メンタリズムを勉強したい方に、おすすめな本「メンタリストになる!」


こんにちは、ふるたけです! 

この度は、ブログに来てくれて
ありがとうございます!

今回は、メンタリストを目指すために
必要な知識が紹介されている書籍。
「心を操る超プロ メンタリストになる!」を紹介します。

私は、メンタリズムに関する
本をいろいろと呼んでいますが、
この本は、メンタリズムを学ぶために、
最初に読むのに、お勧めです。

理由は、本の感想の項目に
記載してあります。


 

目次
1 「メンタリストになる!」
2 本の感想
3 おすすめ専門書籍


1 「メンタリストになる!」

この本は、
サイモン・ウィンスロップさん」という、
海外のメンタリストの方が執筆した書籍で、
それを、日本のメンタリスト
「DaiGoさん」が、翻訳したものです。

メンタリストに必要な能力、
練習方法、基本的なテクニック、
マインドコントロール、催眠、
コールドリーディング、など
いろいろな情報が紹介されています

特に、興味を持ったのは、
以下の項目です。

これは、私の、別の趣味である
「自然観察」において、
とても重要なことであり、
メンタリズムとの共通点として、
深く興味をもちました。

そして、メンタリズムの知識は、
私のほかの知識を、
深める役割もしてくれました。


・感覚を使う 

普段、私たちは
視覚にばかり頼って生活しています。
なので、ほかの感覚はあまり、
使われていないのです。

他の感覚を強化して、
鋭くすることで、
すごく観察力が上がります。

私は、そのことを知っていて、
感覚を鍛えるトレーニングを
していましたが、この項目を読んで、
自分のやっていることが間違いではないと、
実感できて、さらに理解が深まりました。


・物の観察の考え方

物の観察の方法です。

いろいろな例を挙げて、
そこから、何がわかるのかを
いろいろと説明してくれるのですが、
とても参考になりました。

たった一つの時計からでも、
いろいろとわかることがあります。

一般的な思考の人たちは、
時計に関しては時間を知るもの、
ちょっとしたおしゃれグッズという
認識であると思います。(私がそうでした。)

しかし、この項目を読むと、
時計の観察方法や、
いろいろな考え方(目線)で見ることの方法がわかり、

持ち主の、性格性別
その時計は、
持ち主にとってどんなものなのか

そして、そこから得た情報を、
ほかの性格判断などの
知識に当てはめていくと、
無限に推測ができるのだと知りました。

そして、この方法は、
時計だけでなく、
どんな物事にも共通しています。

たくさんの情報から、
確実なことを見出し、
それを利用する。

その知識きっかけが、
この項目からつかめました

・マインドコントロール

「マインドコントロール」と聞くと、
洗脳、誰かを操る、怖いものと
思う人もいるかもしれませんが、
それは、使い方によります。

これを、効果的に
自分に用いることができれば、
自分自身を変えられたり、
自分の目標に近ずく
一つの方法になります。

この項目では、そんな方法が
紹介されています。

よいお手本として、外見や、考え方など、
海外ドラマ「メンタリスト」の主人公、パトリック・ジェーンが紹介されています。


 本の感想

この本は、
何度か繰り返して読んでいますが、
読み返すたびに理解度が増え
勉強になります。

メンタリズムに関係した本を、
いろいろと読みましたが、
最初にこの本を読むのがおすすめだと思います。

この本を、読んで、メンタリズムの、
ざっくりとした、構成要素を知り、
そのあとに、各分野の専門的な本を
勉強していくと、理解が深まります。

もう一つの、お勧めは、
「メンタリズムの罠」という、
イギリスのメンタリスト、
ダレン・ブラウンさんの書籍です。

こちらも、とても勉強になりますが、

私自身の好みは
こちらの記事で紹介する
「メンタリストになる!」のほうがお勧めです。


こちらのほうが、私的には、
読みやすく、私が興味のある項目が、
多く紹介されていたのが理由です。

内容は似ている部分がありますが、
それぞれ、メンタリズムにおいて、
少し重要視している、部分が違うことが
わかります。

気になる方は、
どちらも読んでみてください。


3 おすすめ専門書籍

そして、紹介した2冊を読んだ後に、
2つの本で、共通して紹介されていた

催眠ボディーランゲージ(非言語コミュニケーション)、コールド・リーディングに関する本に、興味を持ち、勉強するようになります。

私は、よくテレビで見るメンタリズムよりも、誰かを癒したり元気にするそういう項目を深く学びたいとおもっています。

そして、自分なりに、この3つがためになると思ったので、勉強しています。


催眠について読んでいるのは、


この本の中で紹介されている、
ミルトン・エリクソン先生
催眠療法に関する本です。

この本の紹介は、こちらを読んでください。


ボディーランゲージについては

しぐさの心理学(元FBI捜査官が執筆)

表情の心理学(海外ドラマ、Lie to me のモデルとなったポール・エクマン先生の書籍)

コールドリーディングは

の本、これらの分野を詳しく学ぶようになりました。

これらの知識は、人を観察、
分析するのに用いるだけでなく、
自分自身に使うことで、
健康に、楽しく生きられる方法にもなります。

人を観察する能力が付いたと
効果は実感していますが、

それよりも、自分自身に生かすことで、生活の質が上がっているのがわかるので、それが、勉強を続ける理由になっています。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

あなたに、読んでもらえて、
少しでも何か、感じてもらえたら
うれしいです。

ほかにも、みなさん
お役に立てる方法を勉強して、
記事を紹介して行きたいです!

もしお時間がありましたら、
下のタグからほかの記事も見てみませんか?

メンタリストとは?! メンタリズムを学ぶ おすすめの本 とは?!

続きを読む メンタリストとは?! メンタリズムを学ぶ おすすめの本 とは?!