ドジョウは田んぼで限りある寿命を精一杯生きている?特技・生態の紹介 


 

リラックスする猫

こんにちは!ふるたけです。
この度は私のブログ
「シロクマ健康法」に来ていただき
ありがとうございます。


今回は、私が、好きな番組
「ワイルドライフ」 で
放送されていた

島根県、奥出雲の田んぼに住む
ドジョウについて書いていきます。

どじょうをなぜ記事にしたの?
と思うかもしれません。

私もこの番組を見る前まで
そう思っていました。

その理由は、どじょうが
過酷な環境を生き抜く
サバイバルの達人であり
学ぶべきことが
多くある「先生」だと思ったからです。


 目次

1 どじょうの特技
2 どじょうの田んぼへの影響
3 今の田んぼと、昔の田んぼ
4 今回のワイルドライフの感想


1 ドジョウの田んぼでの役割


ドジョウは、人の生活に必要な
田んぼにとって、たくさんの
良い効果をもたらします。

一つ目は、田んぼの中を、泳ぎ回ることで
雑草の成長を止め

さらに、稲につく虫を
食べる役割もするそうです。

田んぼにとって、どじょう以外にも
イトミミズが土壌をよくしている
存在のようです。


 


2 どじょうの特技


今回の番組の中で
どじょうは何回も絶体絶命の
ピンチにあいます。

しかし、特技を活かして
何度も生き残るのです。

その時、天敵のサギから
狙われていました。

カエルや、ほかの生き物は
次々と食べられていきます。

次は、どじょうの番

もう終わりかと思った
次の瞬間。

田んぼの泥をかき分け
水中に潜っていきました。

たんぼの泥に隠れることで
生き残ることができたのです。


次のシーンでは

水中の中で、タガメがカエルを
捕まえて食べてしまいました。

次は、どじょうの番。

一度捕まってしまいました。

さすがに今回は終わりか。
と思ったが

なぜか、するすると
逃げていきました。

体から、ぬるぬるの粘液を出し

捕まってしまっても
逃げることができるのです。


どじょうは、
じぶんの特技を活かして
生きることを、諦めません。

どじょうは
逃げる技術に特化して、
生き延びているようです。


どじょうの呼吸法


夏、田んぼの温度が高くなると

微生物が大量発生します。

そうすると、微生物が
水中で酸素を消費するので
酸素不足になります。

どじょうは酸素が少なくなったときは、
水面まで上り直接空気をすって呼吸
体に酸素を巡らせ、お尻から余分な酸素を出します。


一番すごいと思ったこと


どじょうのすんでいる
田んぼは、時期が来ると水を抜きます。

田んぼのなかには
水がなくなるのですが

どじょうは、どうするのでしょうか?

どじょうは、田んぼの泥の中に
潜っていきました。

私は、さすがのどじょうも
たんぼの栄養分になるのだな。
としんみりしていました。

しかし、

どじょうは
水がなくなった田んぼにもぐっても、
体のヌルヌルの粘液を通して、
乾いた土から
酸素を取り入れることができるようです。

水がなくなっても、土の中で
6ヶ月以上生き抜くことができるのです。

とてもすごいですよね。

そして、春まで生き残り、
特技の
「呼吸法」「サバイバル術」
1年を過ごしていくのでした。

すごい、生命力ですね。

私は、学ぶことが
たくさんあると思いました。

呼吸法や、どんなピンチでも
生き抜く力!

私たちも、呼吸法を使って
今のこの世の中を
生き抜いていかなければなりません。

人が使える、リラックス、ストレスを解消する呼吸法はこちらの記事を読んでください。


3 今の田んぼと、昔の田んぼ

昔は田んぼに水を引くために
川から直接水をひいていたようです。

そうすることで、川に住む生き物が、
田んぼに入ってくるので、

人間と生き物と共存して
生活できていたようです。

弱い立場の生き物は、
田んぼの環境を利用して、

敵から、
隠れ、生き延びているようです。。

たぬき、さぎなども、
生き物が集まる田んぼに
食べ物を探しに集まってくる。

そうして、豊かな自然環境と
なるのだと知りました。。

今は、用水路が、コンクリートで舗装され、
機会を通して川から、水を引くので、
生き物が、田んぼにはいってこれないそうです。

そうした、理由から、
どじょうは19の県で
絶滅危惧種に指定されているそうです。

いまでは、どじょうを保全するように
国が法律を出し、少しずつ、
数が回復してきているそうです。


奥出雲の地域で、
生態系の頂点にたつ生き物は、
鳥類のサギ、たぬき、タガメ

そんな強敵から、
体は小さく、強くなくても
特技を活かして
生きのびている動物がいます。

それが どじょうです。

4 今回のワイルドライフの感想

主人公のどじょうを
捕食しようとする

田んぼで強い立場の生き物たちも
今は環境の変化で
絶滅へと近づいているそうです。

強い動物の立場で考えると
自分の子供を育てるために
必死に生きているのだとおもいました。

そして
どじょうも「田んぼ」という世界で
生きるためにいろいろな特技を
活かして生活しています。

私は
自分の好きな世界で生きられるし

努力次第で
自分の特技を高められます。。

どんな世界で生きるかは
自分次第で選べます
(向き不向きはありますが)

今暮らしている、世界が自分にとって
生きやすいか
生きにくいかわからないです。

どんな世界にも
仲間はいるし、敵もいます。

今の場所で生きづらさを感じたら
別の場所に移動することもできます。

行動することで

自分の理想とする環境で
自分の得意な技術を向上させてい
生きていくことができます。

長所は、短所にもなるし。
短所は、長所にもなります。

誰にでも、長所はあります。

それに気がついていないだけです。

角な環境で
特技をいかし必死に生きる
どじょうをみならって、がんばろう!
自分ももっと努力しなくちゃと思いました。


ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

Twitterを始めましたので、もしよかったらこの文章をクリックしてフォローしてくれるとうれしいです! よろしくお願いします(^^)

ほかにも、あなたの
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?

 


時間がありましたら、ほかの記事も見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です