして
あげたいことはありませか?

それは
今 この瞬間
出来るし やれます

そういったことを
考え、行動して
1日1日を過ごすことで
考え方、意識、生き方を
自分に合った、楽しい
充実した日々

少しずつ変えていくことができます。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらツイートを見てください。また、コメント相談、質問など気軽にしてくれたら、うれしいです。あなたからの連絡をお待ちしています。(^^)

ほかにも、あなたの
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です