本当の自分を知り、悟りを得るには断食が重要?幸せに気づくには失う事が大切?!


 

正面を見つめるフクロウ
こんにちは、ふるたけです! 

この度は、私のブログ
「シロクマ健康法」に来てくれて
ありがとうございます!

今回は、私が習慣にしている
断食と瞑想を行うことで

・大切なこと、幸せに気が付く方法
・悟りを得る方法

この2つについて
紹介していきたいと思います。

そして、以前4日間の間、水だけをのみ
「瞑想と断食」をしたことで
私なりに、大切な事(悟り)に気が付くことが
できたので、そのことも紹介します

それは
・人生の本当の幸せとは何か。
・本当の自分の役割
・目的
についてです。

そして「精神的な変化」もあったので
を紹介していきます。

・その時の、4日間の断食体験の感想はこちらを読んでください。


目次
1 本当の自分を知り、悟りを得るには、断食、瞑想、失う事が大切
2 本当の幸せに気づいた4日間の断食・瞑想体験
3 本当の自分に合った、自分らしい生き方
4 瞑想と断食で悟りを得る?偉人とホームレスについて

 


1 本当の自分を知り、悟りを得るには断食、瞑想、失うことが大切?!
暗闇 瞑想する人

私は、インディアンの哲学や、心理療法を
学ぶ中で、断食や、瞑想の重要性に気が付き
習慣にして、取り入れるようになりました。

スピリチュアルなインディアンの哲学や
現実的な心理療法を学び
気が付いたことは、この真逆のような
2つの考え方は、方法、やり方は
違うのですが、結果的に
目的、言いたいこと、結論
共通しているという事でした。

この共通している、大切なことは
スポーツ、いろいろな宗教、学問
成功者、偉人の考え方、名言とも共通していました

それは

・信じる事 

・自分ができることを行動、継続する事 

・自分のためではなく人のために生きる

という事でした。

この3つの考え方を、前提に
インディアンの哲学や、心理療法
偉人の考え方を、学び
断食、瞑想をすることで
本当の意味で、大切なことに気が付き
悟りを得たような、ひらめき、学びが得られました。
(悟り、気づきは、大小ありますが
同じようなものだと思います。)

どうして、断食や、瞑想が重要なのかは
次の項目で紹介します。

・私が気づいた、大切な事

顔を隠しうつむく少女

私が、いろいろと勉強して
体験、習慣を通して気づいた大切な事

「大切な事は当たり前な事
今、現在の、日常の中にある」

「大切なものは失ってみないと
気が付かない、わからない」

という事とでした。

これは、名言や、歌などで
よく聞く言葉ですが
私も、昔から知っていたのですが
本当の意味では、気づき、理解していませんでした。

私たちは、たくさんの事を知っている
覚えています。

しかし、本当の意味では、気づき、理解していません。

重要な事は「知っている」という事と
「気づき、理解している」
という2つには大きな違いがあるという事です

大切な事は、当たり前な事、日常だと
気が付くことができれば
価値観、世界観は変わるし

今の状態が、幸せだと気が付くことができます。

今、現在の状態に、不満がある場合は
根本の原因を取り除いたり
失うことで、気が付く必要があります。

・断食で、当たり前な事を失う体験をする

私たちは
・食べ物、水がなければ生きていけない
・食料、水は大切
・命は大切

だという事を知っています

しかし、本当の意味では理解し、気づいていません。

断食というのは、当たり前な事
日常的な食事から距離を置くという行動です。

断食をすることで、一定期間
今まで当たり前だったことを
「失う」ことができます。

大切なことは、失うこと気が付きます。」

その、1つのきっかけとなるのが「断食」です。
人は、3大欲求というものがあります。

・食欲 ・睡眠欲 ・性欲

断食は、3大欲求の食欲を我慢することです。
そして、食、睡眠、性欲というものは
現代社会では、当たり前、日常にあるものです。

断食と並行して、2つの欲求を我慢することで
もっと、深い、大きな気づき、学びがあるかもしれません。

そして、冬は、衣服をすべて脱ぎ、窓を開けて
一時的に寒さを体験したり、夏は、窓を閉め切って
暑さを感じることで、気づくこともあります。
(長時間やると、危険なので、短時間試してみてください。)

・断食のメリット、やり方の種類については、こちらの記事を読んでください。

・間違った断食の危険性と、正しい断食のやり方についてはこちらを読んでください。

・一時的に失う事の重要性

現代社会では、当たり前な日常が
幸せであることに気がつかずに
毎日を過ごしている人が多いかもしれません。

しかし、病気、事故、災害にあったり
大切な存在を失うことで
死にたくなるほどの絶望を味わいます。
人によっては、本当に命を自ら断つ人もいます。

このような、病気、事故、災害にあったり
大切な存在を失ってしまった人の事を考えると
当たり前な日常が、どれだけ大切であったのか
気が付くきっかけになります。

病気、事故、災害にあったり
大切な存在を失った人は
今までの当たり前、日常がどれだけ
幸せだったのか、深く気が付きます。

それは
「大切な事を失ったからです。」

このことを考えると、本当に失う前に

・一度、失う想像をしてみる
・一定期間、失ってみる

という事は、本当に失うほどの気づきはありませんが
当たり前な、日常がどれだけ素晴らしい事か
気が付く、きっかけになります。

私が、定期的に試しているのは
・五感のどれかを使わずに生活してみる
・手、足を使わないで生活する
・当たり前な、日用品を使わない
・大切な存在、人、物から一時的に距離をとる

など、行っています。

病気、事故があった場合は
失明、耳が聞こえない、感覚がわからない
五感のいづれかが、使えなくなる。

手足を失い、歩けなくなり
日常生活ができなくなる可能性があります。

それを、あえて、10分~1日試して
生活してみます。

災害に合った場合は
電気、ガス、水道が一時的に使えなくなります。

私は、冬でも、1時間ほど、窓を開けて生活したり
暖房を使わないようにしています。
あえて短時間だけ、薄着で過ごすこともあります。

電気をつけずに、生活したり
定期的に水浴び、冷水シャワーを浴びます。

あえて、当たり前だった生活、習慣、行動を
「失う」事で、多くの学び、気づきがあります。

すでに、大切な事、人をを失った方も
いるかもしれません。

そんな場合、大切な事は失わないと
気が付けないという事を
深く理解していると思います。

そんな場合は
今、現在、自分ができる事
持っているものを考えてみましょう。

それを失ってしまったら
どうなるのか、考え、体験してみましょう。

五感のすべてが使えず、両手両足もない
周りに一人も協力者、理解者、家族がいない
家、食料、水がない

そんな場合を除けば、自分が今、現在
何ができるか、何を持っているのか
想像して、体験することはすごく意味のあることです。

・五感を制限して、生活する事のメリットについてはこちらの記事を読んでください。

・冷水シャワー、水浴びの効果、メリットはこちらの記事を読んでください。

・マンネリ、不便を取り入れることの重要性

人は、日常の当たり前な事に対して
マンネリ、暇を感じて
刺激、便利、快適を求めます。

そして、新しい、刺激、便利、快適を
叶えたとしても、時間がたてば
マンネリ、暇を感じ
さらなる、刺激、便利、快適を求めます。

お金、物、便利、快適
そういったものは、上を見ると限度はありません。

しかし、下を見ると、限度があります。
あえて、生活水準を1段階下げると
価値観、世界観が変わります。
(思い切り下げると、それだけ気が付くことが多くなります。)

私は、誰しもが、幸せのハードル下げる
よりよく生きていけると思います。

わたしは、定期的に断食、粗食を心がけているので
「食べ物」があるというだけで
それは、幸せな事だと思えます。
(栄養バランスは考えています。)

たまに窓を開けて過ごしたり
暖房を使わずに
冷水シャワーを浴びる習慣を
取り入れると、家があり、寒さをしのげる服があり
雨風がしのげるだけでとても快適だと思えます。

私は、贅沢もできますが、それでは
本当の意味で、幸せになれないと気が付きました。

贅沢、便利、快適を求め続ければ、限界がないので
それが当たり前になり、不自由を感じて、上を望みます。

贅沢を求め続けるという事は
当たり前な事、マンネリを増やして
幸せと感じる機会減らしていくものだと気が付きました。

贅沢ができない人からすると、贅沢な人は
幸せ、快適、便利すぎる生活です。

しかし、贅沢な生活の人は、それが当たり前です。
そして、下をみると、それは戻れない、不便と感じます。
さらに、上を目指します。

上を目指すほど、幸せは、減り
当たり前が増え、マンネリ、暇を感じ
自分は満たされていないと感じます。

なので、わたしはあえて
貧乏な、不自由な暮らしをするように
心がけています。

そうすると、当たり前な事、些細な事でも
すごく幸せで、快適に思えます。
そして、自分が望めば、少し贅沢をすることもできます。

いきなり、私のような生活をするのは
難しいので、少しずつ試してみてください。

私も、最初は、断食から始めて
少しずつ、生活から、便利、贅沢を取り除いていきました。

結果的に、全体的に生活水準を下げて
(幸せのハードルを下げて)生活できるようになりました。

人によっては、貧乏くさい、辛いのは嫌いと思うかもしれません。
それは、それでもかまわないと思います。

生き方は人それぞれなので、何をするのも
何を信じて、求めるのも人それぞれだからです。

しかし、もし、今の生活、生き方に疑問を抱き
違和感を感じていたり、つまらない、生きる意味が分からないなど
思っている場合は、この記事で紹介することを
参考にしてみてください。

便利で、快適な日本は自殺率が高く
幸福度指数が低いといわれています。

逆に、発展途上の便利、快適とは離れた
国ほど、自殺率が低く、幸福度指数が高いです。

ここからも、何が幸せか、大切な事かがわかります。

2 本当の幸せに気づいた、4日間の断食・瞑想体験
地平線に向かい歩く人

4日間水だけの断食と瞑想をすることで
本当の自分の役割、目的を悟り
本当の幸せについて、自分自身で
気が付けたので、その内容を紹介します。

現代社会での人生の幸せとは
大人になったら
結婚して、子供を作り、お金を稼ぎ
周りに恥ずかしくない仕事・身分につき
生きるのが常識のように考えられています。

そして
周りと、比べ、普通である
一般的だと思えることが大切だと。

そんな、現代の常識の人生を
目指すために
多くの人が、家族、親戚、世間体
周りの目を気にして
一度きりの人生を
自分の意志とは反対に、生きています。

人によっては、無理に結婚して
子供をつくり
やりたくない仕事を嫌々やりながら。

社会的には
やりたくない仕事をしてでも
家族を養い、お金を稼ぐことが
常識であり
それが当たり前のようになっています。

もちろん、本当に結婚がしたい
子供が欲しい、自分がやりたい仕事を
楽しくやって
人生の本当の幸せと思えるなら、それはいいことです。

しかし、多くの人が
社会常識、周りの意見に流されて
行動して生きています。。

周りの事ばかりを気にして
自分自身の事は何一つ考えていない

それでは、ストレスがたまり
人生に悩み、自分のことで
精一杯になってしまうのは当然でしょう。

また、未来のことばかり気にして
先の不安に対する事ばかりを考えている。

今、この瞬間楽しめていません

結婚して、子供ができ、養うために
ストレスのたまる環境で仕事こなし
ストレスをためて、家に帰る。

人によっては、余裕がなく
性格が変わり、家族にやつあたり。

家族の幸せのために、必死に働いているのに
家族から、嫌われ家族と仲が悪くなる。

悪循環が生まれてしまいます。

家族関係は悪くなり
積もり積もって
絆が消えてしまいます。

以前の私がそうでした。

親の期待、見栄、などなど、
将来的に、安定した仕事。
安定した給料
周りの目ばかり気にする
そんなことばかり優先していました。

結果的には
周りの事を優先して
自分の事は二の次

心に余裕もなく、ストレスを抱える。
家族と喧嘩ばかり、家族との中は最悪。

仕事も嫌で、家でも嫌な気分
何のために生きてるのか
わからないまま、仕事をして生きていました。


3 本当の自分に合った、自分らしい生き方
笑顔の家族

未来は、どうなるかわかりません。
何が起こるかもわかりません。

安定を求めて、自分のやりたくないこと
世間の常識に合わせて生きる。
人の目を気にして生きる。
自分を苦しめて生きる。
そんなことには
意味がないと思いました。

大切なことは
どんなひとも、一人ひとりが

周りの事は考えず
自分の意志で行動し
自分自身を一番大切にする

自分を一番大切に思い
人生を生きられたら、余裕が生まれ
今、この瞬間楽しく生きることができ
幸せに過ごしやすくなれます。

一人ひとり、自分が幸せなら
結果的に、家族がいる方は
一緒にいる、家族、身内も幸せにできます

人生の本当の幸せとは
自分が、まず最初に幸福になり
そこから、始まるものかもしれません。

自分を大切に扱い
どんなことでもいいから目標をもち
自分のやりたいことをして生きていく

すると、生きていること
それだけで楽しい
余裕が生まれ周りに優しくできます。


確かに、自分を優先して
やりたいことをして生きていくことは
安定便利裕福とは離れていきます。

そして、
家族に裕福な生活を
させることは難しい。

しかし、自分を犠牲にして
仕事をする現代の社会常識で
お金を稼ぎ
家族に裕福な暮らしをさせるこが
一番大切と考える。

決して、裕福、便利、安定が
悪いわけではありません。

しかし、裕福、便利というものは
上を求めるときりがありません。

そのように、自分にはないものを
限りなく求めていくようでは
人生の本当の幸せとはかけ離れていきます。


断食、瞑想などを通して考え方が変わり
人生の本当の幸せとは何か?
気がつくことができれば

生活レベルを下げて生きるという
選択肢も許容できるようになれます。

お金は最低限稼げればよく
お金、便利、裕福など
現代社会において大切だと考えられている
ような、求めるものを変えることで

無理はしないで、自分に合った生き方で
心に余裕を持つことができ
生活できるようになります。

すると、すべてが変わります

お金を一番と考えない
もっと大切なことがある
気が付ければ
生活の質を落としても、何とかなります。


人生の本当の幸せとは

安い、高い、高級など、値段に関係なく
必死に生きている
生き物の命
いただき食べることができる。

豪華な家でなくても
住む場所があり雨風をしのげる。

おしゃれで高い
服を身にまとわなくても
寒さをしのげる衣服ある。

この3つの今までの当たり前なことに
感謝して
それが、人生の本当の幸せと
気がつくことから、始まります。

大切なのは、自分にはない
贅沢、便利、お金、物を求めるのではなく

当たり前なことが
そして、今持っているものが幸せな事だと気づき
自分の目的をもち
自分が楽しく生きる
それが一番のポイントです

自分が楽しく幸せだからこそ
余裕が生まれ、自分の周りを
楽しく幸せにすることができます。

お金、贅沢、便利を求めても
無理をして、自分らしく生きれないなら
結果的に、周りを幸せにすることはできません。


3 断食と瞑想で悟りを得る?
偉人とホームレスについて
馬に乗るネイティブアメリカン

お金、贅沢、便利、高い地位を得るのが一番という
現代の基準で考えるなら

ネイティブアメリカンの先生や
キリスト、ブッダ、など
偉大な人物と、ホームレスは同じように思えます。

両者に共通する点は
お金、身分、見栄などを持ちません。

ホームレスの方たちの生き方には
学ぶべきことがあります。

しかし、両者の違いは
ホームレスは、手に入れたくても手に入らない。
偉人は、手に入るけど、手に入れない。

そして
自分の目的をもっている

生きているだけで
楽しい幸せだと気づいている

自分を戒め
日々精進して生きている

人を助け、導いている

両者ともに
おしゃれで高級な服は着ていない。
偉人は
(最低限の身だしなみ、清潔にしている。)

豪華な高い料理を食べているわけでない。
偉人は、たべれないのでなく
あえて食べていない。
(過食は健康に悪く、害である
また、体型を見ると理解できます。)

大きな豪華な家に住んでいない。
偉人は、あえて、粗末な小さい家に住む。
(本当に必要なことを知っているから。)

そして偉人は
余裕をもって周りに優しくできるので、
周りから慕われ人を幸せにできます。

そう考えると、ホームレスの方や
現代の生活に適合できない人も

何が偉人と違うのか
何が足りないのかを知ることで

人生の目的
見つけられるかもしれません。

お金、身分、見栄、虚栄心。
そういった現代の生活で、
必要とされるものがなくても

生きることに喜びを見出し
自分を戒め
人のためにできることを模索する

それができるなら
お金を持っていない
どんな立場の人でも
偉人のように生きられます。

もしかしたら
そうした行動を続けていくことで
最低限のお金は稼げるようになり
何かが変わるかもしれません。

断食をして、ひらめいたことは

どんなひとも
偉人には「なれなくても」
偉人「のように」
生きていける」

「気がついた」ことです。

本当の自分の目的、役割を知り
人生の本当の幸せとは
何かに
たどり着いたのは
ネイティブアメリカンの哲学
学びながら、瞑想、断食などを
習慣にしたことから始まりました。

・瞑想のメリット ・瞑想のやり方
・瞑想の危険性と気を付ける事

・断食のやり方、効果 
・断食の危険性と気を付ける事

もし、よかったら、参考にしてみてください。


手を振るクマのぬいぐるみ 

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて、
少しでも何か感じてもらえたら
うれしいです。

「シロクマ健康法」の記事を書いている「ふるたけ」の自己紹介はこちらに書いてあります。もし興味を持っていただけたなら、読んでくれるとうれしいです。

ほかにも、あなた
お役に立てる方法を勉強して
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?

私がブログを更新する目的、ブログを続けるメリットはこちらに書いています。文字よかったら読んでみてください。


コメントを残す